音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

ジョン・ルーニー展を見てきました。

先週からのもろもろが始まる前、久々にキラー通りにあるワタリウム美術館に行ってきました。
平日なのに結構混んでました。
キラー通りは、その昔はお洒落ストリート最前線だったのですが、でもさんざん言われてたその頃からなんだか閑散とした所で、夜派でもない私にはつまんない所ってイメージで、そんな中(付き合い等で)どうしてもここに行かなくてはならなかった時唯一私が安らげるスポットだったのがここの1F。ポストカードや輸入文具があって、こことベルコモンズくらいだったなぁ、自分がいて平気だと思える場所は。他はどうにも場違いな感じだった。「田舎もんは来るなよ」とか言われそうな感じ、でも本当のことを言えば親の代から東京に住んでるのは私であって、都会っぽく振る舞ってるあそこら辺にたむろってる人達こそ田舎もんなのに、と内心毒づいていたりしたのだった。まぁいいや。

そんなこんなでここら界隈はよく知ってはいるものの好きな場所ではないのだ。そして今、ここをお洒落スポットだと言う人は多分いない。ざまーみろだ。原宿の方がよっぽどいいや(昔から)。まぁいいや。

ジョン・ルーニーのことはよく知らない。友達が行った話を聞いて行ってみたくなっただけなのだ。あとからラウンジ・リザーズのサックスだったとかいろいろ「実は知ってたじゃん」なことに気づいたけど、名前とそれは一致してなかったし、彼が出演していた映画も見てなかったし(ジム・ジャームッシュを受け付けられない身体なんです)。

でもいろいろ見て、とても奇麗だったなぁ。感想というと奇麗だった、というしかない。ライム病って知らなかったけど怖い病気みたいです。感染初期であれば完治するらしいけど、彼は左手の神経が麻痺してしまったというので、発見が遅れたってことなのかなぁ。寒い場所の野外に行く時は気をつけたいものです。。。

なんか全然展覧会見た感想になってないですね。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/13322128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by overrising | 2010-05-18 12:50 | 戯言 | Trackback | Comments(0)