音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

いろいろと、本当にとりとめもなくいろいろと。

6/3にまたプロレス、特に言うことなしです。

6/5は午前中目医者に行って、いろいろ不安な事もあって検査したら至って健康。疲れ目程度でしょう、って目薬もらって安心。細胞の数も久々に調べてもらったけど前回(3年位前、その時これ以上減るとソフトコンタクトは使えないと言われ、泣く泣くハードに変更したのだ)とほぼ変わらずだったので、やっぱりハードにしてよかったな、と思う。

それから新宿の某バーへ。こんな真っ昼間にいくような所ではないのだけど、その日は怪我で休業中のぷろれスラーの手術費用のチャリティなので、なるべくいっぱい飲んであげたい、と頑張るも、流石に昼間にそんなに飲める訳もない。まぁでもその割には飲んだかな。

それから夕方は歯医者、と病人の様なスケジュールなのだけど、歯医者はただの定期検診。そんなにきちんと磨いてないのに何故か今回は「とても丁寧に歯を磨いているのがよくわかります、立派です!」ととても褒められた。歯医者にこんなに褒められたのは初めてだ。ちょっとうれしい。

さて、新宿に向かう時、とても変な人達を立て続けに見てとても驚いた。

まず吉祥寺の駅、時間は目医者を出て薬屋に寄ってからだから10時半くらい、30人前後の男女、年代は30〜40代、その集団が全員「小ざさで何か買ったもの」を持ちながら、「さとうのメンチカツ」を食べていたのだ。とても壮観な風景だった、だって30人位全員がそうなんだもの。要するに吉祥寺で行列のできる店ツアーみたいな感じだよね。

それから駅ビルに入ったら、前からスラリと細い足が伸びたデニムのショートパンツを履いた若い女の子が前から歩いてきた。と思っていたら、近くに来て顔を見たらおじいさんだった。デニムのショートパンツにピタTのおじいさん。。。。。。

それからホームに行ったら、太った中年のおばさんがやっぱりショートパンツをはいていた。と思っていたら、近くに来て顔を見たらおっさんだった。。。。

どんなん。。。。 どちらもいかにも男性がはく男性用のショートパンツでは決してなかったです。

そして日曜日は例によってフェルトの講習に行きましたよ。特にどーということもないものをつくりました。一人でしこしこやっても同じなんだろうけど、やっぱり他の人のものを見たり、作り方を再確認したり、他の人と一緒にやるのは楽しいです。

そんなこんなです。いや、土曜日見た変な人達の話を書きたかっただけです。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/13420174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by overrising | 2010-06-07 12:19 | 戯言 | Trackback | Comments(0)