音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

los fabulosos cadillacs / chau

b0036733_21403315.jpgいやいや、ジャケットだけ見るとチョット可愛いかも〜、なこのCDはLIVE盤。でも裏ジャケ見るとぬいぐるみとはいえなんだかエグイアップな・・・。もうひとつ、ピンクのジャケットもあるけどとりあえずブルーを買ってみたブルーな私・・・・。b0036733_21425476.jpg
海外でバンドのコンサートを見た事がある人は日本との違いに気付いてる人も多いと思う。とにかく外人はうるさ〜いのだ。「わしは演奏を聞きにきたんだ、おまえらのお喋りを聞きに来たんじゃないっ!」と怒鳴りたくなる事数千回。無論ロックコンサートであるからバンドの演奏も相当音がでかい。その音に対抗してでかい声で喋る。無論日本にもうるさい客はいるがそんなもんじゃない。外人は声がでかいのだ。日本だと一人でコンサートに行く人は珍しくないけど、英米(さっきから外人外人と言っているけどこの場合私が指しているのは英米人であります)では「友達と遊びに行く」という感覚が強いと思われて、とにかく「聞く」よりは社交が重要だ(としか私には思えない)。あと自分が楽しむのはとにかく一緒に歌う。でかい声で歌う、歌う、唸る、叫ぶ。うまけりゃまだしもたいていはヘタだ。せっかく一生懸命海外までおっかけして、なんでヘタクソな一般人の歌を聞かせられにゃ〜ならんのだ? と思った事100万回(だんだん大袈裟が加速してくるな>自分)。

そんなことを久々に思い出したこのCD、とにかくお客さんは歌う歌う、一緒に歌わにゃ損でもするのか?b0036733_2152195.jpgするんだろうな、きっと・・・。日本だとオアシスなんかだと結構みんな一緒に歌ったりするけど、そのさらにうるさい版だと思って下さい。ただまぁライブでもやっぱり演奏はうまい。このジャケットのくまさんのお尻のような安定感!! 私、基本的にスカって嫌いなのよね、でもこのバンドはスカのいやらしいスカっぽさがなくてもっとポップに元気に、でも力は抜けている、みたいな感じ。のんべんだらりは簡単だけど、それなりのパワーを保ちつつ力を抜く、って難しいよね(って、実は今日先月から始めたジムで〜今いろんなコースを試しつつある状況なんだけど〜ハリウッド・ヨガっつーのに挑戦して来たもんで増々そう思う)。実は片足でずっと立ってるとか、バランス系はとっても得意みたいで(バレェのお陰です)、形をキープするのは我ながらすごい簡単なんだけど、このヨガの根本は「余分な力を抜く」みたいなんですね、それが難しい。呼吸を合わせる事ができないのよね〜。なんだかfabulosos cadillacsのcdを聞いていると凄くヨガっぽいんじゃないか?と思ってしまったわ。ま、どっちにしても私まだ初心者だから間違っていても許してね。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/1671265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by overrising | 2005-01-09 21:59 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(0)