音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

不思議なダウンロード販売<超〜長いかも>

昔は何か「あのバンドの曲を聴きたい」と思ったら、『自分でレコードを買う』か『もってる友達に聞かせてもらう』のいずれかしか方法がなかった。
それからメジャーなものはちょっと待てば『レンタル』できるようになった。もしかすると今でもこの方法が一番他人を煩わせることなく安価な方法かもしれない。
それから今ではダウンロード販売というものがあり、この方法でないと入手出来ないものも多くなっている。
ちょっと聞きたいだけならyoutubeだのmyspaceだのを駆使すれば、アルバムまるまる聞く事も可能だ。
昔に比べるとレアな音源の入手も大分簡単になってきている。
さてそんな今日この頃、私はある歌手の昔の曲を探していた。
CDは多分廃盤で、第一人気もないし、特に日本では全く無名だと思う。
だから入手はそれ程期待していなかったのだけど、思い出すと検索したり、ダウンロード販売をしてるサイトを見てみたりしていたのだ。

ある時、確かその前に見た時はなかったのに、突然某密林日本のMP3販売のコーナーにその歌手の曲が入ってるCDがあった。
そのCDはオムニバスで、他の人の曲はいらなかったので、私は小躍りして(本当には踊ってないけど)1曲150円也でダウンロードした。
その後も検索すると一寸前までなかったはずなのに、何曲か彼女が参加している曲があって、各アルバムのその歌手が入ってる曲だけを購入した。
こういう時にダウンロード販売は便利だ。なんせ「他の曲いらんわ」というのは買わずに済むんだから。
まぁでも逆に言うと、「いらないけど買っちゃったので聞いてみたら結構よかった」というのを知ることもないんだけど。ま、それはそれ。

で、ここからが問題なんですよ。

それからしばらくしてなにげなく私はその某密林日本の自分の購入履歴を確認したのです。
するとその買ったMP3の曲に変な表示が。
それであれ?と思って確認すると、私が購入してしばらくした後もう買えなくなっていたのです。
CDなら売り切れとかあるけど、MP3で「販売していません」ってどういうことだろう?
不思議に思ってそれからその曲が、日本以外、つまり密林亜米利加本国や、(その歌手はイタリア人なので)密林伊太利亜で売られているか確認してみました。
ら、全く取り扱ってないのですね。履歴すらないので多分最初から売ってないようでした。

私も正直「これ、私以外に誰か買う人いるのかな?」と思うようなものが何故某密林日本という大手で普通に売られていたのかちょっと不思議には思ったのです。
で、考えたのですけど・・・。
私が曲を購入する → 密林日本から本国(この場合伊太利亜)のレコード会社に連絡が行く、これは金銭のやり取りが行われているので当然あると思うんですね。
そこで始めて伊太利亜のレコード会社が「え、これ売ってるの? だめだよ〜」ということになったんじゃないか?
以上は私の勝手な推理ですよ、でも私が購入したその歌手のどこにも売ってないようなレコードの曲が、私がダウンロードした後にことごとく「販売不可」になってるって、そういうことじゃないかなぁと思うのです。

まぁ私個人はラッキー、って感じではありますが、なんか腑に落ちないなぁっていうか。
時々本当にとんでもなくレアなものがMP3で売られてまして、「え、これいいの?」みたいなのもありますから、見つけたらあとでいいやと思わずすぐ購入する事をお勧めします。
もしかするとレコード会社の許可とってないかもしれないんじゃないかなぁ、と疑念を抱いているので。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/17938412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomo金魚 at 2012-03-09 16:17 x
不思議な話ですね~~。でも凄く興味深かったですわ!なるほど!って思っちゃった。
Commented by overrising at 2012-03-09 16:43
ピンクフロイドかなんかがアルバム丸ごと買ってくれなきゃダメ(1曲毎の販売が気に入らない)とか言ってもめたこととかあったよね? トータルアルバムを作成してる人はそう言うだろうと思うしある意味当然。私も曲毎の販売ってどうなのかなぁ、と思ってはいたのよね〜。
あとその歌手がゲスト参加してる曲だけ買ったので、元の歌手が怒ったとかあるかなぁ、私の150円がどういう配分でどこに行くのか知りたいものです。
by overrising | 2012-03-09 12:08 | 戯言 | Trackback | Comments(2)