音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

多分悪趣味なんだろうな〜なグロカワ品

うわ、あまりに至近距離で写真がうまく撮れないわさ。。。

実はここしばらくあちゃちゅむに凝りまくっている。もともとは去年のうさぎバッグあたりから、普通に可愛い〜と思っていたのだけど、ここのところのグロカワ路線がめちゃツボで、しかも店がないのよ〜。東京はいくつかのセレクトショップ扱い、あとはzozoみたいなネット通販ね。でもここのってワンサイズで身幅が小さいのが多いので、実物見て買いたいしね。で、うちの近くのセレクトショップにも入ってはいるんだけど、「あちゃちゅむは入荷すると瞬く間になくなっちゃうんですよ〜」って言われた通り、年中見張ってないとすぐなくなるのよ。あ、こんなのね、これの「顔」とか「annie」とか大好きでいろいろ持ってる訳よ。「くだもの女」もよく見ると不気味可愛いのよ〜。
で、anniegirlsのシリーズ見てたらいろいろ妄想が膨らんでこんなのを昼休みにつくりました。時間ないのよぉ〜〜。
b0036733_13124734.jpg

ほっほっほ、本当に写真が酷くてすみません。えーとね、下にあるのは「手」です。お皿に「手」が乗ってる。横に指輪。
一応筋書きがあって、BGMはきんきーなきっずのあの曲ですよ、「指に光る指 輪、そんな小さな 石で未来ごと売り渡 す君が悲 しい」
古今東西、金に目がくらみ、若い美男子<?>を棄てて、金持ちの肥えた臭いおっさんにくっついていく(あくまでフィクションです)女は後を絶ちません。棄てられた男は「今月今夜のこの月を〜」と言うかどうか知りませんが、あるとき仕返しをするのです。
彼女を殺し、お皿に指輪の光る手を乗せ、美味しく頂くのですね。
この時のBGMはクラシックの名曲、カルミナブラーナの白鳥の歌です。
「かつて私は美しい白鳥だった。だけど今ではこんがり焼かれて皿の上」
ぴったりですね。

あちゃちゅむの「かお」のところにある「目」のいろいろもとても可愛いんです。私はひとつしか持ってないけど、いろいろ妄想を膨らませています。
きたろーのおやじじゃないけど、日本人は「目」に何か他の国の人と違う気持ちを持っている気がします。ってことで次は「目」を使ったアクセサリーを作ろうと思ってます。

いや、素直にそのままあちゃちゅむの使ってればいいんだけど、なんとなく「さらにもっと付け足したい!」という気持ちが強くなってしまって・・・。 趣味悪くてごめんなさい。。。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/19576521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by overrising | 2012-11-28 12:53 | 戯言 | Trackback | Comments(0)