音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

全く怖くない幽霊話

3連休の一日、親戚の家に行った。
ここの家は、私の母の妹夫婦の家で、娘夫婦が同居している。娘というのが私の従姉妹なわけだ。
小学生の子供が二人いる。全部揃えば6人だが、従姉妹の旦那は仕事柄休日でもほとんど家にいない。
私が行ったのは休日だったわけだが、子供達は遊びに行っていて、そのとき家にいたのは老夫婦と従姉妹、それと私と私の母親の5人だ。

しばらくなんだかんだ話していると二階で誰かが走っている音がする。
私はてっきり子供達が帰って来たのだと思って気にしなかった。
すると従姉妹が私に「今誰か二階で歩いてた?」と聞くので「うん、誰かの足音がしたよね」と答えた。
すると従姉妹とその母親がいきなり二階に駆け上がり、「もうここに来るんじゃないわよ〜」とか叫んでいる。
ネコでも入ってきたのか? と思っていたら「幽霊だと思う」という。

今まであった出来事。
・家族は全員揃っている状態で庭に誰かいる(庭は玄関を通らないと入れない)。
・チャイムが鳴る(これは近所の悪ガキのピンポンダッシュの可能性があると思う)。
・勝手に蛇口から水が流れる(しかも人の手で締めないと出っぱなしだそう)。
・物が動く。

で、こんなことが夜中におこったら怖いけど、何故か昼間にしかおこらないと言う。
「だから全然怖くない」んだそうだ。

そこんちにはかなり以前、こんなことがあった。
長い間音沙汰のなかった親戚が突然訪ねてきた。
「どうしたの、突然。まぁとりあえず入って」と言って中に入れようとしたら急にいなくなってしまった。
この状況を叔母と従姉妹ともう一人たまたまそこにいた近所の人がはっきり見ていた。
それからすぐに電話がきた。
たった今その訪ねてきた人が病院で亡くなったという知らせだった。
その人は長崎の人で(叔父がそっち出身なのだ)、パッと来るはずがない状況なのだ。

まぁそういう家なので、多分私より全然霊感のある一家なのだろうけど、その私が聞いた足音というのも、「聞き間違いだったかなぁ?」と思う様なものではなく、確実に「子供が帰ってきて暴れてるんだな」という大きな音だったのですよ。

まぁ「怖くない」と言ってるからいいんだけどねぇ。なんだろう。いない時にずっと水が出たままだったらそれはいやだけどね。
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/21296419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by overrising | 2013-10-17 12:28 | 戯言 | Trackback | Comments(0)