音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

メ デ ィチ家の至宝

なんかちょっとおかしな見られ方をしてるようでどうしたんだろう、これ(このブログ)。まぁ深く気にしな〜〜い。
日曜日、東京都庭園美術館に行った。「メ デ ィチ家の至宝」という企画。
ずっとこの中に入ってみたかったんだけど、なかなか機会がなかったので今回丁度いいな、と思って。お貴族様の財宝きらきらがいっぱい見れるのかと思っていたら結構地味でした。
あのダイヤエメラルドサファイヤルビーがキラッキラなのはその後のカットの技術なのかな、カボションカットが多かったせいか、宝石類のきんきらきんはなかった。カメオばっかりというのも時代なんだろうけどちょっとがっかり。まぁダイヤモンドにまで彫り込み入れてるのは流石だと思ったけど。ウフィツィ美術館のものが多かった。やっぱりこれはフィレンツェで見なくちゃね(でも日本でも最近の美術館は激混みだけどウフィツィ美術館なんて予約しないと入れない位大変らしいね、行った事無いから聞いただけだけど)。
期待していたお庭はほとんど整備中で一部にしか入れず残念。
b0036733_1592330.jpg

チケット。ドレスコード割引というのは、真珠のアクセサリーをつけていくと100円引きになるものなのだ。ということもあって、来館者の皆さんの服装やアクセサリーも楽しみだったけど、あまりお洒落して来る人もいなかった。一番高いネックレスで気張って行った私残〜〜〜念。
b0036733_1511984.jpg

入口にあるチケットブースと美術館ショップ。池袋三省堂にあるナチュラルヒストリエと同じようなものを売っててびっくり、あとヒグチユウコのものとか。侮れない!
b0036733_15123021.jpg

お庭にあったオブジェからカフェを望むの図。
b0036733_1513374.jpg

お庭にあったもうひとつのオブジェ。
勿論カフェで一休み〜にはケーキを頂く。当然っちゃ当然ざます。
b0036733_15143691.jpg

カメラを出すと執事のようなカフェの店員さんがすぐさま寄ってきて「撮りましょうか?」(本人を入れた写真を撮ってあげるよという事)。あまりの素早さにびっくりした。でも自分の写真なんていらないんだけど。
まぁ記念写真をとりたがる人が一杯いるみたいでした(私がいた間でも3人位見たしね)。

またなんか機会があったら行ってみたい。次はお庭が解放されてるときにでも・・・
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/25808096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-06-26 14:31
タイトル : フィレンツェのメディチ家の栄華の中にに咲いて儚く散った1..
ブロンズィーノ 『マリア・デ・メディチの肖像画』Bronzino "Maria de Medici of theportrait." 「メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画」展が東京都庭園美術館で開催されています。駒展覧会では歴代メディチ家当主や妃の肖像画約20点とジュエリー約60点が展示されていました。メディチ家は、14世紀に銀行家として台頭し、政治家としても活躍。フィレンツェを実質的に支配しフィレンツェの「黄金時代」を築いたロレンツォ・イル・マニフィコ、トスカーナ大公国を建国した初代ト...... more
by overrising | 2016-05-17 22:02 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(0)