音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

ケーキ屋

関西の友達が東京で絶対食べたいケーキの話をしていて、それがどうも私の仕事の得意先の近くであることが判明。 よく行くとはいえ仕事の途中なのでなかなか買う機会がないなぁと思っていたらチャンス到来。夕方そこへ寄ることになった私は直帰を申請して、そのままケーキを買って帰るつもりでいた。さてさてバス停をいつもより2つ手前で降りて「ここらへんのはず」の場所を探す。どう考えても行きすぎてしまい??と思いながらまた引き返しよ〜く見ると・・・ 終ってる・・・。 定休日だったのか、売り切れたので終了したのか、そのへんはわからないけどまだ時間は5時前なのに・・・。

すっかりケーキモードになっていた私。このままでは帰れな〜〜い。もぉ〜〜、なんでもいいやっ!!とばかりに駅近くのコーヒー屋で『本日の紅茶』とピーチタルトを食す。
b0036733_1055164.jpg

いや〜、これがめっちゃ正解。アイスティーもコーヒー屋なのに美味しかったし(あえて本日の紅茶が何か聞かなかったけどアールグレイでした、大正解!!)、ピーチは本物の桃を大量に載せてクリームの量も味もどんぴしゃ。下手するとキルフェボンより旨いくらいでした(しかも同じ様なものをキルフェボンで買ったらあと120円高いはず〜我ながら細い〜!)。大満足。

しかしこの日は物凄く変な人に遭遇した。まず行く途中のバスの中。空いてる席がなかったわけではないもののそこそこ混んでいたし、後から乗ってくるのがお年寄りばかりだったので、私は立っていた。あとから数人のお年寄りが乗ってきたがその中の一人のおばあちゃんが(空いてる席があるのに)座らずに私の隣に立ったのだ。調度その隣が優先席で、そこに座っていた若いお嬢さんが席を立ち(まぁ当然そうなるよね)、そのおばあさんに「どうぞ」と声をかけた。するとそのおばあさん、急に私を押しのけて持っていた手すり(?っていうのかな、つかまる棒みたいなやつ)を強奪<?>し、それにしがみついて大声で「ばか!」と言い放ったのだ。茫然とする車内で一見穏やかそうに見えるそのおばあさんがさらに「バカは死んでも治らないっ! なんだと思ってるんだっ!!」と罵詈雑言。

まぁ余程年寄りに見られるのがいやだったのかもしれないけど驚いた〜〜。席を立ったお嬢さんも茫然と立ち尽くしていたわ。私も自分の立っていた場所を奪われそそくさと後方に移動。正直、私は何度かおじいちゃんにいや〜な目にあわされたことがあるのでなるべく近付かないよう気をつけていたんだけど、おばあちゃんもヤバイか。うひゃ〜〜。

それからそのコーヒー屋。ケーキは美味しかったけど空いてるテーブルが一つしかなかったのでそこに座ると、隣の女の子が号泣中。もう一人の女の子が諭してる調でいやでも会話が丸聞こえ。号泣してるんだけど、そりゃあんたが悪いでしょ、って内容で、しかもその子、泣いてるだけで反省もしてない(っつーか何が悪いことか分かってない様子)。なんだかなぁ〜〜、って気分でちょっと美味しいさが薄くなってしまったわ。う〜〜ん、人間って難しいっ!!
[PR]
トラックバックURL : http://overrising.exblog.jp/tb/7229533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by suiker at 2007-08-02 12:42 x
そーそー、席を譲るって難しいんだよね~。
しかしそのおばあさん、怖いよ…(汗)。
Commented by overrising at 2007-08-02 16:48
うん、だからもう最初から絶対優先席座らないもの。
すごいいやな思いしたことあるから、思い込みじーさんみたいな人に。やだやだ、思いだしただけでむかつく〜。
by overrising | 2007-08-02 12:35 | 戯言 | Trackback | Comments(2)