音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:旅行( 108 )

いやいやいや〜、月日の流れるのは早いですね。
GW、別にどこに行ったという訳でもないけどパソコンすらつけてませんでした。たまに携帯でチェックはしたものの。 目のお休み? でも結局PSPで遊んだりしてたので目に良かったわけでもないです。

さてさて、CDもDVDもいろいろ書く事たまってるんですがまず田舎に一泊して来た話を。
うちは親戚が殆ど東京都、だいたい大学に行くまで関東地方以外の人と話をした記憶がほとんどないっつー、地方知らない人なわけですが、唯一某<関東ではあるけど>地方都市(ちなみにU字工事から目の敵にされている県)に母親の姉が住んでいます。一人暮らしで、今病気なのでお手伝いに行った訳ですよ。
b0036733_14572953.jpg

ここに来たのも10年以上ぶり。なんかね、田舎でば〜ちゃん<母親の、それも結構上の姉なので80代>が一人で暮らしてる家ってびっくりだらけでしたよ。まず電話ねw しかも畳の上って・・・
これこれ。ぐは〜〜、なにかチケットとるとき黒い電話だととりやすい(ぴあとかにつながりやすい)という都市伝説があるけど試してみたいです。まぁわざわざここまで来ないけど。
b0036733_14575960.jpg

b0036733_1458205.jpg

客間。お土産にもらったものがとにかく大量に食器棚のようなケースに入ってて、もう和洋折衷というか、あれもこれも状態で、こんなケースが10以上あるよ。極めつけはシャンデリア。豪華なシャンデリアは良いんだけど、何故それにこんな貧乏臭い(失礼)誰かがつくったリボンの魚がぶらさがってる? シャンデリアの効果激減でしょう??? ついでにティッシュがデコレーション・ケーキに入ってるぅ!!!
b0036733_14584252.jpg

さらに深くびっくり。洗濯しようとすると洗濯機がない。土地が余りまくっているので、私の部屋の倍以上の風呂場があるのにそこにないし、軒先にもないし。 「洗濯機どこ?」と聞いてつれていかれたのが庭の物置。物の中から洗濯機がこんにちは。でもちゃんと水道や排水はつながってるみたい、すっごいシュールな光景ですた。
b0036733_1459915.jpg

庭は広いしお花は大量。でも木が茂り過ぎて<?>高い部分が電線に届きそうなので、切ろうということになりました。切っているのは私のおばさん(母の妹)w。私は下にいて、落ちて来る枝を集めてゴミ袋に入れたり、太い幹は束ねたり。それを5、6人掛かり(母、母の妹、私、母の姉Aの娘〜従姉妹だな〜)でやりましたよ。ちなみにその病気のおばさんは母の姉Bですww。とにかく女ばっかり。
b0036733_14592869.jpg

ちなみに私、映ってませんよw  
もともと現役時代の仕事の関係でいろいろ人付き合いが多く、もらいものも大量だった人なんだけど、病気になったせいもあってさらに家の中はもらったものだらけ。もらったクッキー、もらったお茶、もらったお皿等が大量にあって、当然食べ物とか期限もあるしどうすんの状態。私は会社もあるので一泊で帰ったけど、母と母の妹はまだいますww 片付いたかな。うちも物多過ぎ状態なんだから又いらないものもらってくるんじゃね〜ぞ〜〜。
[PR]
by overrising | 2009-05-07 22:50 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
というわけでメキシコでも美術館に行きましたさ。
b0036733_22361316.jpg

正面と中庭。とてもアートですわぁ。
b0036733_22363648.jpg

中庭のアートと、建物の中から窓を通して見える外の塔。これまたアートですわぁ。
b0036733_22365527.jpg

内部。右下の写真はこれまたお子様用スペースらしく遊び道具がいっぱいある。この日はいなかったけど。

1階は特設展会場になっていて二人の画家を特集してました。一人はWifredo Lamというキューバの画家で、プリミティブなピカソ、という感じでとても素敵でした。こんな感じね。
もう一人はメキシコの女流画家だったけどなんか気持ち悪い絵であまり好きじゃなかった(ので即効で忘れちゃいました)。

2階はアーキテクチャーのコーナーになっていて、国内やアメリカなどの建物の写真や模型が並んでて、とてもcoolな空間だったですよ。

ってことでお勧め! でもどこの国でもミュージアム・グッズって高いね~。しかも日本と違って特設展の画家の絵葉書とか売ってないし、Wifredo Lamの作品のお土産がなにも手に入らなくてとても残念でしたわ~~~。
[PR]
by overrising | 2008-12-10 22:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

美術館に行ったよ

その、アメ横に行ったというのは久々に上野に行ったからなんだけど、上野に行った用事というのはハンマースホイ展なのだ。
b0036733_17495844.jpg

国立西洋美術館の正面から、写真で見ると美しい銀杏だが、正直現場は思いっきり臭かった。クリスマスツリーも大きいのが2つあってとても奇麗な景色なんだけどなにせ臭かった。

さて、私はどうもハンマースホイをみくびっていたというかなんというか、別にピカソじゃないし、モネでもないし、ダビンチでもないし、要するにそんなに有名じゃないからそんなに混んでないだろう、と思っていたのだ。
ところがどっこい、もう芋洗坂係長というかすさまじい混雑よ。びっくりよ。大きい絵だとちょっと離れて全体を見たいじゃない? でも離れると人しか見えない位、とにかく大混雑ですよ。

だいたいこの画家の絵ってのがなんというかパッと見普通なんだけど実は不思議っていうか、暗くて静寂で物音一つしない世界なんだけど、美術館だから大騒ぎしてる人間はいないものの、人が大量にいるからなんとなくざわざわざわざわしていて、とても静寂からはほど遠いの。すごくがっかり〜〜。 私はこの人の絵って、なんかカフカを思い出す。有り得ない世界なんだけど、なんだか「でもちょっと待て、これってもしかしたら本当にあるのかも?」みたいな気分になってくる。そしてやっぱり音がない感じね。あと主人公は最初焦ってるんだけどだんだん無感覚になる、っていうか、愛とか優しさとか安らぎとかがなくて外気は冷たい、って感じ。そういう感じのする絵なんだわ。

だから大勢の人と一緒に見るなんて最低じゃんか〜〜、あ〜〜〜。まぁでも本当に日本の美術館ってなんであんなに激混みが多いのかしらね? そんなに美術好きっていっぱいいるの? あんまり普段お目にかからないのはなんで?? 誰かおせ〜て。
[PR]
by overrising | 2008-12-09 12:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
実はまだまだ続くのですが、したの写真はスーパーのお菓子売り場? ケーキの色がすごい。実はこれよりもっと凄まじい(とても食べ物とは思えない色合いのケーキがずらりと並んでいる)お店があったのだけど、写真とっちゃ駄目だったので残念だった、そこ、本当に凄かったんだよ~、フランス人形<死語?>みたいな色形のケーキとかあったんだもん!
b0036733_2227957.jpg


貧富の差が激しいので庶民の行くスーパーは上のような感じだけど、リッチな地域にあるセレブなデパートは下のような感じ。お客さんもお上品な方ばかりだったなぁ。10月なのにすでにクリスマス・グッズにあふれてたし。なんでもメキシコでは相続税がないんだそうで、金持ちはず~~~っと金持ちなんだそうです。大変だねぇ・・・
b0036733_22311520.jpg

[PR]
by overrising | 2008-12-06 22:30 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
はい、実はまだまだあります、メキシコ編。今回は「メキシコに行った時、ここには行かないほうがいい所」の一つを紹介したいと思います。

それはココ!
b0036733_20315225.jpg

なんつーか本中華、UFOミュージアムというのでしょうか。

指定の場所に行くと住宅街。普通に民家っぽい。閉まっているようだ、あれ?と思っていたら突如「開けるよ~」とどこからともなく現れる係員(というか留守番って感じ)。

入場料を入って入ると・・・・・
b0036733_20341216.jpg

え~と・・・・

盛りだくさん、と言いたいところだけれど、「えっ、これだけ・・・・????」ってか、面積ちいさっ!! 10分いたらもう見るものありません。他に部屋は??? ないです・・・
スペイン語が読めれば壁の新聞の切抜きみたいなのを全部読んで時間をかけることができるかもしれません。帰ろうとすると先ほどの留守番君に「名前書いてって」とか「もう帰るの?」とかいろいろ言われてしまうみたいです。
私にスペイン語が出来れば日本の河童とかツチノコとか教えてあげたかったです。
b0036733_20373564.jpg

ま、こんな可愛い置物<?>なんかもあるので、好きな人は・・・、よっぽど暇だったら是非どうぞ。
[PR]
by overrising | 2008-11-15 20:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
日本で売られているのと結構違っていてびっくり。というか、今いろいろ調べてみるとイタリア料理で使うサルサソースとか、トルコ料理で使うサルサソースとか、いろいろあって多分日本人が想像するのはイタリア風なのだという事が判明。
あの~、ほら、メキシコ料理でコーンチップについてくるソースですが、日本だと結構しっかり味がついてるでしょ? あっちのは味自体はあまりなかった。
3種類あって、赤いソース状のと、青いソース状のと、葉っぱやトマトやアボカドそのものがみじん切りしたようなのと、の3つ。どれも辛み成分はあっても塩味の様なものはなかった(と思う)。
で、スーパーでこんなものを買ってきたのでとりあえずうちでなんちゃってメキシカンをつくってみました。となりにあるのはメキシコのスーパーで野菜とか買うとついてくるらしい。英文もついてて「リンゴやすいかと一緒に」って書いてあるけどそれは日本人には無理、私はきゅうりの薄切りにつけてみました(食べた母親は「きゅうりの古漬けに違いない」と申しておりましたが・・・)。
b0036733_20501894.jpg

b0036733_2051248.jpg

ひき肉とニンニクちょっととタマネギのみじん切りを適当にいためまして、でそのソースを入れる。それと別にレタスとトマトをみじん切りにする。で、ひき肉のやつと、レタス、トマトをこれに包む。ほら、メキシカン〜(ただのイメージとも言う)。きゅうりの輪切りはtajinをまぶしたもの。
b0036733_20511713.jpg

ソースが多過ぎたみたいでしょっぱかったです・・・。が、まぁ、味はそんな感じかな(どんなんだ)。余った外側はナンにも似てるので、カレーが余ったときつけて食べたら美味しそうだと思うのだ(でもそれではメキシカンではないな)。ソースもまだ余っているので、野菜炒めにでも入れてみようっと。
[PR]
by overrising | 2008-11-10 21:29 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
b0036733_203487.jpg

これはわりと大衆食堂っぽいのりのところで食べた普通のタコス。勿論うます。
b0036733_20353123.jpg

アメリカと目と鼻の先なので、こういうアメリカ〜んなお店もある。テキサス風な感じのレストランで肉! 肉! 肉! フローズン・マルガリータ(私のはストロベリー)が激旨!!
b0036733_2044334.jpg

あとで書くけど美術館に行きました。その中のおしゃれな感じのレストラン。ここはビュッフェスタイル。町中で売っているケーキは凄まじい色使いで食欲をなくすけど(またそのうち写真アップします)、ここのケーキは日本っぽい甘さ控えめで美味しいケーキでした。満足。
b0036733_20372631.jpg

てんとう虫が目印の、現地では有名なレストランらしいです。スープが激旨!! 3色の写真だとちょっとわかりずらいものは巨大ピーマンの肉詰めみたいなもの。カラフル、ピーマンは日本の普通サイズの3倍はあったなぁ。
b0036733_20403376.jpg

多国籍というか無国籍というか不思議和風<?>レストラン。いろんな意味で不思議な取り合わせの料理なんだけどこれが結構美味でした。

マクドナルド、ケンタッキー、スターバック等アメリカのチェーン店も一通りそこここに存在します。値段は全く日本と同じくらいだと思います(スタバはやっぱりそれなりに高い)。日本で大昔流行って今は多分どこにもないシナボンもありました。ハワイかいっ!?
[PR]
by overrising | 2008-11-05 20:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

旅行記9:鍾乳洞

前に書いた通り「モンテレーは周囲を山に囲まれてる」んだけど、その山の中はどうなっているのか。
中って変だけど、ケーブルカーで上(正確には山頂ではない、7、8合目くらいな感じかな)に行けて、ガイド付きで中が見られる。
ガイドったってスペイン語だけど。
b0036733_20274491.jpg

で、中は鍾乳洞。中学校の卒業旅行で秋吉台に行った以来の鍾乳洞。
b0036733_20281226.jpg

中は荘厳な感じだけど、立て札が電飾で飾られててなんだかギャッフンな感じ。約2KMとの事だったけどそんなに長く感じない。
b0036733_20291141.jpg

最後の方はここまで過剰にデコレーション。なんか自然はそのままに残しておけよ、って言いたくなるけどこういうのが好きらしい、ラテンなみなさん。しかも前でいきなりいちゃつくカップルもいる始末・・・。

でも楽しかったです>鍾乳洞。
[PR]
by overrising | 2008-11-01 20:30 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
b0036733_201871.jpg

私の顔がでかいわけではありません<デブでむくんでるけど大きさは普通のはず>。

えっとね、私はこれが好物で、香港でもハワイでも食べましたが、どれもこんなに大きくはなかったです。こんなに大きいのを見たのはメキシコだけでです。
で、味はどこで食べてもそんなに変わらないです。
メキシコではライムをしぼってかけて食べるのが一般的みたいです。日本だと(大ヒント)というか日本のデニーズだとこれを頼むとレモンと一緒に出てきます。
ライムをかけても、れもんをかけても、何もかけなくても、私は好きなんだけど、人によっては匂いが苦手だったりするらしいです。

ってことでこれ、パパイヤでした。
b0036733_2018259.jpg

ファミレスみたいなところでパパイヤのジュースとすいかを食べました。
スーパーで売ってるすいか、これ。 でかくて持ち歩けないので丸ごと買うのは断念しました。普通に美味しかったです。
b0036733_20184914.jpg

あとやっぱりこういうの、奇麗にディスプレイされてるのはラテンらしいですね。超辛いのとかもあるんだろうな。
b0036733_20191167.jpg

私はこんなフルーツを買ってみました。はりねずみみたいでかわゆい。
切るとこんなん(右ね)。はりねずみみたいな奴(KIWANO)はキュウリみたいな感じで味はあまり感じないっていうか、本当にフルーツ?っていうか。
後味が微妙に甘いけど、また食べたいとは思わなかったな。となりの奴(TUNA)は味はとても美味しい(薄く甘い)んだけどなにせ種が大量に入ってるのだ。
この種がとても堅くて石のよう、とても一緒に食べられない。しかもものすごく大量。メキシコ人の皆さんはどうやって食べているんだろう?
味は好きなので食べ方が気になった。ただ日本に入荷されてるかどうか不明(あっても高そうだな)。

また行けたらもっといろんな野菜を試したいな。
[PR]
by overrising | 2008-11-01 20:20 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
この記事を参照して下さい。で下の写真。
b0036733_2011545.jpg

この人形達は叩き割られる為に存在する。
そういう習慣、伝統なんだろうけど、なんだか日本人からすると可哀想に思える。
目もある、鼻もある、口もある、生きてはいないけど、それでもこの世に形あるものとして誕生した。
それを言ったらブタ肉や牛肉も食べられないだろうってことになっちゃうかもしれないけど、なんだか「叩かれ、壊される為だけに生まれてきた」というのがすごく悲しい。

この人形達が「でも子供達が喜んでくれるんだよ」という事実で満足してくれるといいね。
[PR]
by overrising | 2008-11-01 20:15 | 旅行 | Trackback | Comments(4)