音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

困ってます、とっても

b0036733_22515668.jpgこのアルバムは随分前、一昨年位に出たアルバム。それが映像付きで再発(いや、これが出たのももう去年なんだが・・・)。こういうのは最近の流行りだし、「最初から出せよ」とは思うものの仕方がないと諦めているからいい。ただ・・・。見れないのだ。
これ、DVDではないのだ。なんとCD-rom。前イブニングニュースの付録かなんかのOASISのCD-romは最初から「macじゃ読めまへん」と書いてあった。しかしこれは一応mac対応のようだ。OSが合わないのか全く動かん。本当、見る気満々で「えっへっへ」と一人で無気味な笑みをたたえてパソコンの前に座り、いろいろ試して結局見れなかった私のなんと空しいこの気持ち!!!っつーか今どき映像入れるならDVDで出せよ〜〜。なんだよ、CD-romって。当然DVD機器に入れてもウンともスンとも言いませんよ。

ってことでまた「早くパソコン買い替えなくちゃ」に戻る。っつーか誰か助けて。
[PR]
by overrising | 2005-06-28 22:58 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)

billy corgan / the future embrace

昨日でようやく落ち着いたので(いや、それ程通ってたわけでもないんだけど)本題。ビリコ初ソロ。MTVでかかってる先行シングルを聞く限りスマパン時代に戻ったのかと思うハードだけど聞き易いあの音。だがアルバム通して聞いてみるとえらくcureっぽい。勿論1曲ろばちゃんがゲストで出てる、というのはあるけど、にしても80年代、今の流行りっちゃそうだけど。でも今流行ってる80年代回帰よりもっと内証的な、それこそ本当に初期cureに近い音(それとスマパンの「メランコリック」あたりのロマンティックな路線にもちょっと戻ってるかも)。

b0036733_22165757.jpgズ〜〜ワンズは続かないだろうなとは思っていたけど本当にあっという間に終わってしまったし。しかも今本人自ら「心ここにあらずだった」なんて告白しちゃなぁ、一緒にやってた人の立場だってなかろう。こういう所で煙たがられちゃうんだろうに、この人。自分が損してるってなかなか気付かないもんだなぁ、え? おまえが言うな?

まぁそういう世渡りのヘタさ、本当はいい人なのにねぇ、なんでみんなわかってくれないの? 音楽だけは分かりやすい方法で万人に聞かせようとして頑張ってます、なビリコだから憎めないんだけど。そんなところでロバートともうまが合うんだろうなぁ、良き理解者にお互いがなれると思う。ろばちゃん、義理堅いしビリコも安心して付き合えそう。

って、どうして一ファンが彼の人間関係まで気にしてるんだろう。「私が心配しないと」と思ってしまう、母性本能くすぐる人間なんだからしょうがないんです。
[PR]
by overrising | 2005-06-28 22:25 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
その2と書いたけど本日27日が千秋楽。ミュージカルって最初は曲も知らないし、話の筋を追ったりと、正直2回は見ないと楽しめません。で、まあ3回見ると曲もだいたい覚えちゃうし(曲や歌手が楽しめれば)その辺が一番楽しいかもしれないですね。ってことで私が同じものを何度も見るのは致し方ない事なのです(言い訳)。

ずっと気になっていた点はpeterはおかまなんだけど、2幕はそれっぽいけど1幕ではまだあまりおかまっぽくないの。これは誰かさんの演技がそうなっちゃうだけなのか、ライザと結婚していた頃は自身のおかまぶりを出さないようにしていたのか、まぁ後者だと思って見てるんですけどどうも気になります。とりあえず伝記なわけだから、やっぱり本人におかまであることを隠す気持ちがあってそこから変化したのかどうかって結構重要だと思うんだけど。役者としては誰かさんがいくらキモイ台詞を言ったところでやっぱりオカマには見えない、ってのは致し方ないですけどね(甘い)。

あと「月とニューヨークの間でうんたらかんたら」のラブソング、あれってビリー・ジョエルかクリストファー・クロスあたりの歌だと思っていたんだけどピーターの曲だったの? 後半の歌(「泣かないで」ってお母さんが歌う歌とか)にも聞き覚えのある曲があるけどよくわかんないや。

それにしても誰かさん痩せ過ぎ・・・。私は最初の方見てなかったけど最初から見てた人は「日を追うに連れてどんどん痩せてくるのがわかって怖い、今日終わるのはちょうどいいかも」と言っていた。IZAMと並ぶと全部半分にしか見えない、幅といい奥行きといい高さといい。団時朗も割腹いいからますますねぇ。

楽ってこともあってかやっぱり今日は客席も舞台もちょっと違う。最後の方、今陽子のソロあたりから結構みんな鼻ぐすぐすしてるし(私もか)。舞台が終わって子供時代にフラッシュバック、ってのはわかりやすい。80年代って本当にエイズでバタバタ人が死んでいたなぁ、あれからアメリカの性事情はすっかり保守的になった、と聞いている(住んでる訳じゃないからどこまで本当かは知らないけど)。私も当時すっごい好きだったダンサーが急死していろいろ考える事のあった時代だったから、あの当時の事情を多少ともわかってる人か、全然わからない人か、では理解が相当違いそうだ。

12時半ほぼ定時に始まって会場を出て時間を見たら4時過ぎ、カーテンコール長過ぎ。それでもあれだけ会場が明るくなってもみんな帰らず拍手してたんだから、最後ちょろっと終了コールくらいに出て来てくれたって・・・。
でもまぁ最後に「今年は今後V6を頑張る」みたいな発言があって私は結構うれしかった(友達は「あんな事言って、Vファンじゃない人たちからうざがられないかしら」と心配してたけど)。

b0036733_2321134.jpgさて、外に出ると何故か大勢の人がキチンと整列している。「お、これは有名なヅカ・ファンの出待ちか!?」と思った私はそれをしばらく眺めていた。ほどなくファンクラブの上の方の人<?>が並び直しを命じると皆さん律儀に会場前へ静かに並び直し。その数200人以上、かなり凄い。私が近くに行ってうろうろ見ていると、写真を撮っていた関係者の人に「こっちは宝塚のファンの人、ジャニーズ(ファンのあなたは)あっち」と追っ払われてしまった。あれ、別に私ジャニーズ・ファンだなんて一言も言ってないんですけどそう見える?(かなり不服)

b0036733_2362666.jpgそうこうするうちに紫吹淳さん、私服でにこやかに登場。写メ、かなり荒いので酷い写真だけど私服のパンツがお洒落でスタイルいいからやっぱりかっこよかったです。従えてるお子さんはpeterの子供時代役の子達。並んでいたヅカファンの皆さんはちょろっとお手振りをもらってあっけなく終了。

実は寝坊して服を出せず昨日着たものをそのままダ〜っと着て来た上に汗ダクダクだったのでとっとと帰ってお風呂にでも入りたかったんだけど連れの子に「ここまで待ったんだから一目見ましょう」と言われてそのまま出待ち(うわ〜〜、懐かし〜〜)。もっとも言ってもらってちょっと「よかった、人のせいにできる」と思ったズルイ自分も。b0036733_2312057.jpgそうこうするうちに看板をはずす人たちが来て作業開始。あ〜〜、本当に終わっちゃうんだなあ。もっと見たかったよ。ボ〜っとしてると子供の城の壁面に変なものを発見。なんか意味があるのかなぁ??b0036733_23133660.jpg

5時30分過ぎ位に坂本君の車が出て行きました。なんか(もう夕方なのに)四角ぽい変な形のサングラスしてて「似合わない・・・」と思ったヮ、まぁ似合わないの着てるのは彼らしいけど。そしてそんなこんなでオーストラリアから来た男の物語は終了。日本版でCD出してくれ〜〜〜〜。
[PR]
by overrising | 2005-06-27 23:22 | music : 日本 | Trackback | Comments(0)
b0036733_21325976.jpg

某スーパーにて。醤油売り場を何げに見ると「ELP」の文字が・・・。どうも「お買得品」みたいな感じなのだが一体ELPが何の略なのか皆目見当がつかなかった。教えて>キース・エマーソン。

たま〜〜〜に三鷹に行く。そこにはよくTVで紹介されるたいやき屋がある。しかしいまだかつてその店が営業しているのを見た事がなかった。いつ行っても閉まっているのだ。ところが今日、偶然早い時間(朝10時くらい)に通りかかると営業中だった。売り切れると閉まってしまうので、午後じゃダメなのだ。当然買ってみた。たかねという店だ。あんこが旨いと言われていたけど私が旨いと思ったのは皮の方だ(え、皮でいいの?)。なんっていうの? 周囲のちょっと固い部分があるじゃない? あそこって今まで食べてたものはボソボソで固いんだけど、ここのは丁度良い感じに水分もあって固いの。旨い説明ができないけどとにかく周囲の皮んとこが美味しい。皆さんも午前中(多分11時前なら大丈夫じゃないだろうか)三鷹に行く事があったら是非どうぞ。

前にも書いたけどパソコンがヤヴァイ。なんだかんだ真剣に何を買うか迷った。とりあえずいろいろ見よう、ということで、パソコンに詳しい友達2名と超久々にアキバに行く。

まず駅でびく〜り、広い!! 狭くてゴミゴミしてる、というイメージだったあのアキバの駅が広いのだ。おまけに綺麗なビルも駅の目の前に(確か以前は駅裏みたいなところでなんもなかったような気がする)建っている。

「メイドカフェに行ってみようよ〜〜」というおのぼりさんな私の意見は全くムシされたまま速効で電器屋街へ。ふぁ〜〜〜、わがんね〜〜〜。CPUがどうたらこうたら、マザーボードがうんたらかんたら。とにかくCPUはブラジル代表ことセレソンじゃアカン、ってことだけ覚えた。
b0036733_21444054.jpg


へんなものもいぱ〜〜い売っている。写真はパソコンのフロッピーやCDを入れるあの部分を小物入れにしちゃう、ってやつ。バカバカしいけどちょっと心ひかれる。途中甘味どころへ。ここがなんともレトロ(しかも18時半になった途端「そろそろ閉店なんですが」と言われる)。クリームあんみつを食べる2名、でも私は日本茶セット、これがお茶の量も多くいっぱい飲めるし、甘いあずきものとしょっぱい醤油煎餅が両方ついていてとても私好みで良かったです、これまたおススメ。

まぁいろいろ見て、いろいろ悩んで、ちょっとメドつけて帰って来た感じです。あ〜〜、パソコン・・・どうしよう・・・。
[PR]
by overrising | 2005-06-23 21:51 | 戯言 | Trackback | Comments(6)

V6 / UTAO-UTAO

b0036733_213587.jpg

全くねぇ。久々のV6シングルは初回限定版なんと4種類、+通常版と、全部で5種類でました(って発売日は明日だけど)。これがねえ、全部違うジャケットでそれぞれオマケつき、なんか某○キオみたいな売り方だなぁ(ゴメンね、ト○オ担の方々)。見ると全部欲しくなるぅ〜とはいえ5種類全部買えないので悩んだ末初回C(写真集〜と言っても6人一人1ページずつのショボいものだけど〜とステッカー)、初回D(写真集〜と言っても6人一人1ページずつのショボいものだけど〜と写真入れ〜と言ってももちろんショボい〜)オマケつきの初回版だけで済むかと思いきやなんと通常版には1曲多いので結局通常版も購入、で上の写真の3枚が手許に・・・。

曲は初回限定版が3曲、通常版に4曲、オマケがいらなきゃ通常版で済みます。これがねぇ、4曲とも聞いた事のない曲がない。本当、なんてCD化が遅いんだろう、っつーかなんでCDにしない曲がこんなにいっぱいあるんだろう、この人たちはっ!!!

1.UTAO-UTAO TBSドラマ「タイガー&ドラゴン」の主題歌。あのドラマ見てるとどうしてもオープニングテーマの方が耳に残ってしまうけどエンデイング・テーマがこの曲です。最初は「いつものパターンだなぁ」と思ったけど聞き込むと良い曲だと思う。ってもうCDが出る頃にはすでにすっかり聞き込んでる状態ってのがなんだか不思議。

2.breakthrough アニメ「アイシールド21」のテーマソング。Vじゃなくてカミセンです。いかにもカミセンらしい明るく可愛い曲調で思わずほっと和む。

3.晴れ過ぎた空 「Vシュラン」テーマソング。この曲の番組で使われてる一部分は耳にタコ状態に聞き過ぎてる曲。晴れ過ぎじゃなくて聞き過ぎだっつーの。全部もあのふざけたDVDに入ってるので既にすっかり聞いてるし。でも名曲です、あ〜、カラオケで歌ってみたい。

4.drivin' もう終わっちゃったけど「モビー」(あれ、違ったっけ)だったと思うけど深夜博様がやってた番組のテーマソング。これもファンにはお馴染み。この曲も大好きなのでCD化されてよかった。

というわけですっかりお馴染みの4曲なんだけど、こうしてCDになるとまたガンガン聞いちゃうんだな。私のバカぶりは直りそうにありません・・・・。
[PR]
by overrising | 2005-06-21 20:58 | music : 日本 | Trackback | Comments(2)
いやいや、なんっつーか。私、映画でも舞台でも見に行く予定のもの、予習しないんだよね。だからthe boy from ozのozはてっきり「オズの魔法使い」のozかと思っていた・・・ら全然違ってた、オージー、つまりオーストラリアから、って事でした。シュワちゃんかいっ!?

さて、これはブロードウェイで1年限定で上演されたピーター・アレンっていう実存の人の生涯を描いたもの、の日本版。ピーターって人は(私は)知らなかったけど、奥さん(元)がライザ・ミネリってのは凄い。ライザ・ミネリやジュディ・ガーランドは知ってる、ジュディは名前と顔が一致しないけど。
b0036733_21563727.jpgそのライザ・ミネリ役が紫吹淳、目だけギョロギョロ大きい、私の知ってるライザ・ミネリと本当によく似ている。スタイルもめっちゃいい。歌は・・・まぁまぁかな。
そのライザのおかぁさんがジュディだったそうで、これが大御所、鳳蘭。あれ、こんな声だっけ? 歌声は迫力があって聞かせるけど酒焼けっぽいしゃがれ声、酒、薬、異性関係等乱れた生活を偲ばせるのに役立っています。
ピーターのマネージャーになるのが団時朗、この人ってハーフ? 100%な日本人じゃないよね? アメリカのおっさん、見た目からもうがピッタリはまっていました。
ピーターのお母さんが今陽子、めっちゃ歌うまいです、迫力系。でかいし。肝っ玉母さんって感じ。
で〜、問題児がピーターのゲイの恋人、IZAM君。すみれセプテンバー・ラブ歌ってた時は可愛いと思ってたんだけどなぁ。登場して来た時「誰?このアキバ系のダサイ男は?」と思ったわ。よく見たらIZAMなんだけど、えぇ??? 一応アメリカ人なんだから髪の毛少し染めるとかして外人っぽくした方がよかったと思う。黒髪のままで、しかも顔も思った程バタ臭くなく、衣装もそのへんの人、って感じだと本当に紙袋持ってアキバにいそう。しかも動きがドン臭い。しかも歌が・・・・。もうちょっとうまいかと思ったのになぁ・・・。
ピーターの少年役の小さい時の方の子役にも問題ありあり。そりゃ子供だけど。

肝心の主役の人ですが・・・。相変わらず台詞の言い回しが心もとない。歌や踊りは無難にこなしてるけど。大きな欠点はないんだけど、もっとこう強烈なものがあるともっといいんだけどね。良くも悪くも「うわ〜」って思わせるものがない気がする。まぁ舞台の上でギャンブルはできないししょうがないか。でも頑張ってると思う。もっと上、もっと上、を求めてしまうのはファンだからなの。ごめんね。でも愛してる、なんてね。

しかし一応舞台ではピーターという人間になっているんだから、いくらカーテンコールでもま〜さ〜ゆ〜き〜という黄色い歓声は止めようよ>同担の皆さん。
[PR]
by overrising | 2005-06-20 21:59 | music : 日本 | Trackback | Comments(2)

Musical Baton

くまさんだけだったらムシしちゃおっかと思ったら別口でもトラバで入ってしまっていた・・・、っつーかそうすると私が回せる相手が5つもあるのかどうか・・・???

ま、いいや、調べましたよ。

海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。

音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を選びその人にバトンを渡す、というルール。

■ 質問 *1

* Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
* Song playing right now (今聞いている曲)
* The last CD I bought (最後に買った CD)
* Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
* Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

だってさ。

〜〜〜1〜〜〜
  だ〜〜か〜〜ら〜〜、おいらのパソコンは古くてMP3みたいな圧縮できるソフトも入ってないし容量も少ないし外部HD繋ぐ事もできんので、音楽は全くなにひとつ入ってない。オーデイオセットで聞いてます。

〜〜〜2〜〜〜
今はTVみながらパソに向かっているので曲は聞いてない。みんなパソにむかってる時って何か曲聞いてるの?? 電車の中では6. by sevenを聞いてます、じゃダメ? あ、オーストラリア得点しました。

〜〜〜3〜〜〜
van der graaf generator / pawn hearts
来週コメント書くつもり、ちなみに次に買うのはV6 / utao utaoです。

〜〜〜4〜〜〜
5曲ねえ・・・・。アルバムぢゃなくて?
・weirdo  by the charlatans  兎に角2枚目が好きっ!!!! あの時のTimは私の理想だったから。どこもかしこも全部好きだったから。
・Same Deep Water as You  by the cure  兎に角disintegrationが一番好きなアルバムでその中でも一番好きな曲だから。

ここから下は日によって、気分によって変わるなぁ・・・。かなりテキトーに選んだ。
・poison  by the prodigy
・supersonic  by oasis
・メジルシのきせき  by V6
ってところでどうでしょう?
ちなみにもし「無人島に持って行くCD」って聞かれたら答は随分変わりますね、多分クラシックを結構入れると思う(理由:長いから暇な時助かる、特に私はワグナー好きなもんで普段なかなか聞けない)。

さてバトンを渡す人・・・。
イヤだったらムシしていいよ〜、渡してごめんね、以下の方々。
* popscene様
* satoco様
* takehiko様
* くもりめがね様
う〜〜〜、あと一人いな〜〜い。くまちゃんと被っちゃうけどまだ何も更新されてないのでラムシュタイン命な人に二重渡ししちゃおっとっ!!!
[PR]
by overrising | 2005-06-19 00:06 | 戯言 | Trackback(1) | Comments(4)

DVD / LATER (even louder)

LATERというイギリスの音楽番組のアーカイブ、何種類か既に出ているけど私が買うのは2回目。最初に買ったのはcharlatansが入っていたから。で、今度はcureが入ってるから(cureはインタビューつき)。そのインタビューでろばちゃんが番組出演に関して言っている「この番組は(いろんなバンドが出演するので)知らなかったバンドを見て好きになる事もある」、確かに普段興味なかったり、気にはなっていてもなかなか見たり聞く事のできないバンドを知るには最適だ。そんな訳で私にしては珍しく全曲紹介してみましょう。 

b0036733_21183573.jpg・green day 1分頑張って聞いたけどキツイ。正直嫌い、良い悪いではなく本当嫌い。好きな人がいたら申し訳ないけど1分聞いて飛ばしました、感想ナシ。
・killers まぁまぁ、他にももっと聞きたくなった程ではないけどとりあえず気分よく聞きました。
・jane's addiction 再結成時の演奏。文句なしにかっこいい!! しかしあの再結成が失敗だったのは演奏はこんなに充実してるのに、やはり昔のような名曲が出なかった事だろうな。円熟と新鮮が同居するのは難しい。
・king of leon いかにもアメリカの田舎から出て来たにいちゃん達、音は結構良いけどね。
・interpol 今の人気バンドですね、しかしそんなにいいかなぁ? 別に否定はしないけどいまいちわかんない。普通、としか言い様がない。
・john cale この人はねぇ、ゴメンね、やっぱり頑張ってちょっと聞いたけどダメでした。これも個人的にダメな音なもんで。
・metallica 96年の演奏、エンターサンドマンとかそのへんかなぁ? とてもダークでかっこいいです。ただこのバンド、あのおしゃべりなドラマーの顔見るとちょっとムカツク。
・distillers 男か女か全く分からないフロント(顔も声も中性っぽい、でも一応胸がありそうなので女なのか)が不思議な雰囲気だけど音はよくあるタイプ。
・queens of the stone age なんだか変なバンド名、殆ど名前くらいは知ってるバンドばかりなのにこのバンドだけは始めて知った。演奏はメタルっぽいんだけどボーカルはちょっと弱い感じ、ダークで重い音。実は大好きかも。他の曲も聞いてみたいです。
・primal screem 御存知プライマル、しかも曲はみんな知ってる、みんな大好きなrocksです。説明不要。
・hole これまた超有名、説明不要、まぁ普段通りの演奏ぶりです。
・muse museはねぇ、初来日で嫌いになった。あれから曲も雰囲気も随分変わったけどね、う〜ん、嫌いとは思わないけどやっぱりイマイチな印象だな。
・dandy warhols 見る度顔が違う気がするけど気がするだけ? 曲は日本でも唯一お馴染みのbohemian like you、ライブだとこういう演奏になるのかぁ。面白いし好きだけど、どうにも地味だよね。
・hives ホワイトストライプスとかもそうなんだけど、最近流行り(最近と言ってもちょっと前か)のこのテのバンド。どうも私にはピンとこない。しつこいけど嫌いじゃないけどそれ以上の気持ちにならないっていうか。新しさを感じないもんで。
・yeah yeah yeahs 最初にこのバンド名を知った時「おや、ジャニーズJrのGが何故海外で??」と思いました(あるんです、ヤーヤーヤーってユニットが)。あらま、こんな人たちでしたか。1分聞いて「もうわかった」と飛ばしました。
・electric six 若手・・・なんだろうけど老練な感じ。ボーカルの人、間奏の時の顔は子供を泣かせようとしてるんだよね?? 安心して聞ける(見れる)ですよ、ライブ楽しそう。元気になれます。
・vines 20年前だったら大ファンになっていたかもなぁ。特にボーカリストはタイプでした。今は普通に楽しく聞けるけどそれ以上の感情は持てなくなりました。あぁ。
・scresming trees 音は嫌いじゃないけど見た目が・・・、悪いっていうんじゃなくて汚すぎ。ビデオで見るのはキツイ。
・garbage 相変わらず完成度高いです。なんの文句も浮かびません、かっこよすぎ。ただ・・・スキがなさすぎで嘘臭い、と思ってしまうのは何故だろう。
・datsuns 法律関係じゃないです>ダットサン(意味通じないか)、ハイブスやホワイトストライプスと同じ、違いが分かりませんでした。私って感性ナシ??
・bravery お〜〜〜、知らなかったよこのバンド。80年代回顧型バンドの典型なんだけど、cureに似てるのでとても私の好み。グッドです。
・P.J.Harvey 昔の友達を思い出す、彼女はヒステリーだった。突然切れて暴れ出したり。P.J.見ると思い出す。怖い。音はいいんだけど映像見たくない・・・。
・mercury rev ごめん、これまた1分聞いて「もうわかった」と飛ばしました。この人たちも昔からダメだった。似た音でもっと好きなバンドもあるのに。
・jon spencer blues explosion mercury revと別な理由だけどやっぱり苦手なタイプ。1分聞いて「もうわかった」と飛ばしました。っつーか本当は全然わかっていません。
・jet 1分聞いて「もうわかった」と飛ばしました。っつーか本当は全然わかっていません。前に説明文読んでCD買おうかと思った事があった。買わなくて正解だったなぁ。
・alice in chains グランジの中で最も聞き易かったバンド。ちょっとハードロック寄りだからかな? 演奏もグッドです。
・pesert sessions P.J.が歌ってます。また彼女の顔を見てしまった。でもソロ曲より他のバンドと一緒の方が普通っぽくて良いです。
・ash 最初出て来た時ここまで続くバンドだとは思わなかったなぁ。頑張ってるよね。個人的にはあんまり興味ないんだけど。
・sonic youth 92年の演奏、なんでと言われても困るけど彼等の事もどうも苦手。アバンギャルドなものならもっと他にいいのがあるのに。しかし10年以上前だからメンバーの顔が若い。
・cure この演奏だけで買った意義がありました。充実してます。その上古臭い印象はないし(ファンの盲目かもしれないけど)。いつまでも新鮮で可愛いろばちゃんを確認できて幸せです。
・nick cave 04年の演奏。昔見た時こんなんじゃなかった(特に髪の毛)、時の流れを感じるなぁ。すごくしつこいと思うけどこの人、昔から曲は好きなんだけどあの声がどうしても嫌い。

さてあとcureと緑の日のインタビューがオマケについてまして、緑の日は最初に書いた通りどおしても嫌いなもんでスッ飛ばし、cureのインタはもうファン必見!! このインタだけの為に買っても損はしないです(時間短いけど)。

って感じです。私が苦手と言ってるバンドの皆さん、ゴメンね。ここに登場するのはそれぞれにちゃんとした「たいしたバンド」なのです。でも必ずしも良いものが好きなもの、というわけではない、ってことなんです。って事で長く書いてしまいました〜。
[PR]
by overrising | 2005-06-18 22:03 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
は〜〜〜、活発に活動中!かと思ったら・・・。
これが遺作だそうです。しかし偉くサイケ全開。元気いっぱいに聞こえる。
b0036733_2221542.jpg
歩きながら聞いてると動きが早くなる。いいよ、なにも文句はない。ただやっぱりそこが問題なのかもしれないけど。もちっと売れれば多分も少し長く活動したと思う。まぁいろんな事があっただろうけど頑張って来たよ、彼等は。

しかしイギリスのバンドはこういう事が多すぎるからねぇ。年齢重ねれば趣味だけでバンド活動できるわけじゃないし。生活かかってるもんね、私もそうだけど(いや、バンドやってるわけじゃないけどさ)。アメリカだとなんだかんだ言って音楽だけでも食いぶちが結構あると思う。やっぱりなんだかんだ言って懐深いからねぇ。彼等もアメリカで活動してればなんか活路あったような気もする。

あ〜〜、あたしってば、自分の事だけじゃなく他人にまで無い物ねだりしてるよ・・・。
[PR]
by overrising | 2005-06-17 22:28 | music : UK/US | Trackback(2) | Comments(0)

トニテン・イベント

b0036733_21573323.jpg
写真はスポニチの記事(扱いワル〜、相変わらずだけど)。写真部分は勿論ちょびっとモザイクかけてます。大人しか見ちゃいけないものなので<爆>。

日刊スポーツは「アイドルグループV6の・・・」という書き出しだった。だから日本のアイドル。日本のアイドルたるV6の中の別ユニット、トニセンが本を出した(トニテンというタイトル、トニセン10周年だから)ので、その出版記念イベント。発売はぴあの電話だけ、15分に通じて「やった!」と思ったら既に売り切れだった。「3400席分、4分で完売という記録でした」とぴあのおねえさんが言っていた。「みなさん、とれてよかったですね」

あのね〜、どんなにヤフオクで儲けた業者がいると思ってるんだろう? とにかく電話だけだといわゆる「業者」がガバ〜っととってっちゃうんだ、今のシステム。文句はあるものの、こういうイベントはちゃんとファンが行けるようにファンクラブで売って欲しい。ふざけんなよお〜〜〜。

このユニットの中の井ノ原快彦さんという人のおかげで、やっぱり当日は雨だった。おまけに寒かった。可愛いヒラヒラしたスカートも、先日買ったばかりのシルクのチュニックもやめてジャケットを着込んだ。別に誰もあたしのこと見てる訳じゃないけどさ、どうせならせめてもちっとお洒落してればよかったのにさっ!! まったくぅ〜。

それにしてもアイドルって何ですかねぇ? 今ジャニーズっていうと全然知らない人でも「ジュニアだ」って言えば「あぁ、アイドルですね」って言われるでしょ。でもアイドルってみんなが知ってる人気者だからアイドルなんじゃないかなぁ。事務所の名前だけ見て「あぁ、アイドルなんだ」って納得するのはなんか変だよね。

アイドルってさぁ、私が思うに・・・。
・少なくとも○ンコはしない(顔をしている)
・少なくとも大いびきはかかない
・シモネタ話が出たら「??」という顔でキョトンとする
・彼氏彼女はいない(顔をしている)
だな。
この中で最後の項目はイタリアやスペインのアイドルは除外される、っつーかいかにもモテモテで「遊んでるぜ」って方が「流石ラテン人!!」と(日本では)尊ばれる。

ってことはやっぱりトニセンってアイドルぢゃないと思うのだが・・・。
[PR]
by overrising | 2005-06-17 22:17 | music : 日本 | Trackback | Comments(0)