音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

peeping tom

b0036733_2139449.jpg

でました! パットン先生待望の最新作です。しかしこのCDねぇ。。。のっけからやってくれます、っつーかCD出せないじゃんか! このジャケットね、変形っていうか、手がこんでて片っ方の厚紙を引っ張ると、別の口からCDが入ってるトレイがでてくる仕様なんですけど、トレイが全部出せない上に、そのひっかかってるところが微妙に糊付けされてるところとくっついてて、もう力いっぱいうんが~って頑張ってCD取り出しましたよ。CD取り出すだけで疲れるCD。

あぁ、久々にちゃんと歌ってるぱっとん先生素敵。多彩なゲストはどうでもいいです。私はぱっとん先生にちゃんと歌ってほしい。General Patton vs. the X-Ecutionersでの成果っていうか、近いものもかなりありますが、普通にロックしてるっぽい(流石に本当に普通のロックなんてやってまへんがな)のもあるしいつもながら多彩です。基本、hiphop苦手なんだけどパットン先生が歌えばかっこいいんだよなぁ~~。なんで世界中の人が彼を好きにならないのか私には永遠のなぞだわ。

ところで主演映画のDVDがそろそろアメリカで出るはず。まぁ日本での劇場公開は無理として、DVDくらいは発売してくれるのかしら。輸入版買ってもいいけど字幕つかないよね・・・。はぁ、英語力が・・・。
[PR]
by overrising | 2006-05-30 21:51 | music : UK/US | Trackback(2) | Comments(6)
1ヶ月近く前、4/27放映の番組、VVV 6 V朱 欄は「お好み焼き・もんじゃ」特集だった。まぁ私はこの番組はほぼ必ず見て(あるいは録画してそのまま眠っているものも多いが)、以前はたまに番組で紹介されたお店にいったのだが、最近全然行かなくなっていた。が〜。

b0036733_22401792.jpg


い○っちのもんじゃの焼き方萌え〜〜〜、立ち上がってちゃかちゃかやってるま○君に萌え〜〜〜。ってことで随分時間たったけど行って来ました>三軒茶屋 津久井。いや実は下北沢の二三六も超〜〜美味しそうだったんだけど、ちょっと前に行って激混みであきらめ(店が狭い)。まぁほとぼり冷めたころまた行ってみたいかも。それでまぁ津久井ですが。

番組ではめんたいを入れたものを食べてたけど私はめんたいこ×なので・・・(ごめんね、同行の友人。なんか食べたそうだったのに私がめんたいやだって言ったもんで)、津久井スペシャルと、チーズともちが入ったものを頼みました。

b0036733_22473276.jpg


実は私はあんまりもんじゃ食べたことない。ちょろっと下町のほうに住んだことがあって、みんなもんじゃに行くのにびっくりしたけど、そんなに長くいなかったし、別に特にすきでも嫌いでもなかったし、なにより作るのがめんどいので、まぁ自分じゃつくんないよにゃ。お好み焼きの方が味はわかるもんなぁ。だからこれが他とどれほど違うのか、正直よくわかんなかった。やっぱりTVで見てるとすっごく美味しそうだけど、(勿論まずくはない、美味しいことは美味しいんだけど)想像してた程ではなかったし。 絵葉書見て「素敵!」と思った風景が実はたいしたことないのと同じ?

っつーかやっぱりV面が創ってたからうまそうに見えたんだろうな。。。。。。。
[PR]
by overrising | 2006-05-29 22:53 | TV | Comments(1)
いわゆるキリ番ってやつですか、アクセス数が多分大台の区切り数字になりました。
もっとも特に解析もしてないので(ネームカードでできるって書いてあるんだけどうまく機能しない、っつーか張り込みもできないじゃん)誰がとったのかわかんないけど。

前にも書いたけど妙にアクセス数が増えてて、知らない間にどっかにリンクでもされてるのかなぁ?? 不気味です。 なんだかんだでもうすぐワール ドか っぷですわなぁ。 4年前の日韓共催もそうだけど自分的にはまるで盛り上がってませんが、とりあえず見ようと思う試合だけはチェックして番組表に丸印をつけてみました(私は予定表つくるの趣味なんだけど、そのまま実行できたことは一度もない・・・)。やっぱり一次リーグではアルゼンチンvsオランダ、パラグアイvsイングランド(ここはスエー伝もいて最大激戦区ですね)あたりが最大注目かな。 ところでポルトガルは超~ラッき~ぐる~ぷでちゅね、これで勝てなかったらお母さん怒ります。

とりあえずこんな勝手でつまんないブログですが、年中ごらんいただいている皆様に感謝いたします。な~んてね
[PR]
by overrising | 2006-05-28 00:54 | 戯言 | Trackback | Comments(2)
昨日DVDについて書いたバンドのベストCD。 続けて聞いたら見るよりも音だけ聞いていたほうが良いと言う結果です<・・・>。いや、見た目も悪くないんだけどさ。

b0036733_2201157.jpgっつーかね、なんかとっても安いのよ。 16曲入りで消費税込み1040円でしたから、最近こういう昔のバンドのベストとか再発売ものですごく安価なものが結構出てるので便利、ちょっと気になるけどどうしよう? って時、1000円前後でフルアルバムのボリュームが聞ければたとえつまんなくても損って程でもないでしょ?

ってか結構いいっすよ、これ。選曲も(まぁこれから、って時にボーカルが脱退して短命なバンドだったせいもあって)これだけで殆どの聞くべき曲が網羅されてるし。日本版は高いのかもしれないなぁ、安いのは輸入版です、お間違いのないように。
[PR]
by overrising | 2006-05-24 22:05 | music : UK/US | Comments(2)
またまた古いものですまん、ってかDVDは最近出たんだけど。

b0036733_22144928.jpg


いかにも「外人が想像する日本」なジャケットが今回出たDVD。隣のバンドが演奏してる身も蓋もない(でもシンプルでよい意味にも悪い意味にもこれが普通って感じ)のジャケットが外版のジャケット。何故わざわざ日本版がこんな(これじゃLIVE in TOKYOというよりLIVE in KYOTOなのだが)んになったのか全くもって不明。

ブリティッシュ・プログレの一時代のラストを飾るバンドだったなぁ、 ちょうど狭間期っていうか、イギリスの音楽界はど低迷な時代でした。 そんな中、彼らのEat Me In St.louisはよく聴いたなぁ。何が好きだったのか、今聞くとはっきりする、やっぱりこの声、 往年のピーガブにかなりそっくり、透るのに曇ってる、なんていうのかなぁ、一点の曇りもないよく透る声ってダメなのよ、どこかちょっと曇ったところのある声が好き。ついでにちょっと「風邪気味?」って思える鼻にかかったところとか、本当にツボ。

音はまぁ結構普通にプログレ、だけどハードでポップでキャッチーでところどころメロー。今映像を見るとちょっとダサいな、ちょっとじゃないか。 フランシス(ボーカル)は結構池面だと思っていたけど、見た目すら今はもう古い。。。。 時代とはなんと意地悪なものなのか。楊貴妃や小野小町も今出てきたら誰も美人と言わなさそう(ただのでぶだろ?)なのと同じ事だ、って話が飛躍しすぎな自分。 それでも彼らの音楽は案外時代を超越して今でも楽しめるけどね。
[PR]
by overrising | 2006-05-23 22:30 | music : UK/US | Trackback | Comments(2)

DVD JAPAN : the bery best of

'80年代日本の婦女子を中心に大人気を博していたイギリスのバンド、JAPAN。 そのベスト盤CDとDVDが出た。当事私も彼らが大好きだったけど(正確にはステのファン)、正直今全ての曲をまた聴きたいか?と問われれば、好きな曲はそんなにない。だいたい私はボーカル(美形なので一番の人気者だったのだが)の声がイマイチ好きじゃなかったので、曲がすごく好きなものでもなければむしろ聞いていて辛いとすら思えたのだ。そんなわけで代表曲の殆どが網羅されているDVDを買えば、まぁCDはいいかな、って感じ。

b0036733_21165624.jpg


プロモが7曲とライブoil on canvasから12曲、 このoil on canvasという名のライブビデオ、私はもともとbetaで持っていた。betaの販売用ビデオをまだ売っていた時代、といえばどれくらいの時代かお分かりだろう。 しばらくして(録画用はまだずっと売っているけど)販売ビデオは全てVHSに取って代わられるのだが、まだこのビデオが出たときそこまでVHS一色になるなんて、わたしは思ってなかった(beta信者だったので)。

このライブに関しては当事からいろいろ不満があった。とにかく美形で有名なバンドだったので、ファンはみんな顔が見たかったのに、妙に画像にエフェクトをかけてわざと見辛くしていたり、中国のイメージ映像をふんだんにいれてみたり、とにかく肝心の本人達がきちんと写っていないのだ!! 思わず「このけち!!」と叫んでみたりする、もっとステを写せ~~~~ 。ステに会いたい一心でYMOや一風堂関連のコンサートにも足を運ぶ乙女の気持ちを考えろっつーのっ!! はぁはぁ、と、とり乱してしまったわ。

今回楽しみだったのはプロモのほう、丁度MTVとかいろいろ音楽番組があって映像を見る機会も増えた時代で、visions of chinaという曲のプロモは結構年中見たので今見ても「あぁ、あぁ、これだこれだ、これよく見たわ」ととても懐かしい。でもそれ以外の曲は殆ど記憶にない(曲じゃなくて映像が、ね)。quiet life やgentlemen take polaroids、あるいはswingあたりの曲は当事よく聴いたし大好きだった。デビュー当事とても聞けたもんじゃなかったステのドラムも驚くほど成長して顔を見なくてもうっとりするくらい素晴らしいドラミングを披露するようになったのもこのあたりからだし、今見て(聞いて)もやっぱり名曲だし満足。

さてそんな時代からはやなんと20年の歳月が流れ、乙女はばば~に、あこがれの美男スターはじじ~になったことなのでしょう、っつーかステが今どんな感じなのか私は全然知らないし、知りたくもないんだけど、デビやミックはとても素敵なおじ様に見えます(今も活躍中です)。でも好きだったステの顔は見たくないの、まぁおっさんになってもあの顔立ちなら普通に素敵なおじ様でいるんだろうけどさ。
[PR]
by overrising | 2006-05-21 21:34 | music : UK/US | Trackback | Comments(6)
ちょっとまた更新休んでます、えっとねたはめっちゃあるんですけど、こなせなくて。

それよりちょっと不思議なことが。更新してないと当然アクセスも減るんですけどね、なんか更新しなくなってから普段の倍にアクセス数が増えてて。なにかあったんでしょうか、不思議です、っつーか怖いっす。

コンスタントに更新できるようにしたいなぁ。今日はなんか二日酔いでずっとぐったりしちゃってました。だめだ、ウコ○の力飲み忘れたからだ、きっと・・・。
[PR]
by overrising | 2006-05-21 20:12 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
ゾンビという名前、それにロメロという名前、これに惑わされると大きな間違い。これはれっきとしたプロレス映画であってゾンビものじゃない(と思う)。しかも覆面レスラー、なんとなくメキシコっぽいけどカナダ映画らしい。しかしカナダ映画における変な映画率って相当高いんじゃないの?

b0036733_21165410.jpg


主役はあくまで人間(それも覆面レスラー)。ゾンビはあまりゾンビとしての意味はない、飼いならされたクマとかワニとかの立場。覆面してるのはレスラーだけではなく、何故かビジネスマンでも覆面男がいて、それら覆面男(女もいるが)は絶対マスクを外さない。多分マスクをはがれるのはパンツを下ろされるより恥ずかしいのだろう(と、グレート・サスケも言ってたし)。

話は・・・・、尻怪獣の数倍つまらない。でもB級映画としてはこっちが普通だと思う。ださ~い音楽、つまんな~いカメラワーク、しょぼ~い血しぶき、なんだか懐かしく安心できるB級ぶり。悪くはないと思う。でも別に「是非見てね」なんて勿論書かないよ。
[PR]
by overrising | 2006-05-14 21:22 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(2)
暇な時間ができて有意義に使っているかというとだら~っとTV見てすごしている。といってもあんまりドラマは見ない、昔からいわゆるみんなが話してるような、月9とか、そういうの殆ど見たことない。ちなみに今期ほぼ必ず見てるのは某6人組の目が細い人が出演してるドラマ(水曜夜9時、10ch)だけ、他には必ずじゃないけどあまりにくだらない描写が気に入っている富豪刑事もよく見ているかな。

そんな私だが、今夜はひさびさにちょっと楽しみにしていたドラマがあったの。旭山動物園のドラマ。行きたい行きたい、行ってみたいけど遠いよおん。

b0036733_230745.jpg


ドラマとしてどうこいう言う前に動物がカワイすぎるぅ。特にふくろももんが、服の中に入れてめちゃんこプリティ!! ももんが、しかも北海道、といえばこの世で一番可愛い動物であるえぞももんがちゃんがあまりに有名だが、あれは保護指定動物として動物園では飼えない(だろうと思う)のでしょうがない、どっちにしてもももんがは最強だなぁ。

無論有名なペンギンの散歩やあざらしの見せ方など、どうして旭山動物園がこういうことをするに至ったかの過程がわかってなんとも感動的でした。嗚呼また動物園に行きたい(でも実は夏とかは匂いで倒れそうになったこともある)。

そうそう、どうでもいいけど例のぱけたんをゲット。でも家の中にお化けはいなかった・・・。来週会社で試してみようっと。
[PR]
by overrising | 2006-05-13 23:08 | TV | Trackback(1) | Comments(0)
DVD借りて見たんだけど・・・。いや、まぁ名前からして確実にB級映画だし、どうせまぁ~~な程度だろう、と思いつつ見たんだけど。

これがもう最高! ばかにも程がある、ってか限度超えてる。面白すぎる~。

b0036733_21125253.jpg


主人公は浮気妻に殺されかけているさえないアメリカ人。メキシコから帰ってくるとお尻が痛い。医者に見てもらうとなんと尻食いウシガエル にレイプされたという。助かるためにある医者に会う。その医者が日本人(なのに名前はどう聞いても中国人の名前で「嗚呼またごっちゃにされてるか」とちょっと悲しくなる)。ついでに「彼は日本人だから目が細くメガネをかけていてナニが小さい」とまで言われる。嗚呼相変わらず日本人のイメージって・・・。そしてそれから・・・。

上の写真を見てわかるとおり(わかるか、あれで)モスラのパロディで、要所要所でこの女二人組み(ザ・ピーナッツより全然不細工なのだが)がモスラのあの歌の替え歌を歌う。せめて双子使って欲しかったがな。

アスラが都市を襲うシーンは今時相当情けない特撮のとの字も感じられない、SFXのえの字も感じない、リアリティのなさすぎる映像なんだけどこれがなんというかオツなんですよ。悪魔の毒々モンスターも真っ青な低予算で悲しい映像。でもこれぞB級の楽しさでもありますよ。

とにかくばか映画好き、って人、損しませんっ!! 是非見てください。ちなみに原題はRECTUMA、アスラじゃないっす。これ見ないと世界にアスはないっす!!
[PR]
by overrising | 2006-05-13 21:26 | 映画 | Trackback | Comments(2)