音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

と言ってもまた音楽の話ではない。しかも本物のイタリア人の話でもない。また見てきました>プロレス。って、今6ch見てるんだけど、いや~手に汗握る試合の連続で楽しいですねダイナマイト。感動しながら見てますよ。で、一昨日見てきたプロレスはこれとは正反対(と言ってもメインエベントの試合はストロングスタイルの力の入った試合で見ごたえあったけど)。なんたってイタリア人でもないのにイタリアン4ホースメンですもんね。前に見たときものすごく気に入っちゃって、アントーニオ本多が。あの時はセコンドについてる「変なやつ」だったけど、今日は試合に出てました。レスラーとしては良いとこなしだった。でもいいの、だって超おもしろいから。

一緒にやってるフランチェスコ・トーゴーがかなりうまい。今回は社長も出てきた、いや~、あの社長本当に馬鹿がすきなんだな、ノリの悪いはずの私が思わず一緒に変なポーズやっちゃうくらいのせるのもうまい。アントーニオ本多も百戦錬磨のこの人達と一緒にやっていればそのうちもっとちゃんとしたレスラーになるでしょう、体は結構ちゃんとしてるし。でもイタリアン4ホースメンは今回で解散だそうで。でもきっと名前変えて出てきそう、次回は謎の気障なフランス人とかいいんじゃない?フランソワ東郷とかにすりゃいいだけだもんね。

私の友達がトーゴーさんのファンで、結構平気で大声で「きゃ~、トーゴーさんかっこいい!」とか声援するのがちと恥ずかしい。私はとても「きゃ~あんと~にお~」とかいえません。でもいつか平気で大声で声援飛ばせるようにならないと、DDTの世界にはついていけない、そんなノリの団体。

最後のメインエベントの試合では、HARASHIMA(女性ファン多し、顔がなんとなく高島礼子の旦那に似てる)が勝利した瞬間、私の隣に一人で見に来ていた女の子が絶叫後号泣してました。あんなに素直に感情が出せるって羨ましいなぁ。。。。 

ってことで今年も残すところあと僅か。格闘技の後勿論ジャニ●ズ、TVの前で今年が終わることになります。。。 皆様良いお年をお迎えください。
[PR]
by overrising | 2006-12-31 23:19 | 戯言 | Trackback | Comments(3)

book : THE CURE / de A a Z

b0036733_2255317.jpgさて、なかなか紹介する暇がなくて後回しになっていたけど本題っていうか、本業っていうか、CUREです。 英・仏では定期的に読み物も発行されている。どうしたもんかねぇ、日本語化なんて夢の又夢。特にフランス語なんて全く読めないのにとりあえずゲットする私は一体・・・・。 しかもこの本、なんでも筆者は敵意むき出しらしいのよ。 ファンの評を見ると(フランス語をいい加減な翻訳機で英語にしたものをさらにいい加減英語な私が読んでいるので100%わかってるわけではない、念のため)「何故嫌ってる者の本を書くのだ?」みたいなことが書いてあったので職業音楽評論家みたいな人がとりあえず気も乗らないけど書く羽目になった、みたいなノリなのかなぁ。タイトルはまるで地図みたいでちょっと可愛いと思ったんだけど。

b0036733_226929.jpg表紙の似顔絵?、描きやすいんだろうな、特徴があるからねぇ。同じ本でジャケット違いが何パターンかあるみたいなので、購入の際はお気をつけあそばせ。
[PR]
by overrising | 2006-12-25 16:05 | music : the cure | Trackback | Comments(2)
これはとても不思議なCDなのだ。 まず数カ月前にeverything must go の10周年記念特別版(DVD付)が出る、との報道があった。おまけDVD大好きな私が見逃そうはずもない。 発売予定日のしばらく前にH●Vに予約を入れた(予約受け付け中になったいたのだ)。 勿論その時点ではすっかり安心している。 ところがすぐに突然「キャンセルされました」との連絡が。 それからH●Vや塔レコード等、有力CD shpの店頭にもネット通販にもその名が載ることはなく、あたかも「その企画自体がつぶれた」ようだった。

b0036733_22228.jpg

しかしどうやら一部に入手している人が。 H●V UKに相当早くから予約を入れていた人の許には届いていたようなのだ。 しかし発売日の時点ではすでになくなっていた。 これがもう、万単位出してでも欲しい、というものならば必死に捜したのだろうが、「高いんだったら止めよう」と、冷静さを取り戻していたわたくし。 必死に捜すこともしなかった。 ところが、です。 ふとアマゾンを見るとなんとまるで「どこでも売ってるじゃん」とでも言いたげな普通の値段(いや、CD2枚+DVDというセット内容にしてはむしろ安い位)で売っているではありませんか。 ちょっと半信半疑、というか駄目元で申し込んだら二日後には手元に届いてました・・・。なんだか拍子抜け・・・。

そんなこんなで入手したmanicsです。CDの内容はご存知のとおり、DVDもいいけど何せ自分が最近買いすぎ、見切れません、ごめんなさい。 ちらっと見ただけだけど、映像で見るとリッチーいないのが一番寂しく見えた時代だったなぁ、こんなのクリスマスに見てるとますます物悲しい今日この頃です。
[PR]
by overrising | 2006-12-25 16:02 | music : UK/US | Trackback(1) | Comments(0)
去年でた40周年記念のベストアルバム。国内盤も出てるけど2枚組CDのみのケチ盤、本国では2枚組CD+DVDのspecial盤が出ていてこれまた多大な曲数の物量攻撃で見るもの(聞くもの)を圧倒します。なんせ40年っすから。

b0036733_21594284.jpg

アルバムタイトルの新曲 La grande festaはなんでも大量のファンにコーラスさせたそうで迫力あります。 こういうのってファンは喜ぶ、コーラス隊の費用は浮く、とまさに一石二鳥(まぁコーラス隊の費用を浮かせなきゃならん程貧乏じゃないけどね)。 昔の映像も見られるDVDはかなりぐ〜で楽しいです。 40年40年ってシツコイけど、本当に他のそれくらいやってそうなバンドと比べて若々しいですよ。日本での知名度考えると来日公演はまず無理そうだけど(まさかチッタたAXでやれとは言えんもんなぁ、それくらいなら満員になるだろうけど)、でもできれば来日して欲しい。 っていうかそのうち私、見に行けるかしらん?? 
イタリア行って、サッカー見て、ぷ〜見て、TV見て、できたらジャンニ・とーにも(あ、新譜出てるざんすよ〜、また近々書きますわん)ちょっとはショッピング(考えるだけでわくわく)。 とりあえず努力目標、みたいにしときますか。
[PR]
by overrising | 2006-12-25 16:00 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(2)
を見てきました。
b0036733_21574581.jpg

御存知エッシャーの展覧会(当たり前か・・・)。しかし本当、ちょっと有名な人の展覧会ってすっげ〜混むよね。前から疑問だったんだけど、普段そんなに美術に興味ある人なんて聞かないんだけどなぁ。どっから来るんだろう?? まぁこれって随分前からTVでひどく大宣伝ぶちかましてたしね。

それはともかくなんか最近異様にみんなあのイヤホン解説を聞いてない? 昔からあ〜ゆ〜解説はあったけど、今回は周囲、2/3くらいの人があれを聞いていた。 私は根っから「どうせ難しい解説を聞いても6歩(にわとりには勝っているので3歩じゃ忘れないぞ)歩いたら忘れちゃう」ので聞かないことにしているのだけど、隣で絵の前で絵ではなく下の機械(音を出している本体部分、電子辞書みたいな感じの大きさ)ばかり見てる人を見ると、「何しに来たんだ」と言ってみたくなる。絵を見ろよ。

それと会場が異様に暑かった。暖房効きすぎ、途中気持悪くなった。バカになって見ろ、ってことかしらん?

b0036733_21582595.jpgま、そんなネガティブな面もありつつ、それでも面白かったなぁと思ったのは有名な一連のだまし絵じゃなくて風景画の方だった。 勿論エッシャーだから普通の風景画とは随分様子が異なるけど、見慣れたデザイン画のようなあれじゃないとても美しい風景画で、見ているうちに南イタリアに行きたい気分になってきた。それと有名な方で一枚ものすごく好きな絵があって、何故かそれだけ大好きなんだけど、やっぱり写真集なんかで見るより実物は細部に渡って確認できるのでうれしかった。

それにしてもわざわざ動画にしてみたり、絵はがきはまぁ普通だとはいえファイルやTシャツ、がちゃがちゃ等、死んでから自分の作品がこんなに商売の道具にされちゃうとどうなんだろう?? でももうちょっとプリントが綺麗だったらあの長そでTシャツ欲しかったな・・・・
[PR]
by overrising | 2006-12-25 15:57 | 戯言 | Trackback(1) | Comments(0)

ふぉあぐらについて

私が今勤めている会社の最寄り駅はかなりしょぼい。昼に何か変わったお店を探そうにもたいした店はない。少々つまらん。

ところで時々お客さんの事務所に行くのだが、ある時(つい最近)お昼からそのまま客先に行きます、と行って12時に会社を出て、途中にある大きな駅に行ってそこでお昼を食べることを思いついた。

さて12時20分頃目的の巨大な駅に到着、なんとなく吸い込まれるようにデパ地下に飲み込まれていった。昼のデパ地下は夢のように楽しい。何を見ても美味しそうだし、乙女心<?>をくすぐる一流店の名前が綺羅星のように輝いている。本店だったらとても一人では入れない一流レストランも、デパ地下のイートインなら平気(しかも割安)というのも素晴らしい。そんな中私の目に留まったのがフォアグラをメインにした某有名レストランのランチだった。

有名レストランとは言え何といってもイートイン、椅子もテーブルもちょっと可愛いとはいえたいしたもんじゃない。当然お値段も安い(と言っても普段の昼食代よりは高いけど)。そうだ、フォアグラなんてほんのちょろっと一口食べる程度しか経験無かったな、がばっと食ったら相当旨いのかしらん??と思いつつふらふらと店内(と言ってもイートインだからほんの一画って程度だが)へ。

で、食べました。 感想? う〜ん、いや、私って全然グルメじゃないから味の感想とかは求めないで欲しいんだけどさぁ。 二度と食べまい、と思ったよ。 不味いってわけじゃないんだけど、まぁ美味しい、っちゃ美味しいんだけど、「フォアグラでなくちゃならない」程ではないっていうか。

フォアグラってさぁ、相当残酷な作り方だよね。 別に肉を食べるなとか言うつもりはないし、私は豚カツとか大好きなんだけど、豚カツ食べるときっていつも「美味しい、でも豚さんは可哀想、でも美味しい、でも可愛い豚を思うと可哀想」という葛藤の中で食べているのよ、いや、まじに。 「可哀想だけどその分とことん味わって、これじゃなきゃだめだと思いながら」食べてるわけよ、ちょっと大袈裟だけど。 ステーキだって、目の前に牛がいて、「これからこの子を解体します」って言われたらとても食べられないけど、見たこともない牛だから「申し訳ないが食うぞ」と言って(いや、言わないが)味を堪能するわけで。それはもうやっぱり残念ながら牛や豚の味というのはまぁ庶民にかかせないものとなってしまってるのでねぇ。最近は自分の体形的な問題からなるべく食べないようにしているけど、やっぱり美味しいものは美味しいよ。 で、できることならば、なるべく辛くないように殺してあげて欲しい。

そこへいくとフォアグラは・・・。あそこまで辛い思いをさせて育てて殺す、そこまでするほど旨いか? がぁがぁ君達に神経が無いとはとても思えない。 そんな悲惨な思いをさせてまで「嗚呼、これを食べられて本当に良かった」と思うようなもんじゃないわな。 いらんわ、私は。 少しでもフォアグラの生産者が減りますように・・・(まぁいくら言ってもフランスではそれが食文化なんだろうけどね)。
[PR]
by overrising | 2006-12-21 22:05 | 戯言 | Trackback | Comments(2)
iPodの中に今約1100曲入っている。movieもちょっと入れてるけど、それでも1/3程度。まだまだ余裕でうれしい。入れたいのに取り込んでないCDはいっぱいあるし。

ところで500曲位になったころ、プロデジーのCDを1枚入れた。プロデジーは未だにその1枚だけなのだけどシャッフルにしていると妙によくかかる。500曲しか入ってなかった頃でもシャッフルすると、15/500程度にしかならないはずなのに4〜5曲に一度はプロデジーなのだ。

それから倍の曲を取り込んで、今朝シャッフルで聞いていると、相変わらず4〜5曲に一度はプロデジーがかかるのよ。きゅあ〜は200曲近く入れているし、V●(ト●+カ●を含めると)も150曲位入ってるのに、何故か15曲くらいしか入ってないはずのプロデジーがきちんと定期的にかかるのよ。

勿論好きだから入れているので、別に多くかかるのが問題なわけではないけど、今日も私はiPodに向かって「またぷろでじーかいっ!」とつっこみを入れるのである。
[PR]
by overrising | 2006-12-20 12:55 | 戯言 | Trackback | Comments(4)
久々にイギリス物、でも買ったのもう結構前(夏の終わりくらい?)だ。ひえ~~。
b0036733_10571240.jpg
そう、arab strapは解散してしまった。しかも解散ライブを日本でやって。しかも私は直前まで全く知らなかった。もうコンサート情報ってわからなすぎ。CDならレコード屋に行ってうろうろすれば何が出たかわかるけどコンサート情報わからなすぎ・・・。もっと前にわかっていたら算段したんだけど。なんか知らない間に好きなバンドのコンサートとか勝手に決まってるのかもしれないなぁ、いやだなぁ。

このCDもお目当てはアラスト。なかなか日本のMTVじゃかからないものね、まぁあんまりMTV見てないからひょっとするとこっそりかかっていたのかもしれないけど。 まとめて7曲+バージョン違いの1曲が見られてうれしい。このチープな感じがたまらん。

レーベルのメインバンドの一つ、デルガドスも結構入ってる。けどやっぱりアラストだな。彼らの最初のシングル、EPだったけど(もうアナログプレイヤーを使ってなかったのでこれを聞くためにつなぎなおしたり大変だった)first big weekwndは衝撃だった、ものすっごく好きだった。あれはちょっと他の曲と随分違っていたけど、それでもやっぱり独自なバンドだった。
b0036733_10573263.jpg

嗚呼最後見に行きたいなぁ。。。。
[PR]
by overrising | 2006-12-17 10:57 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)

NHLに

日本人が入ったそうで(キングス)。 去年はマイナーにいて、今年昇格。頑張ったんだねぇ。
かりやちゃんみたいな大スターになって欲しい、応援するぞ。かりやちゃんは顔は日本人だけど、日本語できないし、多分日本人の意識もないだろうし、勿論国籍も日本じゃないわけだから、そういう意味で初の日本人だよね。

野球やサッカーよりももっと体格が物を言う世界なので、さらに大変だと思う。最近全然試合見てないけど、今度見てみようっと。ルックスもちょっと可愛くて好みでした<はあと>。
[PR]
by overrising | 2006-12-17 00:36 | 戯言 | Trackback | Comments(2)
今私の会社では人を募集していて、私と同じ職種 っつーか私のアシスタントでいいんだが・・・自分的には で募集をかけていて、昨日二人面接に来た。 今日、その二人の履歴書が見えるところに置いてあったので堂々と っつーか人がいなかったからなんだけど 見ていたら、片方の人が以前私がいた会社の人なのよ。しかも時期も同じ、少なくとも3年はかぶっている。しかも同じ職種で希望してるなら同じかとても近い部署のはずで、だったら顔くらい絶対知ってるはずなのだ。

ところが全く見た覚えが無い人なのだ。 相手も昨日私と顔を合わせたとき何の反応も示さなかったから知らないのだと思う。 確かに違う部署だったりすれば全然知らない可能性も高いけど、同じような仕事を同時代にしていて知らないってどういうこと? 全く全然ちらっとも見た事ない人なんだけど。でもまさか履歴書にそこまで大うそ書かないよね? そんなに自慢できる大企業だったわけでもないし。 もう不思議で妙で。でもだからと言って社内の人に「あの人の履歴書見たんだけどさぁ」とも言うわけにいかず腑に落ち無さが増すばかりなりでつ。
[PR]
by overrising | 2006-12-14 13:36 | 戯言 | Trackback | Comments(2)