音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

集金しなくちゃね。

www.barks.jpのニュースにこんな事が書いてあった。

*****
今年は再結成ブームになるかもしれない。大小問わずさまざまなバンドの再結成が続々と発表され、喜ぶファンがいる一方、その動機をいぶかしがる声も上がっている。
 年が明けてひと月と経たない現時点ですでに、ジェネシス、スマッシング・パンプキンズ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、クラウデッド・ハウス、ヴァン・ヘイレン、シュガーキューブス、ジーザス・アンド・メリー・チェイン、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ジェイムスらが何らかの形で再結成することが決まっており、ポリスの復活もほぼ間違いないといわれている。
*****

このニュースの最後にも書いてあったが、セックス・ピストルズのようにはっきりと「お金のためで〜す」と露骨に言ってしまえばいいけど、たいては音楽的にうんたらかんたら言うんだろうなぁ。 それにしてもね、一番優れた状態のメンバーで構成するならまだしもね、ピーガブもステハケもいないジェネシスとかね、ダーシーいない(であろう)スマパンとかね(下手するとイハすらいないという噂もある)、ちょっとこれはないだろうと思うんだよね。まぁそれでも見に行く人が多いからやるんだろうけどさ。シュガーキューブスに関してはビョーク自体、シュガーキューブス解散後の方がよっぽど売れて有名になったのになんでだろう? 私は個人的にシュガーキューブスの時は大好きだったんだけど後にソロで売れてからは嫌いになったから、これに関してはやっぱりシュガーキューブス時代の方が良い音楽だった、と本人が思っての事ならなんだか合点が行く。まぁそんな本心わかりゃしないけど。

それにしてもこうして列挙されると物凄いものがあるね。死なないかぎりはなんとか大丈夫なわけで。 でもなんだかんだ言いながらスマパンとジザメリ位はチェックするんだろうな>自分。
[PR]
by overrising | 2007-01-29 16:19 | music : UK/US | Trackback | Comments(4)
相変わらずせっせせっせと病気のように音楽漬けなんだけど、どうも夜になるとここに書くという気力がない。というわけで全然書きたいことが進まないのに、この話はすぐに書けるのだからやっぱり病気なんだろうなぁ。

また見てきました>プロレス。 「おお、そろそろマニア?」と言われそうだが私は友達とは違う。彼女はバイト先でひょんなことからプロレス好きがばれた。「あれ、●石さんってプロレスファンなの?」と聞かれた時彼女は胸を張ってこう言った。
「違います、私はプロレスマニアです」
をいをい、そんなこと胸を張って言うことでもなかろう、と私は口を出そうかと思ったが、多分絶対「ここのところは絶対胸を張って言うべきことだ!」と言われる事確実なので黙っていたが。私は彼女じゃないから毎週(一人ででも)東北地方にまで遠征に行ったり、そこで雪の中開場時間まで酒飲んで宴会したり、そんなことしたことないのだ。これからだってしないのだ。ただちょっと一人の駆け出しレスラーに気持が動いているだけなんだってば。

さて、今回初めてメールでチケットを買ってみた。●石は今どきパソコンを持ってない人間(昔は持っていたがもう使えず、今はプロレスと宝塚に注ぎ込むのでパソコンどころではないのだろう)なのでやりとりは私が担当することとなった。しかしどの席がいいかとかよくわからないので何度か確認の連絡をした。 すると「とりあえず、{私は深田恭子に似た17歳です}、って書いて送るのよ! きっとよい席をくれるから」と言い出した。い・・、いくらメールだとはいえさばよむのもそこまで行くと流石に自分でも恥ずかしい。第一深田恭子自体もう20代も半ばだろ? おまけに指定席だから、{深田恭子に似た17歳がいるはずの席}におばさん二人がいたら・・・。恥ずかしいに決ってんだろ、んなこと書かないよ、と正直に言ったら「いいから書くのよ!」とまた怒りそうだったので何も言わずにこっそり(無論深田恭子話はなしで)購入。 うっ、うっ、買うだけで疲れがたまるよお。

b0036733_23491137.jpg前回もそうだったけど、今回も(一番最初にこの団体を見に行くきっかけだったはずの)松野さんは出ない予定だった(体調不良で)。なのに出てきた。それにしてもこの人、ある意味凄い。よく「無駄のない動き」というが、彼の場合「無駄以外ない動き」だ。どの技も全く相手にダメージを与えることはなく単に自爆してるだけ。全てが「しない方がよかったね?」という動き、更に今日はロープに飛ばされて(普通跳ね返ってくるじゃない?)そのまま落下、という新パターンを披露。プロレスマニアの友達も「こんなの始めてみた!」と大興奮。ある意味最強です。

b0036733_2353317.jpg


今日こそアントンの写真とるぞぉ~~、と意気込んでいったのだが・・・ ロープ邪魔すぎ・・・。 今回はハワイアン軍団。 いや~~ん、やっぱり超超超超可愛いっ!!!!!!! どうすればあの微妙に異様なステップを踏めるのか、是非是非どっかのプロモーターさんに彼をミュージカルに出演させていただきたい。 マイクパフォーマンスも最高、プロレスも頑張ってました。嗚呼満足。

b0036733_2355599.jpgなんとかロープがかからなかった写真。 キュートである。 勿論いつものように異論反論は全く認めません。

最後はHARASHIMA vs 柿本大地、なんかHARASHIMAってわかってんのかわかってないのかよくわかんないんだけど、妙に必死でえらく冗談通じない上不器用~な感じ、でも私はそこが結構気に入って、見るたび好感度が増してます。 最後男色ディーノに挑発されてたけど大丈夫かしらん。なんだか心配になっちゃう。いかんいかん、すっかりのせられてるじゃないか。

b0036733_012419.jpgいや~、それぞれのキャラクターっていうか役回りがしかっりしてて本当面白い。話がつながっていくから、一度見始めた連続ドラマを途中でやめられないのと同じ状況でまた次も見に行かなくちゃ、と思ってしまうわ。それにしても今回途中でおばさんが乱入してきた。私は知らなかったので「さくら?」と思ったけど、●石が「あれ、有名なおばさんなんだよ、マジなの。」と言っていた。もう一人やっぱり興奮しすぎな女(ちょっとこの人はまじに可哀想な人っぽかったが)もいたけどそれにしても洒落の通じない人がプロレス見るのはどうなんだろうねぇ。 そんな真剣に「あれは反則!!!」とか怒ったって・・・。 まぁ私のお母さんも私が小さい頃よくプロレス中継見ながらテーブルの上の栓抜きとかをTVに向かって「これを使うのよ!」とか差し出してたんだけどね。
そんなに興奮しないようにね、皆様・・・・。
[PR]
by overrising | 2007-01-29 00:08 | 戯言 | Trackback | Comments(2)

ちょびっと驚いたTV

最近マイケミを良く聞いてる。来日中なんだよね。コンサート行こうかなと思ったけど、エヴァネッセンスも来日中、こないだもあれが来てたけど行けなかったし、今度はこれやそれも来るし、でも自担の舞台も来るしNINも来るし、そんなに行けるわけないって、最近来日ラッシュだよ。我慢の子ですよ、ぷんぷん。

ま、でもTVくらいは見なくちゃね、ってことでちょっと調べたらなんと!! BEST HIT USAに出るとかですよ、 え?? BEST HIT USA?? 洋楽番組がまだ殆どなかった頃、一生懸命見ていたあの番組かい? え? まだやってたの? ってか復活?? は??

なんだか相当久々にその番組名を聞いた感じがするが、やってました。見ましたよ、相変わらずの小林勝也ですよ、おいおい。

b0036733_2150247.jpg


昔のまんま、アーの言って欲しそうな事言ってました、よいっしょっと。 そのへんは偉いのかも。 マイケミもなんだか良い子達でした、可愛いなぁ。 そうそう、なんか昔のピックアップみたいなコーナーでは丸々1曲モンキーズをやってました。 可愛いなぁ、懐かしいなぁ、ちなみに私はピーターが好きでした。 小学生の頃、勿論ビデオなんてない時代なので一生懸命早く帰ってモンキーズを見ました。 あれは初回だったのか、再放送だったのか、再々放送だったのか、全然知らないけど良い時代だったなぁ、だって今の小学生は見たい番組があれば録画するだけで、わくわくしながら走って学校から帰ってくるなんてないわけだものね。 そういうのって不便なようでやっぱりそれなりに楽しかったんじゃないかなぁ、と、マイケミなんて新しいバンドを見ようと思っていたのに思い出にふけってしまう年寄りであった・・・・。
[PR]
by overrising | 2007-01-26 21:54 | TV | Trackback | Comments(8)
風邪でここ10日くらい私のPCはほとんど「留守録(実際は家にいるので寝録だな)」機と化していた。 今日少しだけチェックして整理(今整理しないと明日の某学校へ行く番組が録画できないのだ)。やっと僕音を見れた。

b0036733_22364690.jpg


ノエルかこい~~、don't look back in angerは素晴らしい演奏で感激しました。 しかしstrawberryfields foreverはどうだろう? う~ん、この曲、ビートルズの中でもそんな名曲だとは思えないんだけどなぁ。演奏もそんなにいいと思わなかった。やっぱり自作曲で勝負して欲しいわけね~~~。 それにしてもノエルは随分いろんな番組に出たけど、やっぱりこうしてちゃんと歌って欲しいわけで、まぁこれはよかったわな。 どうせならMステにも出てくれればよかったのに。ぷんぷくぷん。

PS:不二家の社長ってぺこちゃんじゃなかったんだねぇ。客の前で舌出したままで失礼な社長だと思ってたんだも~ん。勿論女に興味のない私はぽこちゃんファンですた。
[PR]
by overrising | 2007-01-22 22:40 | TV | Trackback | Comments(0)
そう言えばこの事を書くにあたって大昔の事を思いだした・・・。

中学の卒業文集である男子生徒が『女子は音楽を聞くとき顔だけで判断するので困る』という内容の作文を寄せていた。彼の言う『女子』が本当は女子一般に向けてではなく、私個人に向けられていた事は当時のクラスメートには周知の事だった。 おい、てめーはなんて一元的なんだ、私が言う『見た目は重要』という話は必ずしも顔が良い悪いの事じゃないんだ(しかもそんな話を卒業文集で蒸し返すとわっ!!)と胸ぐら掴んで怒鳴ってやろうと思った頃には既に別々の高校に進学したあとだった(ような気がする、いや、それとも一言くらいは文句を言って別れたかもしれない)。 まぁつまり、中学時代と殆ど感性が変わってないトホホな私にとって、今でも見た目は最重要課題だ。それはポリシーも含んでいるから。リーゼントの人がデスメタルやりますか?

正月になるとハワイで芸能レポーターが待ちかまえていろんな人にインタビューするじゃないですか? 今年は内田裕也がいつものあの恰好で「ろけんろーる」とピースサインを出していた。彼の言うろけんろーると、私にとってのそれとが全然違うのは、彼の服装や髪形、ついでにあのピースサインを見れば一目瞭然でこちらとしても勘違いしないで済む分ありがたい。解りやすい恰好をしてくれるのは良い事だと思う。

しかし中には「おお、私と気が合うかも」なんて思うスタイルで全然違ったり、ということも多々ある。実は「リーゼントのデスメタル」の他に同列の例えを考えたけど、「モヒカンでクラシック、あ、でもそんな人いたなぁ・・・」と、結構例外的なスタイルの人も多いのであるよ。スリップノットもなんだか音楽的につまんなかった(私には、ね。あれは見た目も写真で見るより実物のお面はせこそうだったし)。という中でこんなの発見、しかも方やヨーロッパの北端フィンランド方や南端イタリアからであるよ。なんつーか本中華。


注意;実はイタリアのほうのバンド、ちょっと前まではおどろおどろなビデオが流れたんだけど今見たら普通のバンド面が写ってるだけでつまんなくなってる。。。 これじゃわかんないわね、ごめんなさい。フィンランドの方はちゃんとした<?>ゾンビです。

実は今別な書きたいCDの人も見た目だけで判断したら絶対買わないってタイプの人。 ゾンビ君達、見た目は可愛いんだけどなぁ〜〜。私がバンド組んでもこういう恰好したいんだけどなぁ〜〜。なにせ音があまりに平凡で古〜〜い。
[PR]
by overrising | 2007-01-22 21:55 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(0)
さて、風邪が治らないのになんとしてでも出かけたいとは何の用事か、憶測が憶測を呼び「実はV●のメンバーが何かするらしい」「実はロバー●・スミスが来日中である」等さまざまなデマが飛び交った、ということは全く無いが単にまたプロレスを見に行っただけ、というくだらない落ちでありました。だってだってぇ〜、以下略。

DDTも見に来ること3度目、なんとなく顔と名前が一致する選手が増えてきました。とはいえ興味が湧かない人だと全然覚えないな。 とにかく最初に見たときから変な動きとなんとな〜く不気味に可愛いキャラのアントー●オ本多が見れば見るほど好きで好きで、また今回もめっちゃ好きになってしまったわんこそば。 正直たいしてうまくないのに試合順も良い位置で(いわゆるセミファイナルってやつ)、声援も多分一番多い。 もっとも友達に言わせれば「弱々しいから可哀想で応援したくなるんじゃない?」とのことだったが。

この団体、知ってる人にはお馴染みなんだろうけど試合前にVTRが流れる。それでちょっとした小芝居みたいなのが入るんだけどそれが面白い。 控室でアントンが携帯を片手に何か待ってる様子。 「トウルルル(自分の声で)、あ、電話だ! 東郷さん、早く来て下さいよ。今日僕1対1なんですよ〜、最近いろいろ不安なんで一人じゃ心細いです。例の軍団連れて来てみんなで三四郎をボコりましょう。もう近くにいるんだ!? よかった〜、 ガシャン(自分の声で)」みたいな独り芝居があってそれから試合が始まるのだ。

ってわけで高木三四郎vsアントン。 ん〜〜〜、どう見たって最初から勝負決ってるような・・・。常識的に見ればアントン、ボコボコにされちゃうよ、ってわけでか客席の声援は「アントン、アントン」の大合唱(たまに高木社長が「なんだよ、おれに声援しろ」みたいなポーズをすると「高木〜」の声も飛ぶが、基本女声はみんな「アントン」だったなぁ)。 それでも思ったより頑張ってるアントン。 そのガンバル姿に思わず胸キュン<マジです>、 しかし勿論徐々に形勢は不利に。 そろそろ東郷さんが助けに来てくれるorどっかからまたイタリアンパウダーでも出して目つぶししちゃう、を期待していると選手入場口にスポットライトがあたり音楽が鳴り響いた。 東郷さんだぁ!! と誰もがそちらを見る。 高木三四郎も攻撃の手を止めそちらに注視する。 とその時、ぼ〜っと入場口を見ている高木の後ろからアントンが逆襲、速攻で勝利を収める。 東郷さんは結局来ない。 「あれは独り芝居だったんだよ〜ん、今日は東郷さんは来ない。また騙されやがってあっはっは」 負けた高木が元気一杯な表情でリングの上で仁王立ちしているのに、勝ったとはいえ結構ぼろぼろなアントンはリング下で捨てぜりふ。 いや〜、客席もみんな騙されてました、だってアントン一人でできるなんて思ってないもん。 この日は結局東郷さんも、ゴージャス松野もいなかったなぁ。 あ、解散したイタリア軍団に変わって今度は東郷さんがハワイ軍団を引き連れてくるそうです(^^;) あ〜、また見に行かなくちゃ!

アントンの画像を待ち受けにしようと携帯で撮影したけど、なんかこの携帯のカメラ、一度閉めると標準モードに戻っちゃうの。 高画質で撮影するには開けてまた設定しなおさないとならないので馴れてないとこういう時難しいわ。 これじゃ全然誰だかわかんないじゃない! 次はちゃんとデジカメ持っていこうっと!!!!!!
b0036733_12262860.jpg

[PR]
by overrising | 2007-01-19 12:26 | 戯言 | Trackback | Comments(4)

風邪こじらせてます。

毎度お昼休みのぶれです。このところ会社からしかアクセスしてません。それもそのはず、ここ5日くらい風邪がひどくて、会社では否応無しに仕事上PCを触っているので、昼とか、ちょっとした空き時間とかにこうして書き込んでいるわけですが、夜になると目があけていられなくなります。 体が弱っていると一番弱い部分にくるもので、私の場合それは目なんです。 だからここ1週間、午前中はコンタクトが入れられません(あ、ハードなんですがやっと馴れてきました、相変わらずスポイトが無いと外せませんが)。 夕方になるともう目が疲れすぎて開きません。 目があかないと結局何もできませんから、本当、家に帰って寝るしかないんです。最悪です、でもなんとか明日には治さないと・・・。

というわけでなかなか皆さんの処にお邪魔するまで至らない日々が続いております。昨日も某学校へ行く番組をようやく(力の限りを振り絞って!?)見ただけで相当目が死にました(まぁその甲斐はあった内容だったのでよかったでちゅ、うふっ)。でも絶対今日中に治すぞ、そして明日は・・・ふっふっふ・・・・。

ところでTVと言えば最近やたらと民●党が嵐の中で舟に乗ってるCMが目に付くが、あれを見る度「あの舟、絶対泥でできてる」と思ってしまうよ・・・。
[PR]
by OVERRISING | 2007-01-17 12:17 | 戯言 | Trackback | Comments(9)

また騙された

今年の初めに携帯電話を買い替えた。機種変ってやつです。

思えば前に買った携帯は

外出中、仲間と携帯画面のTVでサッカー観戦、わいわい騒ぐという内容のCMを見て、「私も外出中サッカー見たい!」と思って買ったものだ。 それがどうだろう? 都内中どこで試そうとも一度としてまともにTVが映ったことはない。一度もだっ!! くっそ、騙された。 一体全体どこにいけばTV電波が入るというのだ? 家でも会社でも電車でも電波の入るところなんてありゃしなかった。

そしてここしばらく、「ワンセグ携帯」なる言葉が闊歩するようになった。 前のTV携帯の電波が入り辛い事は周知の事実だったため、今度はその過ちを踏まえたうえで、もっとちゃんとTVが見れる携帯になった、ということだろう。 画面自体も大きいし、画像も進歩している。 そろそろ携帯も替え時だ。 そりゃ当然ワンセグだ、今度こそ外出中サッカー見るぞ、お昼休みはうきうきウォッチングしちゃうぞ。

そうして新しい携帯ちゃんを我が家に持ち帰ってすぐTVを試してみた(電話でもメールでも写真でもない、まずはTVだ)。なんと!! 綺麗に映るではないか。 やった〜〜!!淒い!! これで急なTVにも大丈夫!!

とはいえそんなに外で見たいTVがあるわけでもなく、しばらく機能を忘れていた今日、っつーかちょっと前、「そうだ、お昼だから久々にいいとも見ようっと」と思いTVをつけると・・・ 映らない・・・ フジも日テレちゃんもTぶーSも全然映らない。 考えてみると、先日山手線が止まったとき、ホームでTV見ようとしたときも映らなかったのだ。

え〜〜〜〜〜!!!??? ってことは映るのは家でだけ??? 家にいるなら普通にTV見れるんですけどぉ???? 会社とか電車とかで見たいわけなんですけどぉ??? 
ど、どういうこと??? また騙されたの?私。ワンセグの電波ってどうなってるの?
誰かおせ〜てっ!!!!!
[PR]
by overrising | 2007-01-16 12:30 | 戯言 | Trackback | Comments(6)
1. 前に、前同じ会社(と履歴書に書いてあった)だった人が面接に来たことを書いた。結局採用になった。これは余談だけど、面接ってびっくりする程変な人ばっかり来る。昔(まだ若い頃)、急にバイトを雇うことになって(普通は偉い人が面接するんだろうけど)まぁ短期だったせいもあって「おまえに任す」と言われ面接したことがあったんだけど、本当に驚くよ。誰一人として採用したくなかったけど、しょうがないので一人、一番従順そうな子を選んだけどやっぱり全然ダメだったなぁ。 正直今回も「??」って人ばっかり来た。まぁ今までの仕事内容と「大人しそう」なことから社長が彼を気に入ったみたいだった。

それで私はとっくの昔に辞めた会社なんだけど、最近までその会社で働いていた人とずっと連絡をとっていたのでその彼のことを聞いてみると「確かにいた。でも私は10年一緒に仕事したけど喋ったことない」と言っていた。

その彼が今週(月曜休みなので火曜)から一緒に働いている。驚いたのは今日、突然私にこう言ってきたのだ。「トイレ、どこですか?」

あのお〜〜、昨日や一昨日も9時間以上会社にいたでしょ? ・・・・ずっとしなかったの?? ・・・ 大人しいのはいいけどどこまで大人しいんだ・・・。 しかも知り合いが言うにはバツイチらしい・・・。 そんだけ喋らんでどうやって結婚したんだ・・・・。

2. 今日得意先に行った帰り、ホームに着くと山手線が人身事故で止まっていた。 約1時間足止めされた。 しかし1時間後、山手線は一度動き出すとそのままスムーズに、何事もなかったように動いていた。 これが中央線だと話は違う。 中央線は人身事故に慣れている。 ものの15分もあればすぐに片付ける。 しかし問題はそれからだ。 すぐに動き出すのにすぐに止まる。 そして「総武線に乗ったほうが早い」とか言い出すのだ。 それを信じて総武線に移ると、今度は総武線が止まり「中央線の方がいいぞ」なんてぬかすのだ。

これは思うに、山手線は終わりがないため一度動き出すともう延々動いちゃうしかない、 しかし中央線は、なまじ先頭が先走りすることができるため、しかも隣に総武線が動いているため、どうも勝手に動いてしまうのではないか? ってことで私は中央線も山手線のようにぐるぐるまわる仕様にしたらいいと思う。 東京駅から三鷹まで、ぐるぐるするのだ。ついでに三鷹から高尾まぐるぐるする田舎版中央線もつくればいい(高尾から先は知らない)。 ついでに日本中、新幹線も日本海側から太平洋側へ、あるいは逆に、ぐるぐるぐるぐる青森から九州まで回っていればいいと思う。 おお、我ながらグッドアイデアだ。 日本中総山手線化計画だ。

3. そしてそんな電車の中、私は座席の前に立っていた。 前に座っている人がある駅で降りるために立とうとしていた。 前にいるのは私で、当然座る権利<?>は私にある。 しかしその時視界に、私より2,3人先のところに立っている太った女がなんとか身を滑り込ませて座ろうとしているのが見えた。

私は決して必死に座ろうとしていたわけではない。しかしこういう女は大嫌いなのだ。絶対座らせないと決意して、そのとおり自分で座ってしまった。 実はその前にホームのエレベーターでも横入りしようとしてる女がいて、うまく体を入れてそれをブロックしちょっと気分を良くしていたところだったのだ。 とにかく若いくせに必死に座りたがったり、いち早くエレベーターに乗りたがったり、許せんのだ。

でも私はか弱い女・・・・・。 対抗できるのは相手も自分と大差ない女だけ。 相手が安岡力也のような男だったら何もできません・・・・。 というわけで<ここで表題に戻って> 私はブルーザー・ブロディのようになりたい
[PR]
by overrising | 2007-01-12 22:10 | 戯言 | Trackback | Comments(1)

Tweaker / 2 Am Wakeup Call

b0036733_16194476.jpg
発売日はもう2004年の話になります。遅い遅い、連絡遅い、っていうかもうどうしようって感じになってるんだが。 カテゴリー見てもらえばわかるとおり、ロバートが参加してるです(だから持ってるとも言う)。

とはいえロバート参加作品の中では一番私が普通に買いそうなもの(クラブ系はあんまり知らないもん)。  なんせナイン・インチ・ネイルズ(あ、NIN本体も新譜出しそうですね)の元メンバークリス・ヴレンナのソロ・プロジェクト“トゥイーカー”、でもこのアルバムのあと何も出てないと思う。 音はNINよりもっとクラブ系っぽい。ジャケットがとても良い。

これは2ndなんだけど、1stからデヴィッド・シルヴィアンがゲストで参加しています。それを知ると「あぁ、なるほど」って感じる音。これは他ジョニー・マーなんかも参加してます。

ん~~、とはいえやっぱりロバートが入ってなかったら買うほどじゃないかな。 デヴィッド・シルヴィアンmeets NIN テクノふりかけだら~ん、みたいな感じ(全然わからん??)。
[PR]
by overrising | 2007-01-11 16:20 | music : the cure | Trackback | Comments(3)