音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

Smashing Pumpkins / Zeitgeist

b0036733_1015944.jpgスマパン名義で新譜がでましたね。ぼぉ〜っと聞いててある曲(For God and Country)でびっくり。CUREじゃん・・・。
 ・ 私の頭の中がCURE仕様になっている。
 ・ CURE大好きなビリコがうっかりうかうか。
どっちだ? ま、どっちもだな。特に曲の最初と最後、特に最後。完璧にあの曲です。ビリコが知らないわけないし、なんとなく似ちゃったというよりむしろカバーと言ってもいいくらいだよ、おいおい。ま、それは愛情の証ということで別にいいんだけど。

1曲目やCome On (Let's Go)のようなノリの良い曲は結構いいけど、以前あった妙にロマンチックな部分は減ってる。本当は優しいのにそれをうまく表現出来ない不器用な若者のもどかしさを代弁していた部分、それが見当たらない様に思う。ビリコも年齢を重ねてうまく立ち回れるようになったよ、ということか?

Zwanやビリコのソロやスマパンの最後のアルバムよりも良い。ってことは良い、ってことか。勿論全盛期と比べちゃだめだけどそれはしょうがないか。頑張ってるほうだよね。でもイハやダーシーが懐かしいな、再結成って言うならやっぱりあの二人にいて欲しい。バンドのメンバーって音楽的な貢献だけじゃないと思うんだよね、ベズは何も演奏してないけどベズがいなくちゃハピマンじゃないでしょ、そういう人の方が単に演奏が上手いとかよりも重要に思う。そうするとやっぱりイハやダーシーにいて欲しい。ま、無い物ねだりだけど。ドラムはやっぱり彼でよかった。
[PR]
by overrising | 2007-07-31 12:08 | music : UK/US | Trackback(1) | Comments(0)

CURE / 海賊盤 その3

b0036733_20123823.jpg
普通に考えて2枚組みにすればいいのに、わざわざCD+おまけCDの形態になってるのが変わっている海賊盤。1982年6月7日、パリでのライブです。本編に15曲、おまけCDに2曲です。
流石に古いライブなのでそんなに音は良くないものの、演奏が結構好きで昔よく聴いたような気がする。もしかするとおまけはアンコールなのかもね。ちなみにkilling an arab と all I want to do is kill herです。 タイトルはM、一曲目がMなんだけどそのまんまか。

簡単なブックレットもついてる(けどフランス語)。まぁCUREのものはとにかくフランスものが多いです、本当にラテンの人ってCURE大好きだよなぁ。。。 やっぱり私ラテン?なんて思ってみたり。うそうそ。
[PR]
by overrising | 2007-07-30 22:12 | music : the cure | Trackback | Comments(0)

CURE / 海賊盤 その2

b0036733_2011551.jpg

円形のケースに入った海賊盤、変形ジャケは最近では珍しいような。

1989年9月10日、カリフォルニアのライブ。28曲150分弱。音はまぁまぁ、plain song で始まってthe figureheadで終わってます。タイトルはparched corn。
[PR]
by overrising | 2007-07-30 22:10 | music : the cure | Trackback | Comments(0)

その他のプロモ盤いっき

来日公演も無事終了<ちょっと涙>。とりあえず続けたいと思います。
b0036733_12272778.jpg

えっと、この3枚は全然たいしたもんじゃないけど、mixed upは発売直前のCM、wishは曲は入ってなくてインタビューみたいな奴が入ってる。とりあえず全てのラジオ局に行けるわけじゃないから、適当にDJが質問しそうなことに対する答えを入れてそれを放送するんだと思いますが。そういえばこの時期ロバートのインタビューCDが大量に出てたね。あれを全部紹介したらまたこれがたまらんことに・・・。しかもどうせインタビューなんていい加減なことしか言わない奴なのに。。。

b0036733_20101355.jpgあとこれはライトなベスト盤。アメリカではファンの新陳代謝<?>が早いためか(ファンの中心層が何故か大学生。卒業するとファンじゃなくなるんだろうか??)常にヒット曲集みたいなのものの需要があるらしい。まぁひょっとするとdie hardなファンが一番多いのは実は日本だったりして(あ、あたしか・・・)。

以下またそのうち続きます・・・
[PR]
by overrising | 2007-07-30 22:08 | music : the cure | Trackback | Comments(0)
生まれて初めて(まぁ一日だけだけど)FUJI ROCKに行きました。勿論CUREの為に。

こういうフェスティバルには10年前に一度行ったけど、当時は体力が有り余っていたのだ。その後サマソニには行ったけどあれはフェスと言ってもスタジアムと倉庫を行ったりきたりするだけだし、こういう相当町から離れたところで基本テント、みたいなフェスはやっぱり体力勝負だもの、面倒っちかった。やっぱり大変だったよ。でも「これは!」というバンドがなければ逆に後ろのほうでまったり見てるのは楽しいかも(雨嵐がなければ)。

b0036733_20171294.jpg
金曜日、10時半くらいの新幹線に乗って昼に越後湯沢着、駅から徒歩10分位の某ホテルにチェックインしていらない荷物を預け、それからシャトルバスに並ぶ。 長蛇の列だよ。。。写真1を見てね。約小一時間炎天下でバス待ち、すでに疲れる。。。

それからバスに乗ってさらに小一時間、写真2のようなところに着く。ここからチケットをリストバンドに引き換える場所に移動、そこからゲートに移動、そこからやっと会場入り。 会場に入るまで15分近く歩くと思って下さい(写真3参照)。

入るとすぐが食べ物エリア、すごくいろんな美味しそうなものがいっぱい。このへんはサマソニや海外のフェスと全然違って楽しい。とりあえず目に付いたパエリアとサングリアのセット1000円也を購入して腹ごしらえ。そのとなりは黒カレー、夕方食べました。
b0036733_20253882.jpg

食後Tシャツ販売所に行ってお買い物。やっとのんびりする。
噂には聞いていたけどとてもリサイクルがしっかりしていて、ゴミは物凄く細かく分類される。「それはあっち、これはこっち」 右往左往しながらゴミ捨て。しかしどんなに注意されても平気でそのへんに捨てちゃう人もいる。死刑にしていいぞ、死刑だっ!!

あとソフトバンクっ!!! 電話通じないじゃんか!! 隣の人が平然と電話してるのに、自分の携帯は圏外。 かなしす!! リサイクルに右往左往、トイレ探しながらメールが送れずいらいら、そんな時突然後ろから「○○さん(おいらの本名)ですよね」 懐かしい顔がそこにあった。しかしせっかく声をかけてもらったのになんだかパニクってた私は「あ、そうです、え〜、メール通じますかぁ?」などととんまなことを口走っていた。その上「またね〜」と言って別れた。え、またね〜って??? バカな対応しちゃったなぁ、ちょっと鬱る。

b0036733_20321998.jpg

前で見ようとさえ思わなければ後ろで芝に座ってのんびり楽しめます。4時過ぎには暑さもやわらぎ、風がそよげばかなり気持ちよい状態。しかしMUSEでモッシュピットへ突入。本命CUREの時には端の方だけど一番前にへばりついて見ました。

MUSEの開始時刻が遅れたのでそのままどんどん伸びて、21時半開始予定だったCUREの開始は22時へ。原発の事故の話が大げさに伝えられている、と聞いていたので心配したけどのっけから機嫌の良さそうなロバートが現れてうれしいやら、安心するやら。。。

ライブはサイトには90分の予定とあったけど約150分、通常の長さをきっちりやってくれました。本当、すこぶるご機嫌な感じだったので、FUJIじゃなければみんなで出待ちしてたらきっとサイン会開いてくれそうだった勢いなんだけどなぁ、だからフェスはつまんないんだよぉ。しかし私もずっと海外に行けなかったので、本当に久々のCUREなんだけど、たまにふらふら踊る様子が超〜かわいいっ!! 一番右から一番左まで、みんなの近くに行こうという、相変わらずファン思いの優しさも、声聴いたときちょっと風邪気味?と思ったんだけど声量も衰えず最後まで力いっぱい歌っていて、やっぱり彼は一生変わらないんだ、と心から安心しました。個人的にはshake dog shakeをやってくれたのがうれしかった、あんまりライブで聴いてないしあの時期の曲が凄く好きなので。

ただね、パンフレットのCUREのとこ。 写真はちゃんと今のメンバー4人なのに、以前の5人メンバーの名前が記載されてる。これってイージーミスだよね、このライブで新規にファンになってくれる人も多いと思います。責任者、前に出ろっ!!!

2回のアンコールが終了したのは0時半。 そこからまたバス乗り場に行って並ぶ。 ホテルに着いたのは2時過ぎ。。。 やっぱりいちいち越後湯沢に戻るのは返って体力いるよ〜。 プリンスとれればそれが一番だけど、だめならテントもいいかもね。今度行く(かなぁ?)教訓にしました。一緒にCUREで盛り上がった皆さん! お疲れ様でした。またCUREの会場で盛り上がりましょう!!

PS;ずっとグリーンステージの近くに陣取ってましたが、KINGS OF LEONかっこよかったです。これでそのあとCUREだ、と思わなければもっと集中して聞けたんだけどちょっと残念。それでも結構楽しめました。若いのに音が渋い! フロントの3人も近年のバンドでは破格にグッドルッキング!(単に自分の趣味なのかも) また何か機会があったらいいな〜。
[PR]
by overrising | 2007-07-29 21:00 | music : the cure | Trackback | Comments(10)
b0036733_2235495.jpg

夏だしね〜、続き(実はサスペリアより前の作品だけど)を見てみた。
しかし恐ろしく怖くない。これでは納涼にならない。嗚呼、こんなんだっけ? なんだかゴブリンの音楽も酷く時代遅れのださ〜いものにしか聞えない。

サスペリアよりさらに性質が悪いことに、BOSEのような美青年も出てこない。相変わらず建物とかかっこいいけどサスペリアほどじゃない。バレェ学校の綺麗な女性たちも登場しない(おばさんばっか)。これで怖くないんだから意味がな〜〜い。記憶は不確かだ、もうちょっと怖かった予定だったのに。。。

なんだかオーメンが見たくなったかも。あれも今見たら怖くないのかなぁ。む〜〜〜〜。
[PR]
by overrising | 2007-07-26 12:10 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)
ちょうどまた得意先にお出かけした。今日は忙しい。なんといっても某様もからむコンサートや舞台の振込第一段だ。前回会社最寄りの郵便局から振込んでほぼ全敗に等しかったため、今回は得意先に出たついでに得意先近所の郵便局と、途中の巨大ターミナル駅近くの郵便局二つを狙ったのだ。無論どこの郵便局でも同じ、と思ってる人も多いだろうけど、ここはひとつ、藁にもすがる思いでいろんな努力をしてみるのだ。

小さい郵便局は混んでいて、しかも場所もよくわからなかったため手間取ってしまった。ついでに得意先ではお客様が高齢のため要領を得ず相当待たされた。まぁ会社には2倍待たされたことにすればいいや。今日のお昼はいつものランチじゃない。なんといっても某様のお誕生日。 当然ケーキを食らうのだぁっ!!

さてここでも何度か紹介しているランチパスタを出すお店はケーキもとても美味しいので本当はそこに行きたかったのだけど、郵便局が真逆の方角だったので面倒になって新たなお店を探してみることに。 実はデパートの中にも入ったのでレストラン街も見てみたが、平日だからか年齢層がやたら高い。おじいちゃん、おばあちゃん、その一歩手前のお母さんで埋め尽くされている。正直落ちつけなさそうな上、案の定デパートのレストラン街では美味しそうなケーキのある店は見当たらない。

そこで別の場所に移動、若い女の子が好きそうな店がいっぱいあるところへ。 ま、突っ込まれる前に言っておくとこの場合の若い女の子は60才以下<!>を意味してるので文句言わないようになっ!!
b0036733_14433041.jpg

結局どこに入ってもランチってパスタ系になっちゃうことが多い。実は先日パン屋でお昼食べたんだけど、300円位のサラダと、300円位のオープンサンドみたいなのと、300円位の飲物を頼んだら結局1000円かかって(当然だ)、それだったらパスタランチの方がいいんじゃない?と我ながら思っちゃったりしたのだ。で、ご覧のランチパスタ。これは美味しかった。このプレートにも一口サイズのケーキ(チョコケーキ)がついていたが、無論某様のお誕生日なのにこんなもんでは済まされないっ!!

しかしこのお店、名前から当然ケーキ一杯、と思ったのにあまりないの。ってか、プリンとかパフェはあるんだけどねぇ。そこにふと目に入った、私の大好物、クレームブリュレ!!! カルダモンのクレームブリュレとある。これだ、これしかないでしょ!!

写真見てわかるかなぁ、上にチョコフレークみたいなのが乗っている。私はこういうのが大嫌いなのだ。最近のパフェも中にシリアルみたいなのが入っていて嫌いだ。その分量、きちんとクリームを入れろ!! だいたいシリアルなんて牛乳かけて朝食にするものなのだ。なんで好き好んでパフェだのケーキだのに朝食が入っているのだ?? 私が食べているのは朝食じゃなくてデザート!! ドルチェ!!!! ざけんな〜〜!!
と心の中で怒りながら我慢してチョコフレークを片付ける(食べたんだけど)。 それからやっと、愛しのクレームブリュレだよ<はあと>。

ところでクレームブリュレは何処が美味しいか、っつーとそりゃああの表面のパリっとカリっと堅いカルメラさん + その下の堅いカルメラさんと真逆のゆるゆるねっとりの濃いぷりん。 それでしょ?? 嗚呼それなのにそれなのに。 ここのは表面が全然堅くないの〜。 しかもまるで甘くないの。 今どきのケーキは甘くない方が主流だけど、ちょっとは甘いほうがいい。いや、海外の甘いだけだろ?な味のケーキはもう今の日本人には無理だと思うけど、ほんのり甘いからこそ美味しいので、ここまで甘くないと・・・。なんだこれ?って感じ。
下のゆるゆる感は結構よかったけど、食べ終った後心の中で「ああ、美味しいクレームブリュレが食べたいっ!」と思ったさ・・・。

せっかくパスタは良かったんだけどな、すっかりがっかりのクレームブリュレだった。うなだれながら外に出てエスカレーターに乗ろうとして気がついた。私が入ろうと思った「いっぱいケーキがあるに違いない店」は別の階だった・・・。 こ、今度な・・・。

ともかく・・・。 某様、お誕生日おめでとうございます。 時々番組で甘いものを食べざるを得ないとき、「美味しい」と微笑んでいる顔が引きつっているのを見るのが大好きです。 その場にいれば私が全部食べてさしあげますのに残念無念です。 今後も甘いもの特集の時あなたが担当になるよう祈る毎日でございます。 ってゆーか今日振込んだチケット代、ちゃんと当てて下さいねっ!!!
b0036733_14435456.jpg

全然関係ないけど先週飲みに行った時のカクテル。カクテルって可愛いよね〜。でも全部甘いから某様は嫌いだろうけど、飲ませてみたい@あま〜いカクテル<うふっ>。
[PR]
by overrising | 2007-07-24 14:45 | 戯言 | Trackback | Comments(2)
なんかこのところずっと何故か「サスペリアが観たい」と思ってまして。でも近所でレンタルしてないのよね〜。ちょっとboxセットも気になっていたけど、内容なんてすっかり忘れてるし、ゴブリンの音楽以外何も思いださなかったので、boxセットを買ってまでは、と思い時間が経ってしまった。
b0036733_771251.jpg
で、やっと観たんだけど。 超〜〜びっくりした。というのもこのブログに最近再三登場しているミゲール・ボセが出てるのよ、それも結構重要な役で!! え〜〜、そうだったのかぁ。もう目から鱗ですよ、しかも可愛いっ!! う〜ん、やっぱりこの頃は可愛かったのね〜〜。今の姿を見てからこれを観るとまさに隔世の感がありますですよ。
b0036733_765221.jpg

しかしこんなに怖くない映画だったっけ? 最初の女性が二人殺されるところはインパクトあるけどあとはなんだか全然・・・。ただ映像美は特筆に値するっつーか、このバレェ学校の生徒さん達は普段から「これからパーティにでも行く」ようなお洋服を着て、学校の寮や町の下宿先のアパートも広々として超オシャレなお部屋。壁にエッシャーの絵が描かれてたり上流階級の世界? いや一流のバレェ学校って実際そんなはずないっていうか、結構みんな汚い恰好だったりするんだけどなぁ(練習着とか日本人だと破れたら縫うだろうけど、ヨーロッパの人ってガムテープで止めてたりするですよ〜)。「これから夕食」っていちいち着替えるのも、一体いつの時代やら。っつーかこれは貴族学校の話なのかなぁ(そのわりにはボセの役は学費が払えないので先生の手伝いをしながら学んでいるという役だしなぁ)。まぁそういう事をいちいち考えていると辻褄あわない部分は山のようにありますが。どのみちこういう映画なので、そんなきっちりした展開は望んでないけどなんかこの学校の設定がとても気になる。日本では、バレェってお嬢様っぽいイメージがあるけど、ヨーロッパではもっと普通に思われてると思っていたから(実際習い始めるきっかけって子供の頃身体の弱い子が医師に奨められて、ってのが多いみたいだし)、結構貧乏な子もやってるはずなんだけどなぁ〜〜。

さて、明日はサスペリア2でも見よう〜っと。
[PR]
by overrising | 2007-07-24 09:40 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)

CURE / just like heaven

b0036733_78473.jpgで、前述した山野楽●で見つけたCDシリーズ(と言っても2つだけ)第2段。 これ、買った時のことをよく覚えてないんだけど、291円ってさぁ・・・。 どんだけ〜???
多分バーゲンだったんだろうけど、このシングルCD、殆ど見かけないのよね。仕入れたはいいけど売れなかったんだろうなぁ。仕入れ担当者は怒られたのかなぁ。
100円セールとかならあるけど291円って微妙に中途半端じゃない? なんかこの値段設定が笑えるのでビニールはずさずそのままにしてあるわw。シングルCDったって普通1000円近くするものねぇ、今の円安状況だと普通に1000円超えるんじゃない? もっともこれ買ったのは相当前だけど。 こんな円安じゃなかったから今よりは安かったかもしれないけど、7〜800円はしてたような気がする(本当に記憶力が0だ)。
[PR]
by overrising | 2007-07-24 09:33 | music : the cure | Trackback | Comments(2)

CURE / 海賊盤 その1

CUREの海賊盤はとんでもなくあるので変わったものだけを紹介したいと思います。

まず普通海賊盤というと、東京だと西新宿、大阪だとアメリカ村あたりのあやすぃ〜マンションの一室で、みたいなイメージがありますが、この下の4枚は偉く普通のところで購入しました。
b0036733_7757100.jpg

うち3枚は帯を見てわかる通りシリーズの3枚で、どこで買ったかというとなんと「駅」です。ほら、駅構内でよく怪しげなCDが売られているでしょう。あれです。完璧に海賊盤なんですけどね。なんでそんな誰でも通りかかるパブリックな場所で堂々とこういう不法なものが売られているのか、なんだか日本の著作権はどうなってるんだ、と思いたくなります(買ってるくせに)。

もう1枚は山●楽器の洋楽の「C」の欄に並んでました。なにせ●野楽器ですから、そんな変なものがあるのもまた変な話で、最初見たときは「あら? 新譜???」と思ったほどです。もっとも普通のCD屋にこういう正規じゃないものが並ぶのは実はよくあることで、私も普通のCD屋で海賊盤を購入したことが何度かあります。一体どういう流通になってるの??

山●楽器で見つけたCUREのCDはもうひとつ面白いのがあって、これもそのうち紹介します(海賊ではないけど)。
[PR]
by overrising | 2007-07-24 09:30 | music : the cure | Trackback | Comments(0)