音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

飛行機の中から驚くべき光景に出くわした。わめくクソガキ元気な坊ちゃんをなんとか席に着かせてシートベルトをさせようと奮闘する客室乗務員と、気にしな〜いな母親。外国に行くと子供のしつけがきちんとされてて気持ちよいと思っていたのだけど、どこでも変なのがいるのかな?程度に思っていたら。

町を歩いていると至る所でこういう店<?>に出くわす。
b0036733_20573781.jpg

なんだこれ、一見玩具屋のようだがそうじゃない。とにかく本当にあっちこっちにある。びっくりするほどある。なんでもパーティ用のレンタルルームなんだって。

つまりバカガキ元気なお子ちゃま達が大量に遊びにくると家は汚れるし、うざいし、でも子供のつきあいもあるし、ってことでいっそ場所を借りちゃえ、ってことらしい。日本なんてメキシコの数千倍住宅事情悪いんだからこういうの流行りそうだけど見ないよね。
b0036733_20582179.jpg

b0036733_20583464.jpg

そういうレンタルルーム以外にも、とにかくお子様産業が凄い。ファミレスやファーストフードの店、ショッピングセンター等には必ず子供用の遊びスペースがある。子供に甘い国らしいのですよ。そうそう、プロレス見に行けば試合と試合の途中にリング占有するし、花道に座ってるし、本当クソガキ元気なお子様どこでも大量発生、どこでも我が物顔でびっくらです。で、大人はみんな優しいです、子供に。日本だったら絶対怒るおやじがいると思う。余裕、なんですかね・・・??
[PR]
by overrising | 2008-10-30 12:46 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
メキシコというと、イメージとして
・続く砂の平地にサボテンがいっぱい。
・強い日差しを避けるための大きな帽子とポンチョ。
みたいな感じだったのだけど、全く外れ。
まず全然平地じゃなくて、まるで日本のようにどこに向って進んでも山がある。
その山はたいして高くはないけれど、何故かみな異様な形で、夜や天候の悪い日に見るとちょっと不気味で不思議だ。
そして人々は誰も帽子なんてかぶってない(ましてやポンチョなど・・・)。

ほとんど車の中から見ていたので写真に収める事ができなかったのが残念だが、とにかく工場が多い。
その工場の形もなんだか不思議で面白い。工場萌え〜な人たちが見たら萌えそうだ。
そしてその工場からはもくもくと煙が立ち上っている。
道路は予想以上に整備されているが、やはり貧富の差が激しいのであり得ないオンボロ車がありえない排気ガスを吐き出しながら走っている。
しかも工事中の所が多く、砂煙、土ぼこりが結構ある。
要するに空気はとても悪い。
なんだか鼻毛がとても伸びそうな感じなのだ。
正直な話、京都議定書でアメリカがサインしなかったのは「いくらおれらが頑張ったって隣の国があれだけ二酸化炭素出しまくってたら意味ね〜よ」と思ったんじゃないかとすら思った。
日本のメーカーのつくるハイブリッド車も、なんだか金持ちの欺瞞に思えてくる。
本当は車を買い替える事の出来ない層でも排気ガスを減らせる安い装置とかを開発すべきじゃないのかな。
b0036733_2184330.jpg

車と工場と周囲を取り囲む山々、それがモンテレーのイメージかな。
ちなみに新しいメトロもあって、でもメトロなのに地上を走っている(ゆりかもめとか舎人線のイメージ)。バスもいっぱい走ってるので、車がないとどこにも行けない、という訳ではないけど、それでも基本、車(タクシーがめちゃ安、ショッピングセンターの中には人間の出入り口がなく全部駐車場にしか通じてないところもあるくらい)。
あと秋なのにてふてふが大量にいて怖かったよ・・・・。
b0036733_2191254.jpg

[PR]
by overrising | 2008-10-30 12:40 | 旅行 | Trackback(2) | Comments(6)
いかんせん宗教的裏付けないし、どうにもなんかの(お菓子?)メーカーの戦略としか思えないな。

さてそんな中<?>、メキシコと言えば骸骨祭り!! 残念ながらその時いることはできないけどいろいろ盛り上がってました、無論売り場がww
b0036733_20435178.jpg

ハロウィーンと骸骨祭りがどういう関係なのか私にはわからないけど、売り場はとても素敵でした。
デパートやスーパー、こんな感じです。私も自分のチョコレートとかいっぱい買っちゃいました。
きりがないっ!!!
b0036733_2044719.jpg

b0036733_20442045.jpg

[PR]
by overrising | 2008-10-29 21:00 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
久々に国際線に乗ったらいろいろ大変だった。だいたい私が前に乗ったときはまだ液体持ち込み制限なんてなかったから、コンタクトレンズ用液とか、日焼け止め乳液とか、手荷物にしたい液体は結構あるのにどうしよう、と不安。

まぁでも今は液体制限は緩くなってるようで、あまり心配しなくても大丈夫みたいでした。ただメキシコではX線検査の後安心してるとなんと飛行機に乗り込む直前に手荷物検査があって、私の前にいた人なんて飲んでいたコカコーラをとりあげられていました。ひえ〜〜、(でもそんなことするのは多分メキシコだけだと思う)。

さてさて、その、モンテレーというところには日本からの直行便はないので、どこかで乗り換える事になります。私はダラスで乗り換える事にしました。定時に着けば、2時間弱遊べる事になるのでちょっと楽しみにしてました。

行きの飛行機。ほぼ時間通りに到着。しかし驚いた事に、私はアメリカに入国するつもりなんて(今回は)ないのに、ただの通りすがりでも必ず入国審査を通過しないといかんのです。で、これがめちゃ混み。長蛇の列。ディズニーランドのように蛇行して延々列が続いているのです。で、これに1時間以上要し、中には半泣きで「次の便に間に合いません〜」と訴える人も続出(そういう心配性は間違いなく全員日本人でした)。

まぁ私は2時間近くあったので、間に合わない、というほどにはならなかったものの、そこからまた焦って次の便のゲートに急ぐと、ここでもまた手荷物チェックがあって、アメリカの場合、靴まで脱いでX線にかけるのでびっくらでしたわ。私が靴の中に何か隠し持ってるとでも??と言いかけて言わないけど。

そんなこんなでゲートについた頃にはほぼギリギリ。でも入国審査に時間がかかっていた為か、出発時間自体が遅くなることになっていました(たいていは待っててくれるのよね)。喉が渇いたので何か飲もうと、初ダラス空港のゲート近くをうろうろして見つけましたよ、こんなものを!!

なんだこれ、味の想像がでけん。これは飲まねば(チャイは本当は嫌いなんだが)。
b0036733_20593113.jpg

感想:ほとんど固まりになりかけてるというか液体として限界の硬さ。ついでにめちゃくちゃ甘い。ついでにチャイだから香辛料がピリっとする。つまりドロ甘ピリッである。正直これでは喉の渇きは潤わない。が、まぁ仕方がない。そうこうするうちに遅れていた飛行機も出発の時間となった。飛行機に乗れば水くらいもらえるだろう。

な〜んだ、ダラスでだ〜らだらはできなかったけど、帰りも又2時間弱ある。帰りこそダラスでだらだらするのだ、と堅く決意して飛行機へ。

さて中略、帰りの話。

帰りもほぼ時間通りにダラス着。入国審査はスカスカ。10分も待てば自分の番が来るだろう。と思ったら・・・・
b0036733_2059474.jpg

見て下さい。横入りですよっ!! なんとUSアーミーの皆さんがあとからあとから優先で入ってくるんです(並んでる人数は少なく見えるだろうけどあとからあとから来るのだ)!! 一見アメリカ人のようだけど、1/3近くは外人部隊なのね。この人たちは何人が主体なんだろう?? わからん、ってか軍隊ならなんでこんな一般空港を使うんだろう? 基地から行かないの?? いろいろ疑問は湧くが、なんとなくしゃべりかけたり、文句言ったりしちゃいけない雰囲気が濃厚。みんな黙って待ってるし。たいして役にたたないくせに世界平和に貢献するみなさんですからして、一般人はひれ伏して待つのが当然なんでしょうよ、きっとね。

そんなわけでまたもや時間がなくなる〜。 まぁ行き程ではなかったので、飛行機の搭乗時間もそのままだし、結局遊べるのは20分くらい。これじゃのんびりでけんわい。
b0036733_2103667.jpg

とりあえず何か食おうと見渡して目についたのがこれ。日本では行列ができるクリスピークリームドーナッツ。ショーケースに入っていて、自分で袋にいれてレジに持って行く。ドリンクの棚を見てこんな可愛い飲み物も発見、このデザイン、めちゃくちゃキュート!! エナジードリンクのせいか多少高め(2.5ドルくらい)、これとドーナツ2個で5ドル以下(ってことはドーナツ1個1ドルするかしないか)、日本のあれは高すぎじゃまいか??

食べてみると味も普通じゃん。並ぶ必要は全く感じないんだけど(って、最初から日本で並んで買うつもりなんて全くなかったんだけど)。それにしてもこのジュース、ラベルも可愛いけど味もめちゃくちゃ好み(うす甘〜い水にちょっと味がついてるみたいな感じ)。これ、3種類くらいあったなぁ。全部買えばよかったよ・・・。日本に入荷しないかなぁ〜〜〜〜。大事にラベルはがして持ってきちゃった。本当、可愛い。

ってことで全然だらすでだらだらできなかったよ、という話でした。本編メキシコ編はまた次週!!
[PR]
by overrising | 2008-10-29 12:17 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(6)
そうそう、モンテレーの映画館で映画を見ました。無論スペイン語は全くわからないので、多少はわかる英語の映画で探して(現地の皆さんはスペイン語字幕付きね)日本でももうすぐ公開の「ブラインドネス」。

すっかり伊勢谷友介と木村佳乃の話題で持ち切りですが、こっちは「がえるたんの故郷でがえるたんの映画見る〜」という感じ。悪役らしいので、「極悪がえるたん」に期待。

普段500円の映画館ですが、15時前だと(日本で云う早朝割引で)なんと330円、日本よりちょっぴり広いシートでゆったり見られました。

これね。流石、タイトルがスペイン語です。
b0036733_20553519.jpg

で、内容は・・・。これから見る人も多いだろうから特には書きませんが(調べるとあちこちで簡単なストーリーは探せるみたいだけど)私としては最後の最後にちょっとがっかり。え〜、だからぁ???って感じ。まぁ途中迄は「それからどうなる?」と思ってみてるので面白いけど。肝心のがえるたんは「やっと出てきたか」と思った途端「え、もういなくなっちゃうの?」状態でがっかし。 しかも「クールで冷酷でかっちょよい悪役」を期待していたけどそんなんでもないし。どっちかっつ〜とババいし(状況的に奇麗だったらむしろ変なんだけど)。
b0036733_20562262.jpg

そんな中、人懐っこいわんちゃんに癒されるのは世界共通っていうか、やっぱり殺伐とした気持ちになった時、小動物には癒されるよなぁ、と感じるあの可愛いわんちゃんの登場はよかったな。 なんか見てるこっちまでほっとした。あの犬がいなかったらあの共同生活はうまくいかなかったと思う。

ってことであの最後の結末はもう少しどうにかならなかったものかな。このての映画には多い事だけど、どうもラストが不可解っていうか不愉快っていうか。

映画館にはがえるたんの次回作<?>のちらしが貼ってありました。日本でも公開してくれるかなぁ。
b0036733_20564569.jpg

[PR]
by overrising | 2008-10-28 21:15 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

風邪が治りません

結局土曜も日曜も寝てました。これだけ寝てまだ寝れるというのはやはり相当体力が落ちているのでしょう。
なんの整理もできません、某人のソロコンも始まってますが、多分一度しか行けないだろうな(本当はもう一回追加しようかと思って画策はしていたんだけど、ここ2週間くらいと考えるといろいろ厳しいものがある)。
そろそろ今夜あたりは復活したいものです・・・。
[PR]
by overrising | 2008-10-27 09:14 | 戯言 | Trackback | Comments(4)
なんか帰るとバタンキューが続いてます。風邪のせい。夕べ随分寝たので大分よくなったけど。そんなわけで写真の整理ができなくて写真使わないで済むことばかり昼休みに更新してますが。

私が行ったのはモンテレイという場所。アメリカのダラスとかヒューストンとかを南下したところ。メキシコでは大きい都市だそうです。ここにきてよく聞こえてきた音楽の話。

どこに行っても聞こえてきたのが「まる〜ん5」と「みげ〜る・ぼぜ」。みげ〜る・ぼぜは以前私も何度かここでとりあげているんだけど、とにかくめちゃくちゃ凄い人気です。どこのCD屋も大プッシュだし、メディアでもとりあげられるけどショッピングセンターやプロレス会場など、とにかくどこでも頻繁に最新作がかかっています。スペイン語圏でのトップスターなんですかね。

まる〜ん5はバンド自体が人気なのか、たまたま「グッドナイト、グッドナイト」って曲だけが大ヒット中なのかわかんないけど、とにかく一日に何度も聞いたわ。あいむそ〜り〜、なんとかかんとか、ぐっない〜ぐっない〜って。

その他に英語圏のアーティストでは coldplay や verveがよくかかってました。そうそう、メキシコではなんとmuchmusicが見られるのよ。てっきりカナダの放送局でカナダでしか見れないのかと思っていたら、メキシコでもやっていて、朝からcoldplay がBBC社屋前広場でライブ中継とかうらやましい限りのラインアップですよ!!
で、muchmusic、調べてみたら
▪Much arabyeah 2006年から
▪muchmusic czech 2006年から
▪MuchMusic Latin America 1992年から もともとはアルゼンチン一国だったのが今では南米のいくつかの国でも放映、
▪MuchMusic Malaysia 2000年から
▪その他にコロンビア、シンガポール、メキシコ、とあるじゃないっ!!
なんで日本がないのっ!!!!!!!!!!!!!
とにかく一日中わりとUK寄りの選曲でPV等が流れまくる素敵すぎる音楽チャンネルなんですよ。もう毎日見ちゃってましたもん。日本でもやってくれ〜〜〜〜〜〜〜。

で、メキシコで流行ってる音楽の続きですが、coldplay や verveはまぁ理解の範囲ですが(新譜が出たばかりだからレコード会社がプッシュしてるのでしょう)、ちょっと驚いたのは tokio hotel や 30seconds to marsといった、ある意味ビジュアル系なバンドも大人気なんですよ。ちょっとびっくり。

あとOneRepublicがすごく人気でした。

で、スペイン語のアーティストですが、TV見て驚いたのはなんとフー・ファイターズがスペイン語で歌ってるんですよ!!!  おやこれまた一体どうしたこっちゃ、とよく見たら、「かふぇ・たくーば」っていうメキシコのバンドなんです。 もう顔がくりそつ!! おまけに音楽も、まぁ「ふー・ふぁいたーずの新曲です」と言われたら「そうか」と思う感じの、同じとは言わないものの、なんか「そういう曲でも不思議じゃないな」って感じの曲。笑えるので機会があったら是非確認して下さい。メキシコでは大人気のバンドだそうです。

いくつかCDも買ってきたのでそのうち個別に詳しく紹介したいと思っていますが。

あと私が muchmusic ばっかり見てたせいもあるのだろうけど、アルゼンチンの音楽が多かったです。特に気になったのが「ばばそにっくす」。 アルゼンチンでは老舗な<?>ロックバンドですが、電気屋で踊ってるPVの踊り方が超〜きもくて未だに頭から離れません。こんな変な奴らだったのかぁ〜〜。

当然のことながら、メキシコの美空ひばりこと「るいす・みげる」も相変わらずカリスマな人気でしたよ。

ライブはなんと私が帰った翌々日、モンテレイ・アレナという東京ドームみたいなところでNINのライブがあったんですよ〜〜〜〜〜<号泣>。まぁわかっていたとしても仕事の都合上20日以降会社休めない(休むとしたら一生休むことになる・・・・)ので絶対行けなかったんだけど残念すぐる・・・。
ライブが2日前に行われていれば行けたのにぃ〜〜。それにしてもTVでも全然かからないし、CD屋でもあんまりプッシュされてないし、おまけにCDがいやに高かったし(多分メキシコ盤が出てなくて輸入ものになるのだろう)、人入るのかとても不安じゃあ。

そうそう、メキシコで出されてるCDは安いんだけど、輸入版は高い。日本と一緒。プログレのコーナーがあったんだけどw、ほとんど日本盤ばかりで当然日本で買うより高かったです。マニアはどこでも大変だ・・・。OneRepublicもあんなに毎日かかっていたのにCD屋では超高くて「これなら日本で買った方が安い」と思ったもん。

モンテレイ・アレナではそのあとはマドンナやオアシスが公演予定だそうです。どんとるっくばっくいんあんがー熱唱するメキシコ人、見たかったなぁ〜〜〜〜。

ってことで週末にでもCDや写真取り込んで食べ物の話なんかもしていきたいと思いまつ。
[PR]
by overrising | 2008-10-23 12:31 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
最近の飛行機は自分専用の画面で勝手に映画とか見られるのね〜。それで映画も結構あったんだけど、あまり見たい映画はなく、ひとつこれは見たい、と思ったものが何故かいつもブロックノイズばりばりで、しばらくすると「時間をおいてから試してください」みたいな(みたいなというのは英語だから)表示が出て止まっちゃう。何度か試したけど、私が見たかった映画(実はハンコック)は全く見る事が出来なかった。

あとはなんか趣味じゃないのばっかり、周囲を見渡すとみんなsexなんとかって流行の映画を見てるみたい。なんかあ〜ゆ〜映画って男が「こんなのつくっとけば女って喜んじゃうんじゃね?」と言って作ってるみたいな気がして(偏見)だめ。だいたい主役の藤田まことよりもっと顔の長い女の人が嫌い。

でもまぁ暇だからいろいろ見てるうちにこれに行き着いた。まだ日本では公開してないと思う、swing vote。主演がケビン・コスナーなので「げっ」と思ったけど(私は嫌いなのだ)ひきこまれてしまった。
b0036733_10334045.jpg

舞台はアメリカの田舎町。娘と二人暮らしのケビン・コスナーは人はいいが粗野で無教養。選挙なんて全く無関心。娘は丁度政治や社会に関心を持ち始めたお年頃。学校でも選挙について発表したりしている。そんなある日、投票日がやってくる。娘は父親に「絶対選挙に行ってね」と念を押す(多分)。しかし父親は飲んだくれて選挙に行かない。それを知った娘は真夜中投票所に忍び込む。

この、忍び込んで眠ってる管理員をすり抜けてこっそり投票しようとする下りは、いくらなんだってそんなことできるわきゃないだろ、と思うシーンだが、なんせアメリカ映画ですから、そこまでリアリティを追求しちゃいけないのでしょう。見過ごして下さい。

そこからその最後の一票をめぐって全米がてんやわんやの大騒動になる、というコメディ。英語の台詞はよくわかんないんだけど全然飽きずにとても面白かった。最後に男は一票の重みにやっと気がつくという話。ケビン・コスナーは田舎のだめ親父を好演、娘役がやたらとうまい演技で、あまりにうまいとかわいげないぞ、と思う。他にも(私は俳優の名前を覚えるのがとても苦手)知った顔の役者がいっぱい出てたので豪華な俳優陣の映画なのだろうと思います。

私は学校が法学部で、もともと政治や法律に興味があったけど、世の中には無関心な人が驚く程多い。特に女性は「わかんな〜い」とか言う人がすっご〜く多くてびっくりする。なんで興味を持たないのかわかんないし、学校は物理や数学よりももっと社会的な勉強をさせるべきじゃないかと思ってるんだけど。そういう政治無関心な人にこそこの映画を見てほしい。私の英語力でもほとんどわかった程度の軽い内容の話だ、全然難しいことは言ってない。マジ、お勧めです(って、いつ日本公開かわかんないけど)。
[PR]
by overrising | 2008-10-22 12:40 | 映画 | Trackback | Comments(4)

初めての経験

現在14時、本来なら先週の分もばりばりに仕事してないといけない時間です。
が・・・・

人生初の時差ぼけ体験中。

海外旅行は10年振りなんだけど、その頃は考えられなかった。時差ぼけって何? 寝てないんじゃない? 飛行機で寝てれば平気だよ〜、と思っていたのだが。

今回は行った時も夜眠れなかったり変だった。だいたい私が「眠れない」というのがものすごく変なのだ。昨夜は早く寝たので絶対今日平気だと思っていたのに、とにかく目がしばしばしてさっきは理由もなくコンタクトがずれたりした。頭もぼ〜っとしている。
今仕事したら確実にミスる。明日もう一度全部確認しないといけないだろう。っていうかぼけてて考えられない。

ってことで今日はこのままこっそりぼ〜っとやり過ごし、仕事は明日からにしよう、そうしよう。申し訳ないけど定時までこっそりぼ〜っと、仕事してるふりをしなくっちゃ・・・・。

あ〜〜〜、年をとるって、こういうことなのね・・・。
[PR]
by overrising | 2008-10-21 14:20 | 戯言 | Trackback | Comments(3)
でも疲れたのだ、座り疲れ。
CDもいっぱい買ってきちゃったのだ、またまた。
でも実はCDよりチョコばっかり買っていたのだ、しかも多分食べずに飾るのだ。
あとでアップしまする。
[PR]
by overrising | 2008-10-20 18:23 | 戯言 | Trackback | Comments(0)