音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

デスロード

この映画はなんか結構ツボでした。好きなタイプの映画。脅す様な怖さはまるでないけど、ちょっとひんやりする感じ。
b0036733_16361158.jpg

実家に帰ろうとする女子大生。大学の掲示板で、同じ方向に向かう車を見つけ乗せてもらう。この女子大生が驚く位「ヤナ女」。でも実は「同じ方向に帰る」はずの男子大学生は、彼女に恋心を寄せていてなんとかチャンスをつくろうとした男で、実は道に不慣れ。なんとかとりつくろうも結局道に迷い、ますます女子大生にののしられる状況。

で、この、迷い込んだ道がいわくある道で、夜中はお化けが出て来てさぁ大変、みたいな。危機的状況の中で流石に「ヤナ女」もだんだん打ち解けて来て、最終的には彼ともうまくいきそうに・・・。

頼りないストーカーちっくな男だけど、見ているとだんだん彼に感情移入してしまう。大好きな女の子、なんとか気を惹こうと画策したのに、その女は自分勝手でイヤミな女だった。がっかりと怒りとが入り交じる中、さらにとんでもない事体に巻き込まれて行く。最後はちょっと切ない。

でもあのお化けはないよな、低予算丸出しっていうのか、あれならかえって「見えない」方がいい。何もないのに役者が「きゃ〜きゃ〜」言ってる方がまだわかる、それほどあのお化けの出て来るシーンは酷いよ。

あんまりホラーを期待しないで、普通の映画としてみてください。私はとってもお勧め。
[PR]
by overrising | 2009-05-27 18:35 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)

昨夜見たライブの話

ちょっと検索避けしますので読み辛いかも、ごめんなさい。

昨夜は「ま ぐ ま」というフランスのバンドのリーダーである「く り す ちゃん・ば ん だー」って人のソロ・ライブでした。ちなみに明日は「ま ぐ ま」本体のライブに行く予定。

神田にある小さなライブバーみたいな所が会場。地図を片手に歩くと、なんか住宅地の中っていうか、夜は全然人も歩いてないし、「え〜、ここ??」みたいな所。しかもギリギリに駆け込んだ訳でもないのにすでにほぼ満席。なんでみんなそんなに早く来るのぉ〜?? 一番前で顔見たい、って人じゃないのだけど(ほとんどカッパそっくりの髪型の「おぢいさん」に近いおっさんですから!)。

しかも楽屋がないのか、しばらくすると本人が普通に入り口から入って来てそのままステージへ(笑)。なんだそれ。

で、正直私がこれを見に行った理由は「もう二度と見れないだろう」からであって、正直、「ま ぐ ま」は好きだけど、「ば ん だー」のソロがいいとは思ってなかったの。「O f f e r i n g」というすっごく前に出たソロアルバムは全然つまんなくて、一度聞いたきり聞いてないし、なんとなく「つまんな〜い一本調子のジャズっぽいやつだべ」なんて考えてたのだわ。

ところが全然。全然予想を裏切ってよかったのだ。「ば ん だー」のピアノの弾き語りなんだけど、単調どころかバラエティに富んだ起伏ある構成で飽きなかった。もともとはドラマーなので、ピアノの演奏自体はまぁそんなに凄くはないけど、曲の展開が素晴らしい。すばらすぃい。二回言っちゃいましたよ。で、最後の方で「す て ら(妹、あれ、姉だっけ?)」と一緒にデュエットする曲なんて感動的でした。「す て ら」、可愛らしいボレロを着て、髪型も「ぱりじぇんぬ〜」で、カッパそのものの兄と好対照に素敵だったなぁ。あ〜ゆ〜髪型にしてみたいのだけどならないの、私のくせ毛<泣>。

ジャンルを分けるとやっぱり一応ジャズってことになるのかなぁ。ロックではなかったね。明日の「ま ぐ ま」はもうちょっとロックだろうと思います。

近々「O f f e r i n g」引っ張り出して復習したいです。で、またソロの新譜も出てるので買っちゃおうかなぁ〜。でもってますます明日の「ま ぐ ま」公演が楽しみになったのでした〜。
[PR]
by overrising | 2009-05-27 18:33 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(0)
最近、またふりふり、ひらひら、ピンタックいっぱい、な服に戻っている。 で~、久々にこういうの着てると考えちゃうのがトイレ。

丈が長い上にわ~っと裾が広がるから、狭いトイレだと裾が壁や便座に触らないように、ものすごく気を使って抑えながら入る。デニムでもバギーとかだと結構気を使うよね? なるべく綺麗で個室の大きなトイレに入りたいけど、必ずしもそういうところばかりにはいかないし。 うんと狭いところだと、本当に便座とドアの隙間がなくてギチギチだから困っちゃうよ。

そうそう、私のいとこでとても洋裁が好きな奴がいた。高校からそのまま大学に進めたのに(私立一貫校だったので)、わざわざ某服飾専門学校に行った奴だ。そいつが卒業するとき、就職どうしよう?という話になって、私は冗談半分に「ピンクハウスに入社してよ」(社販で安く買ってもらう魂胆)と言ってみた。翌日彼女が学校で、「いとこにピンクハウスに入社して、って言われちゃった」と同級生に言ったそうだ。するとその同級生、「え、そんないやらしいところで働くの?」と絶句したんだって。

夜の商売だと思われたらしい。違うって。そんな昔の話を思い出す今日この頃。。。
[PR]
by overrising | 2009-05-25 22:18 | Trackback | Comments(0)
さて、「1週間位書けないかも」との宣言をさらにオーバーしました。この間何か映画とか見た様な気がするけど忘れた。CDも買ったけどまだiPodに入れてない。携帯の写真データが残っているものから思い出して行こうっと。

さてさて、昨日、一昨日は と に せ ん のコンサートでした。あ〜っと、相変わらず席悪し。なにかきっと恨まれてるんだろうなぁ、事務所に。でもって多分か み せ んの時は良い席が来るんだろうなぁ(例年通りだと)。なんかきっとあの事務所は私と某さ か も と く ん を近づけないように<爆>してるに違いない。なんて嘘、単にものすご〜〜くくじ運悪いんだな。はぁ〜〜。

それにしたってさ、複数回行って、一度も一階席なし(それはつまり本人が近くに来る事も、落ちて来る紙テープを拾う事も、できないということ)ってさ、それで美味しい思いをしてる人達と同じ料金って、本当解せないっすよ。「悪い席のチケットを5枚集めると、次回はアリーナに行けます」くらいのことをしてくれたっていいんじゃない? じゃないといつまでたってもくじ運悪い人は悲しいまま、同じ料金をとられて、なんだか損した気分だけを延々抱えているんだよ・・・。

さて、最後の日はゲストでか み せ んが来ました。お か だがいっぱい喋るのでびっくり、具合でも悪いのか!?? 相変わらずどじなもうすぐ30歳、け ん ちゃんに癒されました。って、と に せ ん の話はどうしたんだ?って。今回グッズがね、人の持ってるうちわとか見たら「死人の様な」顔でびっくり。写真写り悪過ぎっていうか、白くし過ぎ(本人地黒なのに!)、まわり黒く塗ったら葬式で使えそうな写真だったので何も買わなかったよ。考えろよ>事務所! あ、さ か も と くんしか見てないので他の二人はわかんないです。 ってかもうちょっと髪の毛伸ばせよ〜〜、その髪型嫌いなんだよ〜〜(もしかしてドラマがあ〜ゆ〜髪型なのかなぁ)。

でもま、ミュージカルシーンもちょびっと見られたし、顔見なくても歌や喋ってるの聞こえれば幸せなの、うふっ。い の っ ち と二人でミュージカル調に歌うところとかすっごく好き。 昨日又ビデオ撮りしてたけど、あそこだけでも早くくれ。また一年待たせるんだろうけど。
b0036733_2224634.jpg

写真は会場入り口に飾られていた去年使った動くマイクスタンド。ライブ中話かけられた3人の人があとでここで写真を撮れるみたい。

二日有楽町に通ったので、早めのご飯を二回食べました。土曜はビッグカメラのちぼうで久々にお好み焼きのコースを。しかし大失敗だと思ったのは、お好み焼きを選べるんだけど、うっかり「広島焼き」を頼んでしまったら、次に焼きそばが出て来て。。。 なんだか焼きそば食べて、また焼きそばになってしまった。 あ、デザートが美味しかったでちゅ。

翌日は銀座の方まで行って、マロニエゲートで「インド王侯貴族のカレー」とかいうのにしました。びっくりしたことに全部の料理にちょびっとずつパクチーが入ってて、我慢して食べたけどなんでぇ?? インド料理であんまりねぇ?? だってサラダにまで入っていたんだよ?? 少量だったから我慢出来たけど、あれ以上臭かったら死んでました。あ、さ か も と くんもパクチー食べられないんだよね、お揃いお揃い。。。
b0036733_224866.jpg

ま、そんなこんなの先週末ですたよ。バックは去年にひきつづいてM A D 、席が悪過ぎて何度見ても顔覚えられませ〜〜ん。

そろそろミュージカルも見たいで〜す。吉報&召集令状待ってま〜〜す。

明日はクリスチャン・バンダーのライブで~~す。また明後日アップしたいと思ってま~~す。
[PR]
by overrising | 2009-05-25 22:15 | music : 日本 | Trackback | Comments(2)
なんかね、用事がある訳じゃないんだけどだめですね。家に帰ると一応パソコンはたいていつけるんだけど、別の事しちゃって。
今週は更新できないっす。来週ね、来週からなんとか毎日更新したいね、目標として。
CDもなにを書いたんだかわかんなくなってきちゃったし。まぁこのところ全然書いてないんだっけw

じゃ、来週ね〜〜。
[PR]
by overrising | 2009-05-14 18:10 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
今年二回目です。うれぴ〜試写会。しかしこれ、出した覚えない。。。でもきっと出したんだろうな、いろいろ応募してるから。期待してるのは全部はずれるんだよな。。。

さて、舞台挨拶ってことで久々に有名人をいっぱい見ました。浅野忠信、北村一輝、佐津川愛美、ジェロ、南野陽子、ユースケ・三玉リア、それに監督の細野ひで晃。ジェロはちょびっと歌いましたよw
b0036733_2126343.jpg

上の写真は勿論TVから。取材の人がいっぱい来ていたので写真撮影だめなんだって。

佐津川愛美って全然知らなかったけど、ホリプロの人なのね。他が全員背が高い感じなので、立ってるとチビ(150そこそこらしい)ぶりが目立ってちょっと可哀想だったな。ナンノは意外と大きいのね。変なロングドレス(襟から胸の下にテープがまいてあって、なんか胸を持ち上げてるみたいで変なデザインと思った)を着ていたので足下は見えなかったけどもしかして高いヒールだったのかも。
北村一輝が一番でかいかと思ったら、浅野忠信はもっとでかくてこれまた意外でした。と、何故か身長ばかり気になった。産多摩リアは相変わらずうざかったです。でもまぁ彼がいなかったら、ちょっとお通夜っぽかったのかもなぁ、みんな静かで。

内容は、クドカンものってことで、またなんだかわけわかめな世界かな、と危惧したものの、これはとってもわかり易い映画でした。内容言っていいのかな? 浅野演じる凸やんって人が、自分達の少年時代のことをそのまま小説にしてしまう。で、書かれたくない事を書かれた昔なじみの男(北村と産多摩)が「こいつを殺してしまおう」と思う訳です。で、いろいろ(酒に毒を盛ったり、とりかぶと食べさせたり)するけど全然死なない。死なない上に自分が殺されかけてるなんてまるで思ってない。超〜バカで鈍感。

なんだけど、最後に来て実は全部わかってたのかなぁ、とも思う。バカなふりをしてたのか? そこんとこははっきりしないけど。なんだか「さぁ、このあとこの人達はどうなるんでしょう?」みたいなところで終わった。続編ありなのか?

出産で舞台挨拶には来なかった真木よう子、私は彼女の顔が全く覚えられない。SP(ドラマ)にも出てたから何度も何度も見てるはずなんだけど、全然わからない。今回も「あれ〜、こんな顔だったっけ。。。」って感じ。いつ見ても違う人にしか見えない。多分町で会っても絶対わからないなぁ。なんでだろう。。。。
[PR]
by overrising | 2009-05-08 21:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)
b0036733_14533913.jpg

大学生達が自主映画を制作していると、ラジオから「人がよみがえって来てさぁ大変」というニュースが聞こえて来る。なんだかんだあって数名がバンに乗り込んで、ゾンビを振り切りながら実家を目指す話。

この間の出来事をずっとカメラに撮影して、それをyoutubeにアップしたり、なかなか今な感じだ。「ニュースは信用ならん、俺らが真実を伝えねば!」なんて決意もする。しかしそれは正義感なのか? 撮影に夢中で襲われている仲間を救うのは後回し、カメラを通す事によって現実感が薄れている。目の前で起きていることよりも、youtubeで「東京でもゾンビ大量発生で大変です!」なんていう映像を見て確認した事の方が真実味を感じるあたり、今の社会に対する嫌みのような気もする。いろんな要素がからみあい、いろんな解釈が可能な点でさすがロメロという印象。 ゾンビも奇をてらったものではなく非常にオーソドックスで良い。

ただまぁ、ゾンビ映画としては怖くないし、驚かないし、緊迫感もないし、その点でかなり不満が残ります。社会派映画(メディア批判、反戦など)としたら結構考えさせられる気もしたけど、そういうのを求めてる人が果たしてゾンビ映画を見るかなぁ?? みね〜だろ〜な〜。 

ってかあたちはもっと単純に死にそうに怖くて一人でもうっかり「きゃあ〜〜」と言いたくなっちゃう様な映画が見たいだけなんでちゅう〜〜<涙>。
[PR]
by overrising | 2009-05-07 23:00 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)
いやいやいや〜、月日の流れるのは早いですね。
GW、別にどこに行ったという訳でもないけどパソコンすらつけてませんでした。たまに携帯でチェックはしたものの。 目のお休み? でも結局PSPで遊んだりしてたので目に良かったわけでもないです。

さてさて、CDもDVDもいろいろ書く事たまってるんですがまず田舎に一泊して来た話を。
うちは親戚が殆ど東京都、だいたい大学に行くまで関東地方以外の人と話をした記憶がほとんどないっつー、地方知らない人なわけですが、唯一某<関東ではあるけど>地方都市(ちなみにU字工事から目の敵にされている県)に母親の姉が住んでいます。一人暮らしで、今病気なのでお手伝いに行った訳ですよ。
b0036733_14572953.jpg

ここに来たのも10年以上ぶり。なんかね、田舎でば〜ちゃん<母親の、それも結構上の姉なので80代>が一人で暮らしてる家ってびっくりだらけでしたよ。まず電話ねw しかも畳の上って・・・
これこれ。ぐは〜〜、なにかチケットとるとき黒い電話だととりやすい(ぴあとかにつながりやすい)という都市伝説があるけど試してみたいです。まぁわざわざここまで来ないけど。
b0036733_14575960.jpg

b0036733_1458205.jpg

客間。お土産にもらったものがとにかく大量に食器棚のようなケースに入ってて、もう和洋折衷というか、あれもこれも状態で、こんなケースが10以上あるよ。極めつけはシャンデリア。豪華なシャンデリアは良いんだけど、何故それにこんな貧乏臭い(失礼)誰かがつくったリボンの魚がぶらさがってる? シャンデリアの効果激減でしょう??? ついでにティッシュがデコレーション・ケーキに入ってるぅ!!!
b0036733_14584252.jpg

さらに深くびっくり。洗濯しようとすると洗濯機がない。土地が余りまくっているので、私の部屋の倍以上の風呂場があるのにそこにないし、軒先にもないし。 「洗濯機どこ?」と聞いてつれていかれたのが庭の物置。物の中から洗濯機がこんにちは。でもちゃんと水道や排水はつながってるみたい、すっごいシュールな光景ですた。
b0036733_1459915.jpg

庭は広いしお花は大量。でも木が茂り過ぎて<?>高い部分が電線に届きそうなので、切ろうということになりました。切っているのは私のおばさん(母の妹)w。私は下にいて、落ちて来る枝を集めてゴミ袋に入れたり、太い幹は束ねたり。それを5、6人掛かり(母、母の妹、私、母の姉Aの娘〜従姉妹だな〜)でやりましたよ。ちなみにその病気のおばさんは母の姉Bですww。とにかく女ばっかり。
b0036733_14592869.jpg

ちなみに私、映ってませんよw  
もともと現役時代の仕事の関係でいろいろ人付き合いが多く、もらいものも大量だった人なんだけど、病気になったせいもあってさらに家の中はもらったものだらけ。もらったクッキー、もらったお茶、もらったお皿等が大量にあって、当然食べ物とか期限もあるしどうすんの状態。私は会社もあるので一泊で帰ったけど、母と母の妹はまだいますww 片付いたかな。うちも物多過ぎ状態なんだから又いらないものもらってくるんじゃね〜ぞ〜〜。
[PR]
by overrising | 2009-05-07 22:50 | 旅行 | Trackback | Comments(2)