音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ぬーすいろいろ

8月も今日で最後。なんと久々に日数(31日)よりも書き込み件数の方がほんのちょっと上回りました。と言いつつ昨日も何も書いてないけど。

ちょこっとニュース
なんとあのKajagoogooにLimahlが復帰<大爆笑ものですが>。なにを今更と言っては実も蓋もないけど、今更ヒット曲と新曲、さらには未発表映像を含むDVDまでついたベスト・アルバムが出るそうじゃないですか。しかもカジャのみならずリマのあの有名なあれも収録だそうです。う〜ん、欲しいかも。何度も書いてるので相当しつこいけど、私が好きなのはリマじゃなくてたんぽぽ君の方なんだが。。。

これまたここ4、5日話題沸騰のにーちゃん、オアシスを脱退の話だが。脱退だの解散だのにいちいち反応してたらCUREのファンがやれるかっ!!!!!!! w
まぁ「またか」の話だし、そのうちシレ〜っと戻ってくるかもしれないし、あるいは本当に解散かもしれないし、でもこれまた今更〜だな。ノエルは環境替えた方がまた名曲生みだす可能性高いし、このままやっても初期のような傑作は出ないよ、もう。あるいは適当な頃にまた再開してもどうってことないし、本当、これ騒ぐ話じゃないという感じ。
もし解散して再結成するならボーンヘッドも呼び戻してやって欲しいね。

8月17日読売新聞の記事だから全然ニュースじゃないけど、
******
AP通信によると、米国の歌手ボブ・ディランさん(68)が先月23日、ニュージャージー州で警官に職務質問されていたことがわかった。
20歳代の若い警官2人は、ディランさんのことを知らなかったらしい。
ディランさんは同日午後5時ごろ、24歳の警官に「名前は?」と聞かれ、「ボブ・ディランだ」と答えた。
だが、警官は「ここで何をしているのか」と職務質問を続け、別の20歳代の警官も、ディランさんのことを知らなかった様子だったという。
ディランさんは、野球場で開かれたコンサート・ツアーに参加していたが、職務質問された時は身分証明書を所持しておらず、宿泊施設まで同行した警官は、他の出演者から身元を確認した後、「ご協力に感謝します」と礼を言って去ったという。
******

さしずめ日本で言ったら若い警官が北島三郎知らなかったという位凄い話なんだが。。。
でももしかしたら本当に若い人で北島三郎とか知らない人、いるかもなぁ。
ボブ・ディランのファンじゃないけどなんだかちょっとショックではあったよ・・・
[PR]
by overrising | 2009-08-31 18:10 | music : UK/US | Trackback | Comments(6)
結局このバンド、まだ生で見た事ないんだよなぁ〜。まぁちゃんと来日してないし。実際Wonder Stuff、Ned's Atomic Dustbin、PWEIといった一連のバーミンガム近郊ご近所同士ブームのさなか、私はひたすらNed's命だったし、でWonder Stuffというとどうしても「好きなバンドの親戚」みたいな感覚でしかなくて。改めてライブに行こうと思うので聞き直してみる。
b0036733_9485075.jpgそういうわけで自分自身CDとか音源をいっぱい持ってるわけじゃないけど、やっぱりまずはこの2枚。これから聞こうという人もまずはこの2枚を聞いてみましょう。これは今聞いても名作。Welcome to the Cheap Seatsみたいに、rockに基を置きながらもいろんな要素をここまでしつこく取り込んでなおかつPOPで聞き易い、というのは彼らの真骨頂。頭でっかちになりがちなことをやりながらも、そうならないところが偉い。

ここで勢いつけてついでにNed'sも来日してくれないかな・・・・・・

最近のライブから。まいるす、声出さないと誰だか全然わかんなかったよ。

ってかベスト盤とかも買ったはずなんだけどどこに行ったんだろう・・・・・・
[PR]
by overrising | 2009-08-29 12:01 | music : UK/US | Trackback | Comments(2)
ロバートのソロに引き続きPlaceboも特集してるので、Brian Molkoのソロワークも。この人も見かけによらず<?>結構お仕事が多いのです。

1998 : <Dream City Film Club>のSome を一緒に歌う。
2000 : <Ac Acoustics>のCrush を一緒に歌う。
2002 : <Trash Palace>のアルバムにゲストで歌う。
2003 : <Alpinestars>のCarbon Kid を一緒に歌う。
2004 : <Kristin Young>のNo Other God を一緒に歌う。
2004 : <Jane Birkin>のSmile の歌詞を書き、一緒に歌う。
2005 : <Timo Maas>と3曲競演。             2009 Placebo小特集 6/7で
2005 : <Indochine>と2曲競演+英語歌詞
2005 : <Françoise Hardy et Faultline>とRequiem for a Jerk を一緒に歌う。
2008 : Stefan Olsdalと一緒のプロジェクト,Hotel PersonaでModern Kidsを歌う。

2009 Placebo小特集 7/7で残り総括、っていう予定にしました。大丈夫か、もうちょっと伸びるか。extraつけるとか?

あと年代が分からないけど
Jane pour Cinema の"les paroles de Hypnotized"に参加してます。これがよくわからない。。。
JaneがJane Birkinのことだとしたら2004年のsmileの事になるのかなぁ。あとで調べないと。
あ、このsmileって曲、なかなか良いですよ。もる子とJane Birkinのデュエットです。彼女のRendez-Vousというアルバムに入ってます。これは多分普通に買えると思います。

何か他にわかっていることがあったら是非教えて下さいね <(_ _)>
[PR]
by overrising | 2009-08-28 23:21 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
pancake days

b0036733_11424272.jpg

パンケーキににこちゃん顔が焼き付けられているチェーン店。井之頭公園に入る入り口のところにあります。
お菓子系は勿論、軽い食事系もあり、ガッツリ食べたいわけじゃない時には良いです。
お店が小さいので、ゆっくり長居には不向き。持ち帰りだと100円安くなるみたいなので、天気が良ければここでオヤツ代わりにパンケーキ買って、公園でゆっくりするのも良いかもね。

写真上はパイナップル(暖かい)とココナッツの甘いお菓子系。
下はサラダとセットで野菜サンドみたいな感じになってるごはん系。
コカコーラが瓶で出てくるのがちょっとノスタルジックな気がしました。
[PR]
by overrising | 2009-08-27 12:35 | かふぇ<飯含む> | Trackback | Comments(2)
HATTIFNATT
b0036733_10441449.jpg

ちょっとわかりずらいところにある。西荻の方に向かってずっと行ったスーパー「つるかめ」の隣。
知らない人は地元民に「つるかめどこですか?」と聞いて行けば大丈夫。
b0036733_14263422.jpg

もともと高円寺かそのへんに本店があるみたい。めっちゃメルヘン。靴脱いで座る所なので、編み上げブーツだと面倒だよ。あと入るとき天井低いから頭に気をつけないと。
b0036733_14264420.jpg

上の写真は焼きプリンだったかなぁ、めっちゃ美味しかった。中にベリーが入ってて、濃厚な甘さにちょろっと酸味、すごく好きです。友達が食べたカレーもおいしそうだったよ。
b0036733_10435099.jpg

これはタコライス。キャベツやトマトが多くて(これはトマトタコライスだから、アボカドタコライスもあるよ)ご飯が少ない、ってかほとんど見えない。あとタコ部分はひき肉じゃなくて普通の肉を細かくしてるみたい(だからたまに割と大きな塊があったりした)。ヘルシー。

ただずっとボサノバ系の女性ボーカルの音楽が流れてる。こういう場所だから、そりゃインダストリアルな音楽がかかったらびっくりだけど、延々それも結構むかつくものがある。でも可愛いから許すよ。

値段もそんな高くないし、お勧めです。ひとつ難点は、友達と行ったとき会計を別にしてくれないの、レシートはくれるけど商品名が書かれてないので、各自支払いの時は自分の分の値段を覚えていた方がbetterですよ。
[PR]
by overrising | 2009-08-27 12:15 | かふぇ<飯含む> | Trackback | Comments(0)
1998年 の映画。大鶴義丹がモテモテの役なのだけど、どうも「あぁ、マルシアの情けない元夫」としか思えないのがなんとも。純粋に伝統的な日本の幽霊ものって、「恨んで怨んで」「愛して狂って」がメインだけどこれはまさに正統派。あまりにも愛し過ぎて狂気に陥り最後は怨む。男は調子のいいことを言うけどいざとなるとヘナチョコなのも日本の伝統なのか。

しかしホラーとしてメインともいうべき後半の幽霊のシーンがあまりにも陳腐。おつゆさん、おすずさんの顔の特殊メイクはメイクというより仮面舞踏会の「顔の上半分マスク」みたいにしか見えない。あれでは怖いというより「笑って下さい」だよ。

一番最後の現代のシーンもよくわからない。見る側に想像を促す終わり方だけど、「だから何?」って感じ。

一応「怖い」って評判だったから見たのになぁ。つまらん。あくびしか出なかったよ。
[PR]
by overrising | 2009-08-27 12:05 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)

国技館に行ったよ

b0036733_12573346.jpg

日曜日は国技館でDDT。なんと5時間半も!! やる方も大変だろうけど見る方だって疲れますがな。
写真は両国のホームから見た国技館とその隣の江戸なんとか博物館。昔Ned's Atomic Dustbinのマット君が行ったって言ってたなぁ(遠い目)、その時「私も今度行こう!」と思って行かずに早50年。
国技館は二度目。かなり前、やはり日曜日の昼頃友達から電話が来て「友達が急にどうしても行けなくなった、チケット代はいらない、頼むからこれから国技館に来てくれ」と頼まれ、行ってみたらみちのくプロレスだった。つまり私にとって国技館はプロレスをやるところなのだなぁ、しみじみ。
試合開始時間前にダークマッチ。ダークマッチでアントンが出て来るなんて(泣)。しかもダークマッチが2試合。そのうえそれが終わって午後5時から正規の開始時間なんだけど、まず最初にやったのがマイケルの肛門爆発、っていうか肛門大爆発というか。上の写真の左下、爆発直前の写真。ちなみに私は2階の一番前にいました。が、2階まで漂うほのかな火薬の匂い・・・。毎度の事ながらマイケル御愁傷様です。
そのあとはお笑いの様な試合があれやこれやと。ベルトがいっぱいかかったタイトルマッチ(ディーノvs高梨)はなんのベルトなんだかもわからんし〜(コピー&ペースト級のベルトとか、世界大森級のベルトとかそんなんだけど)、もちっとアナウンスとかちゃんとして欲しかったです。時間ないのわかるけど。
日本を代表するインディなエンタメプロレスとしてさほど文句のない内容でした。文句はちょっとあったんだけどここでは書かない、別の所で書いたから、もういいや、忘れよう。そうだ、いやなことは忘れよう。。。
とりあえずメインのHARASHIMA×飯伏幸太、よかったです。最後に「なんで〜」が言えなかったのは寂しいけど、飯伏おめでとうです。二人とも凄い。
b0036733_12574790.jpg

上の写真はお土産。みちプロの時はビデオをもらったな(時代ですな)。今のお土産はDVD。夕べ見たら、この前のはなやしきプロレスの試合が入ってました。その場にいたのにどこに行ったのかわからなくて??だった部分をいろいろ知れて楽しかったです(これはTV中継なかったし)。
となりは多分蝶野が出る試合の時に配ってるのでしょう、チューハイ蝶野version。強い人は糖類だってストロングにゼロなのでしょう(意味不明な気が>サントリーさん)。
[PR]
by overrising | 2009-08-25 12:55 | プロレス | Trackback | Comments(0)
b0036733_12432587.jpg引き続きTVのホラー・シリーズから「ゾンビの帰郷」と「ディア・ウーマン」を見ました。 案の定全く怖くないというかなんというか。
人、特に監督の名前を覚えられない私が知ってる数少ない好きな映画監督であるジョー・ダンテのゾンビ映画ということで張り切って見た「ゾンビの帰郷」。。。 なんとただの反戦映画でした。。。 しょんぼり。全然ホラーじゃないし。つまんないにも程がある。騙された感120%でした。
同じDVDに入ってる「ディア・ウーマン」はてっきりdear womanだと思うじゃん? ところがDEER WOMAN(鹿女)なのね。狼男じゃなくて鹿女。これまた「ふ〜ん、あっ、そう、で、一体どこがどのようにホラーなの?」って感じ。

あ〜、もうアメリカに期待しちゃあかんのか、ってことで次は邦画を借りました(後述)。
[PR]
by overrising | 2009-08-24 12:50 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)
b0036733_2322850.jpg

えっと、日本盤だとCDだけだけど、DVDつきもあって、表示がないんだけどアジア盤ってことは多分台湾製かな? 淡々と語るモル子はどっかの奇麗目なおばさんって感じでプチショック。まぁ丸刈り〜タよりはいいか。

一時期はケラングなどのメタル雑誌に取り上げられる事が多かったけど(海外で)最近はそうでもないみたい。まぁいわゆるUKものと考えるとちょっと音の方はヘビーだしね。なんだかんだ言ってもう6枚目のオリジナルアルバム。録音前にドラマーが交代、ここもドラマーがなかなか安定しないイメージだなぁ。あんまり裏方の人って覚えられないんだけど、mixがアラン・モルダー(流石にこの人くらいはわかるわ、須磨パンやN I Nやってたしね)のせいか音がますますそれっぽい(えーと、アメリカっぽいっていうか、メタルやハードコアじゃないけどヘビーな感じ? なんとな〜くバンド名から想像してつか〜さい)。

5曲目くらいまで神なのに最後の方つまんな〜い、ってアルバムが多いこの手のバンドにあってPlaceboは最後まで力が抜けないのがいい。曲の配置のバランスがいい、って言うんだろうか。iPodでついついシャッフルにしちゃうと全体の構成感がわかんなくなるので、これは順番通りに聞くのがお勧めです。

placebo特集、あと4〜5記事くらい続くと思います。

関係ないけどAlan MoulderってかーゔのToni Hallidayと結婚してたんだねぇ。。。。。
[PR]
by overrising | 2009-08-22 12:26 | music : UK/US

てぃむちん凄いかも!

こんな記事があった。
え〜〜〜〜〜〜、今頃ぉ〜〜〜〜〜〜〜???
CharlatansのTimは15年位前ず〜〜〜っとこればっかり飲んでたよ〜。
超最先端??
それとも単に一瞬流行って、廃れて、また戻ったってことかな。
私はこのジャックダニエルにコーラ見るとどうしてもTim思い出しちゃうんだけど。
そういえばサマソニにあったよ、確かに。そっか、若者に受けるのか。「なんだ、ジャックダニエルかよ、けっ」と思った私は若者じゃないからしょうがないのか。ジャックダニエルの量にもよるけど、結構濃くつくるのがイギリス流みたいよ。

って、ジャックダニエルってアメリカのお酒だったんだね・・・(わかってなかったです、とほほ)。
[PR]
by overrising | 2009-08-22 12:25 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)