音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

妙に忙しい

10年位前にお茶をやっていて(表千家でした)、ず〜〜っと忘れていたんだけど、最近フェルトもそうだけど、「毎月習う」んじゃなくてたまにピンポイント<?>でお稽古してくれるとこがあって、久々にやってきました。う〜ん、すごくいろんな事忘れてたから、たまには思い出さないといけないな、と。道具は全部貸してくれるんだけど、一応一通り持ってるのでおうちでも復習しないとね。
お辞儀、歩き方、お箸のあげさげまで、お茶と関係なく普段の生活でもきちんとした所作は素敵なものなのです。いや〜、知ってるはずなんだけどすっかりズッコケてましたね。反省。で、今回は裏千家の方に教えて戴いたので、ちょっとしたことがちょっと違っていて、そのへんも面白かったです。またすっかり忘れないうちに時々教えてもらいたいと思っています。
b0036733_16545222.jpg

昨夜はロフトで神実況トークライヴ2を見てきました。ゲストは本多選手。
写真の1は第一部、二人で喋ってました。ホストのヘアスタイル雑誌におまけでついてるDVDで、髪の毛のスタイリングの実況中継をやったそうです。とにかくなんでもプロレス中継にしちゃう!
それからものすご〜〜く狭い上に大入り満員のロフトプラスワン(簡単に言えばライブハウスです)でプロレス中継するっ!!ってんでどうすんの? と思っていたら...
名前忘れちゃったけど「なんとかさんという透明人間」vs「アーノルド・スケスケジャネーカー(透明人間レスラーとして超有名)」、そのうえレフリーまで透明人間という試合。透明だからテーブルの上で暴れても物は壊れないし、見てる人達にとっても安心な試合でした。
第二部にお待ちかね本多選手登場、写真2,3は「A.YAZAWA」に扮し踊り狂う<?>本多選手。
写真4は大人しく3人でお話するの図(映画監督目指して武蔵野美大に入った本多青年が何故プロレスラーになったかの話)。
写真5はシークレットゲストで東郷さんが登場、本多さんに手紙を読んでいるところ。このあと本多選手号泣(ノД`)・゚
写真6は当日のロフト限定で出たアントン・カクテル。甘くて美味しかったです。

などなど、なんだかいろいろ手広くやってます。来週はプラシーボ来るんで予習大会もあり音楽週間に戻す予定・・・ではあるんだが・・・
[PR]
by overrising | 2010-02-26 17:08 | プロレス | Trackback | Comments(2)
b0036733_12304319.jpg

Mewの東京公演が終わりました。1時間20分くらいだったかなぁ。夢のようでしたなぁ。よ〜なすの声が今までで一番安定していた気がする。本当に今一番好きなバンドだと再確認しました。やっぱりサイス(シーラス? なんど聞いても何と読むかわからん)のドラムは今世界一好きなドラムです。ドラムがダメなバンドは全部ダメ、というのも再確認しました。やっぱり素晴らしいドラムがベースにあって、そこに素晴らしい声のボーカルが乗ってこその夢心地であるのだ。
去年のサマソニは本当に残念だった。フェスだから好きなバンドが重なるのは致し方ないけど、NINとMewを重ねるなんて本当に人でなしでしかないと思うわ。他なんてどうでもよかったのに。
照明がアレな上、開場から時間がたってから入場したのでほとんど顔見えなかったけど、なんとなく全体にほんわかして可愛いバンドであることも間違いない。
正直、こういうバンド(暴れる人はいないだろう〜うるさいバカがちょっといたけど〜、映像が凝ってるのでまったり全体を見たい)の場合、席ありの劇場でもやってほしいなぁ。今のライブ会場って全部スタンディングだけど、Mewはゆっくり座ってのんびり世界に浸るのも楽しい気がするんだ。全部が全部スタンディングとかにしないで、多少はケースバイケースを考慮したらよくないか? これからロックファン<?>の平均年齢もますます上がる気もするし。。。

まぁそれはいいや。あ〜〜、コンフォーティング・サウンドが終わるとき、「あともう一曲やってくれないかなぁ」と思った。でもきっとその一曲が終わるときまた同じ事を思うのだろうけど。
別に会ってお話ししたいとか、サイン貰いたいとか思う訳ではないけど、早くまた会いたいなぁ。純粋にライブがもっと見たい。行き易そうなところでライブあるなら、今年こそついで旅行としゃれ込みたいなぁ〜。それにしてもヨーナスってなんであんなにいつまでも小動物っぽいんだぁ。
[PR]
by overrising | 2010-02-22 12:29 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(0)
MY BLOODY VALENTINEはもう過ぎましたが。
友達(女)からチョコレートをもらいました。最近は女子どうしでチョコをやりとりするのよね。私は最近の女子じゃないので、バレンタイン前のデパ地下みたいな恐ろしい所には行かないもんで、もらったときお礼より先に「チョコ買いに行ったんだ〜、すごいね〜、激混でしょ? むりむり〜」などと言ってしまったよ。
昔は結構ゴディバとか好きだったけど、それって雰囲気に流されてる、絶対スイスのミルカ(高級品ではないスーパーに売ってるミルクチョコ)の方が美味しいと思うようになり、最近は高級チョコなんてすっかりご無沙汰でした。で、貰った時も正直(もらったという事はとてもうれしいけど)そんなに旨くもなかろうと、味には期待してなかったのですが。。。。

これが一口食べたら、っていうか封を切ったらぷわ〜んと香る洋酒の香りに撃沈。旨い。旨過ぎるっ!!
b0036733_13461571.jpg

半分食べて、これは私も買いに行くっ! 忘れない様に写真撮るっ! と思って食べかけと入れ物を激写っ!! DEMELのショコラボンベです。
とにかくザッハトルテの中身が練り込んであるそうで、なによりほんわかとラム酒の香りが死ぬ程心地よいです。見た目じゃないなぁ。正直、見かけは丸いお饅頭の様で、しかも私の嫌いな真黒(ミルクチョコ好きなので薄茶くらいのチョコが好きなのだ)チョコなのに、う〜ん、説明できない! とにかく旨いです<この写真は薄い色に写ってるけど実物はもっと真黒っぽい>。
今度買いに行くですよ!! たまには違うもん食べてみるもんですなぁ。ってか本当に友達に感謝なのだ。今度会ったとき労おう!!
[PR]
by overrising | 2010-02-19 13:51 | かふぇ<飯含む> | Trackback | Comments(0)
b0036733_13371289.jpgいろいろ言われているけどマンチェスターのバンドに弱い私。う〜ん、あんまりこういう言われ方をされないのが不思議だけど、どう聞いても私には「21世紀のペットショップボーイズ(ちょっとニューオーダー入ってます)」に聞こえます。まぁPSBはあんまり好きじゃなかったけどこれはいいな。ピコピコなんだけどそこそこロックな部分もあって、だいいちメロディが良いです。好きなバンドbest5に入る事は絶対ないけど、「今年好きなCD」のベスト30くらいには入る感じ。
問題はライブと次ですかね。ライブ、なるべく行くつもりです。
[PR]
by overrising | 2010-02-18 13:41 | music : UK/US | Trackback | Comments(2)
うっかりしていたら随分時が流れてしまった。2/11ってもう1週間近く前じゃん!!
@後楽園(昼の方)。すご〜く近くにいじゅういんひかるさんが見てました。私は全然見てなかったけど、友達が「社長の入場の時も一緒にファイヤーやってて結構ノリノリだったよ」と言っていたので、楽しかったのでしょう。

最初は「本多、ササガバ vs 伊橋、高尾」
結果は予想通り。あまりに予想通り過ぎて流石につまんね。高尾のダメ過ぎに私の周囲一部だけ大ブーイング

「MIKAMI vs 松永」
たまにはまっちゃんにまともな試合をさせてあげよう、みたいな? でもごめん、どうだったか忘れちゃったよ。

「中澤マイケル、高梨、光留、石井ちゃん vs 大鷲、誕期、安部、安藤あいか、山本義徳」
この試合は・・・
まぁ忘れようにも忘れられないけど。。。(別に褒めてないけど)。嗚呼、きっとこれ見たから前の試合忘れちゃったんだな。いきなりいなくなったなぁと思ったら這って通路から入ってアイスリボンの子をおいかけてた光留選手、ご苦労様です。ごめんね、覚めた見方で。なんかちょっと可哀想、とか思っちゃいました。安部ちゃんも変態キャラで行くならあれくらいやりきろうね。
途中からゴジャ松がパートナーの女性と演歌歌い始めるわ、わけわかめでした。結果なんだっけ、無効試合だっけ。まぁ勝つも負けるもないわな、これ。って思ってたらマイケル勝ったんだっけ?

「飯伏、オメガ vs HARASHIMA、真霜」
なんか一応スター揃えた一番の試合だったはずなのにピリッとしなかったなぁ。なんでだろう。
特に真霜はあれれれ?? って、みんな(っていうか自分の周囲)拍子抜けしてました。もっと暴れて欲しいぞ。

セミファイナル 「KUDO、ヤス vs 高木、澤」
途中場外で高木が足を怪我したり、澤が流血したり、予想外が重なった試合だったけど、セコンド陣の使えなさがますます露呈。走り回ってるのまっちゃん一人って、後輩はなにやってんのだ。
わかんなかったらわかんないなりに先輩について走れよ! ぼけっと見守ってるってなんだよ。
その後おばさん達は飲み屋で「最近の子って、先輩がやってると『もうやってるからいいんだ』ってなっちゃって手伝いもしない!」という会話を繰り広げる事となるのだった。
しかし澤君は偉い。あれは本当に「使える子」であるよ。こういう良い選手がゲストに来ている時は、新人達はちゃんと見て、良い所を見習う様にして欲しいよ全く。

メインイベント 石川  vs  ディーノ
いや〜、ディーノがどうしたのって位に普通だったけどw、しかしこの試合は後半の石川に全て持って行かれたでしょう。こんなことをする人だったとは。みんな絶句してました。成長したのねぇ(涙)。大変だなぁ、まぁおちゃらけた人がやるのと違って、石川みたいな人がいきなりトチ狂ったみたいなのはなんかインパクトが大き過ぎて、私達はしばし口を開けたままになってしまいました。石川はまだしばらくベルト防衛しそうですねぇ。すごいすごい。

DDTはいくつか飲食店を経営してるんだけど、去年の暮れから営業してるえびすこ酒場という所に行って、上記の様にだらだら文句<?>言いつつ飲んできました。ここのお勧めはレバ刺しとか、鳥のたたきとかで、どっちもほぼ生なんだけど美味しかったです。
ちなみに私はこのあとノロウィルスにかかりますが、一緒に同じものを食べた他の人達(複数)はかからなかったので、この食事のせいではないです。これから行く人がいたらご安心下さい。
あ、デザートに宝石箱というアイスを食べました。大昔あって大好きだったんだけど、いつのまにかなくなっていたアイス。店頭には売ってないよね? アイスクリームの中にところどころ氷の粒がキラキラ光って、見た目も可愛いし、氷部分がアイスに爽やかさをプラスしてていいんだよね。懐かし美味しかったです。
[PR]
by overrising | 2010-02-18 13:39 | プロレス | Trackback | Comments(0)

カレンダーのこと

週代わりのカレンダーをトイレに貼っている。「ゆるキャラめくり」というもの。もう8週目くらいに入ったので、「こりゃ酷い」と思ったものを2つ紹介します。まぁ圧倒的に大人気のひこにゃんは全くの別物ですね(ひこにゃんは大好きなのです)、たいていは微妙だったりキショかったりしてます。
b0036733_15525657.jpg

それにしてもこれは酷いと最も思ったものがハッスル黄門。うちは水戸に親戚がいますが、誰も「茨城に空港は必要ない」と言っていますよぉ。ってかもうこれほど、空港自体いらないだろというそんな中でも多分日本一いらない空港でしょう。そんな空港のPRということから、最初から気の毒と言えなくもない。「特技はプロレス」とありますが、ハッスルってつぶれた団体ですけどぉ? もう名前から縁起悪いこと此の上なし!!! だいいちおじいちゃんじゃないですか。飛行機で諸国漫遊っていうけど、隠居老人ですよ??
米子市のヨネギーズもねぇ。「子供達にネギネギ言われても笑顔を絶やさない」って・・・。怒った顔ができないだけですから。なんでもかんでも目口つけてニコニコしてりゃいいってもんじゃない。キティちゃんでも、ひこにゃんでも、人気あるキャラクターってそんなにニコニコしてないんですよね。アカラサマにニコニコしてるのは、な〜んか逆に裏がありそうでみんな敬遠するんだと思います。ちなみに私、ミッキーネズミとか大っ嫌いでござんす。
[PR]
by overrising | 2010-02-17 16:01 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
b0036733_15441436.jpg来日した時にもちょろっと書いたけど、なかなかCD屋においてないこのCD。
実は面倒くさかったので会場で買いました。
で、何度か聞いてます。元気が出るねぇ。
CD聞いていいな、と思ったのはSex PistolsのE.M.I.。ピストルズだとあんななのに、ギャズが歌うとこんなに可愛い。ふにゃ〜っ!!
あとPet Shop BoysのWest End Girls、こんな大ヒットして耳タコなのに、ギャズが歌うとこんなに新鮮でこんなに可愛いっ!ふにゃ〜っ!!!
ま、単に私がギャズをこの上なく大好き、ってことなんですけどね〜。
サイン色紙をくれたけどこんなの。。。
b0036733_15435452.jpg

どうなってるんだ。どっちがどっちだ。
初来日の時、HMVだかタワレコだかのサイン会でもらったのがあるけど比べてみようとおもいつつ忘れてました。
あの頃はサイン会とか握手会とかいろいろあって、いっぱい近くに行けたなぁ。楽しかったなぁ。CD屋がどんどん減ってる昨今、出待ちとかしないとなかなか側に行く機会ってないんだろうなぁ。

嗚呼世知辛い世の中ですよ〜っと。
[PR]
by overrising | 2010-02-17 15:49 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
映画館でホラー映画見るの久々です。
b0036733_14141692.jpg
見る前に各所から「つまらん」「怖くない」など聞いていたので期待はしなかったのですが、それがよかったのか思った程つまらなくもなかったです。
っていうかホラーとしては上出来。多分ホラーファンじゃない人にはむしろつまんなかったんだろうなぁ。だいたいホラーって95%はB級低俗、ストーリー破綻してるわ、出演者変だわ、そんな映画ばっかりなのですよ。5%の素晴らしいホラーに出会うのは稀。つまらなくても「仕方ない」と思う事に慣れきっているものなのです、ホラー・ファンは。つまらなくてもどこか笑えたり、どこか怖かったり、どこか・・・まぁなんか良いところを見つけて「あぁ良かった」と思えればとりあえずOKです。
あとあんまりTVCMとか見てなかったので、みんなが「あのシーンは最初から知ってたから残念だった」という所を私は初めて見たので、そのへんもよかったのかも。そう、ホラー映画はなるべく予告見ない方がいいですね。たいてい一番メーンのシーンは予告で見ちゃってて、それ以上に怖いシーンなんてないのが普通ですから。
まぁホラーと思わないで考えれば、つまらん映画の部類のこの作品なのに、映画館はとても混んでいました。上映館が少ないせいもあるだろうけど。で、途中くすくす客が笑うところがあって、そのへんなんで笑ってるのかわかんなかったけど何だろう。ラストの終わり方は斬新でよかったですね。思わずず〜っと待っちゃったもんねw その後大爆笑に包まれて、なんとなく(ホラーなのに)会場が一体感に包まれてほんわかしたムードになったのがさらに笑えます。
[PR]
by overrising | 2010-02-16 14:23 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(2)

なんと!!

いろいろ書きたい事があるのだけど、 ずっと具合が悪くて、それでも先週はいろいろ用事があって外食ばかりしていたので、何が原因か解らないんだけど、腹痛が治らないので病院に行ったら、「ノロウィルスです」と言われました。
検査もなく症状だけでほんまかいな? でもなんかすごく流行ってるんだそうです。
で、で、で、「無理して食べても消化しないから無理に食べない様に」と言われたんですが、「頑張って食べない様に我慢して」と言われるのならわかるのですけど、食欲は全然変わらずいろいろ食べたいんですけどねぇ。消化しないんだったらそれこそどんなにバカ食いしても太らないってことだったら、今こそチャンス!な気がしますけど。だめっすか? よくわからんわ。

とりあえずものすごい大量の液体を注射されて、食後に飲む薬もらって、今会社です。相変わらずお腹がしくしくしますが、それだけです。もう腹ぺこなんですけど、いっぱい食べちゃってもいいでしょうか。
[PR]
by overrising | 2010-02-15 11:49 | 戯言 | Trackback | Comments(5)
b0036733_1015266.jpg

う〜む、成る程。話の筋はみんな言う通り普通過ぎてびっくりだが、やっぱり映像は奇麗だった。3Dで見ると暗いという噂もあったけどそうでもなかった(自分が心配し過ぎてたのかもしれない)。第一公開後ずいぶんたつのに、未だに劇場が満員でこれは本当に驚いたよ、 今まで話題作でもこんな満員だったことなかったもの、自分が見た中では。
もう一度みたい、という気持ちもわかる。私は今はもういいけど(DVD出たらその頃には忘れてそうだから又見てもいいかなとは思うけど)。
背景も言われている通りかなりロジャー・ディーンの絵そのまま。あれが具現化されているのだから幻想的でかっこいいのは当然。ただそんなにリアリティがなかったように思う。というのは以前、確かサン=テグジュペリの映画(山の上を飛んでくやつ)を3Dで見て、高所恐怖症なもんで気持ち悪くなって途中でほとんど目を塞いでいたんだけど、これはどんなに高い所を飛んでるシーンでも全然怖くなかったから。登山ものの映画とかもだめなんだけど、これは全く怖くなくて、それってやっぱり全然リアリティを感じられないからじゃないかなぁ、と思ったのだ。まぁ目をつぶらずに全部見れたから、私的にはOKなわけだけどね。それに幻想的なシーンでクリオネみたいな妖精は出てきたけど、蝶とか全然出なかったのでそれも大変好感が持てます。悪趣味な監督だったらきっと蝶がいっぱいバタバタ飛んでるシーンとかありそうだな、と思ったけど、最後まで私でも楽しく見る事ができました。まぁ蛾とか蝶とか、すごく高いところとか、嵐の海とか、そういうのがなければ目をつぶらずに全部見ますよ、私は。 ってことで勿論嵐の海シーンばっかりな印象のタイタニックなんて見てませんが、監督さんには是非私の嫌いな物をとりのぞいた映画をまた作っていただこうと、勝手に思う所存でございます。
[PR]
by overrising | 2010-02-12 10:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)