音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

とゆー怒涛の格闘技でー。
まず武蔵野公園くじら山というところでNKWという草プロレス(そんなジャンルがあるなんて・・・、ってかプロじゃないんだけど)の団体を見に行く。前回の工場プ ロレスが人多過ぎだったので、13時開始のところ1時間前に着くように行ってみた。ら、たいした人数いなくて安心というかびっくりというか。まぁDD Tのホームページにもなんの告知も無かったので不思議に思ってたんだけど、やっぱり一応他団体の試合だからなのだろう。
どういうことかというと、「誰でも挑戦してこい」と言った社長に、アマチュアのレスラーが「じゃ私が」と応募、そのまま試合が決まってしまったというものなのだ。普通に考えて速殺なはずだが。。。
ともかくNKW(nukui kusa wrestling)という団体はそのへんの公園でよく試合を組んでいる団体らしい。ご丁寧に選手紹介のパンフレットもいただいた。正直ここまでくれるなら、ちゃんと試合順に選手を紹介してくれたらもっとよかったかも。

第一試合は
b0036733_16356100.jpg

中学生レスラーという子と、もうちょっと大きいお兄さんの試合。お兄さんが負けてあげた感じでした。

第二試合、これは噂に聞いたことがある下町プロレスの人らしい。
バカボンのパパ
蟹K☆ING
トーキョートム
の三人による3wayの試合、バカボンのパパがなかなか良い味を出していて、良い試合だった。解説がちょっとうるさい。

第三試合学生プロレスみたいな連中がいっぱい出て来る。正直長過ぎで飽きる。

そして第四試合がお待ちかね、KO-Dタッグ選手権試合
高木三四郎&澤宗紀 VS 挑戦者軍団ひとり&キム・ヨッチャン
b0036733_1675142.jpg

挑戦者の片方は歯医者さんだそうだ。。。 公園なので山あり谷、はないけど小川あり、泥の水たまりあり、なので「おとなげない」チャンピオンチームがあちこち遊び回る。泥だらけ。
ついて回る方も結構大変だった。そのうち戻るだろうと思ってしばしリングサイドにいたけど全然戻ってこないので、えっちらおっちら私も移動したけど、まぁキャンプ場プロレスの小型版だな。社長はなれっこだろうけど、澤君は楽しんだっぽい。

この試合のあともまだ2試合残っていたけど、友達が急ぎの別件があったので帰る事に。
私は家で休憩してからまたオールナイト新木場へ。家で寝っころがりながら相撲見てご飯食べてK1見て、友達との待ち合わせにはまだ時間があったのでもうちょっとTV見ようかと思ったら、亀田が出て来たので消してすぐちょっと早めだけど出かける事にした。

それにしても自演乙が勝つとは思わなかったなぁ。

で友達と晩ご飯食べて新木場へ。えっと、家でも晩ご飯食べたような気がするけどまぁいいや。
b0036733_16133938.jpg

自然食のお店で有機野菜のパスタとデザートは白玉と抹茶アイスの下に黒蜜味っぽいゼリー、旨す。

翌日1時から普通にプロレス興行。1部はわりと普通。2部のウルトラマンロビンの試合はおいといて、普通に考えてつまんなそうなデート企画のビデオが結構面白かった。進行役のタノムサク鳥羽リポーターがすっごいいい味出してた。でもって3部のゲンタロウプロレス研究会も面白かった。
GENTAROといえば昼間の公園にも親子で来ていた(近所らしい、来たついでに選手権の認定宣言を読まされていた)なぁ。これも凄く面白かった。マイケルは(GENTAROだってマイケルがこういう人だってわかってるはずなのに)さんざん怒られていてチョット(本当にちょっとだけだけど)可哀想な気が。。。 あとは大方私もそう思ってました。
ってか一番怒られるべきだと思う安倍選手が出てなかったのはなんでだ(マジに怒られるからかなぁ、なんて思ったりした)。

と、忙しい一日だったのだった。
[PR]
by overrising | 2010-03-29 16:21 | プロレス | Trackback | Comments(0)

65daysofstatic 来日公演

とっくに終わっちゃったけど。。。

よかったです。音の洪水って感じ。あっと言う間だったけどね、1時間半ないくらい。まぁインディ系ってそんなもんだけど、本当にあっと言う間に終わっちゃった感じだな。
DVDも見ていたんだけど、メンバーの容姿が全く覚えられない。良い意味でも悪い意味でも「そのへんにいるアメリカ人」っぽくて、絶対町中で会ってもわからないな、ってかステージに出ている時でもよくわかんないもん、スタッフなんだか、バンドのメンバーなんだか。。。

今はみんなスタンディングだけど、こういうのは椅子のあるところで目を閉じて聞いていたいなぁ。いや、容姿は関係なく音の話だよ。
[PR]
by overrising | 2010-03-25 16:39 | music : UK/US | Trackback | Comments(2)

箱つくってます

相変わらず何故か更新できませんが。。。

最近は相変わらず音楽三昧、プロレス三昧、に加えて羊毛では箱作りに凝ってます。小箱です。つくってもそんなに使えないんだけど、なんか楽しくて。。。
b0036733_12541135.jpg

一番最初につくったのが1のやつ。小さい四角の箱。中に指輪を入れてみるとこんな感じです。
となりは丸いのを作って、さてどうすべ〜?と悩んで口の部分を波系にして目をつけてみました。何入れよう、キャンディとか入れたいけど、飴って殆ど食べないから持ってないしなぁ。
3のやつも丸いボックス。中に腕時計を入れてみました。ちと大きい。

こういうのを作るには土台が必要なので、丁度良い大きさの土台になるものがなかなかなくて。。。
3の丸いのはペコちゃんキャンディが入っていた缶です。缶とか、何か丁度良い大きさの物があれば、それを使って同じ大きさのものが作れます。ただお湯を使うので紙だと怖い(一応ビニールでくるんだりはするけど、それでも大事なものだと濡れる危険があるから使いたくないのだ)。
あといっぱいつくっても何に使おうかなぁ、ってのもまた悩みざんすよ。。。
[PR]
by overrising | 2010-03-23 12:59 | 羊毛+アクセサリー | Trackback | Comments(4)

また来週の予習中の巻

来週はまたまた念願の65daysofstaticのライブがあるので最近はその予習です。
新譜もこれから出るそうですが、あくまでこれからということなのでとりあえずはライブを聴いています。
b0036733_12292111.jpg
Escape From New York、CDとDVDの2枚組ライブ。DVDはライブがまんま入ってるのかと思ったら、ドキュメンタリーなつくりでちょっとがっかり。音の方は「シューゲイザー+プログレ」という感じですかね。美メロないとダメ、とか声がないとダメ、とかな人はダメでしょう。演奏が凄くいいし、曲も面白い。なにより去年サマソニで見たライブがすっごく良かったし、とっても楽しみです。


[PR]
by overrising | 2010-03-19 12:31 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
b0036733_1238940.jpg

上の写真をよく見て頂けば、なんとなく意味が分かると思いますが、チャンピおンに成った時、澤君が「外で防衛戦したい」と言ったのをうけ、今回工場での試合になりました。浜松町からモノレールに乗って初めて昭和島という駅で降りました。地図を見てもとにかく何も目印が無いので右往左往(こんな場所に降りる人は全員同じ目的のようで、全員で右往左往)、なんとかやっとこさ宮 地鉄工所というところへ。するともはやそこは人で溢れ返り、多分試合なんて全然見えそうにないという状況(あとで聞いたけど東 京0 3というお笑いトリオの人もいたそうだ)。

とはいえ試合が始まるとグダグダとあちこち移動するので見えたり見えなかったり。自販機に乗ったり、リフトに乗ったり、ロッカー壊したり、というのはわりといつもの光景なのだけど今回一番違ったのは熱い鉄を冷ますためにある砂。これがなんでも最高600度くらい(仕事が終わってしばらく冷まされていたので表面は200度くらいまで下がっていたらしい)あったらしく、それのかけあいで大社長は火傷するし、四人とも砂だらけでめちゃめちゃ汚いしもう大変な状況へ。

それにしてもたった一試合を、しかも随分わかり辛い場所までこんなに大勢が見に来るとは。。。 って自分もか。。。 次は公園プロレスかお寺プロレスらしいです。。。

そして昨日の日曜日は普通に後楽 園ホールで普通に試合。大社長の火傷の包帯が痛々しい。 真 壁選手の大応援団にびっくりしたり(女性の声援も多くてさらにびっくり)、いつもと同じでありながらいつもとちょっと違う雰囲気でした。
b0036733_12512785.jpg
14周年記念でキャンディを売る、というのでなんか気になり購入。選手の顔がプリントされた小さいぺろぺろキャンディでした。。。 これを食べろと?? しかもあちこちでさんざん14周年と言っていたのに、実は(計算したら)13周年だったというオチでした。 まぁこのへんのぐだぐだもいつも通りか。 関 本に勝てそうな選手は誰だろう。次の挑戦者は高 梨、いつでもどこでも挑戦権を手にしたのはよりによって大家選手でしたよ。。。 まぁその次に期待しましょう。。。。
[PR]
by overrising | 2010-03-15 12:56 | プロレス | Trackback | Comments(0)

未更新記録継続中?

いやなんか全然書けなくて。。。

ちょっとだけ思ったことを。
こんなニュース(正確にはニュースではないけど)を読みました。

うん、私は結構CDを買っているんだけど、なんか最近はCDを買ってもそのままiPodに入れて、そうするとCDで聞くように並んだ順に聞かずに結構シャッフルで聞いてたりしてしまう。
一昨日くらいにピンクフロイドが1曲単位での販売を禁止してアルバム単位で売るようにする判決が出たけど、それ読んでもこうして勝手にシャッフルして聞いてるのは、アーティスト側からすると「やめてくれよ~」ってことになるんだろうなぁ。子供の頃、レコードを買って、わくわくして家に帰って聞くという、あの感動はもうないしなぁ。早く聞きたければなんとか先に音源ゲット!なんてこともあるし、便利ではあるけど感動は確実に減っている。「ジャケ買い」なんてものもだんだんなくなったし。

デジタル世代にとって音楽ってどういう価値があるんだろう。なんか私の世代とはちょっと違うんだろうな、と思ってしまう。いいとか悪いとかではないけど。
良い音楽を作っている人たちが、それなりに評価や対価を得て、みんな幸せになればいいのに、と偽善的に思えることを真剣に思ってしまいました。
[PR]
by overrising | 2010-03-14 21:40 | 戯言 | Trackback | Comments(1)
いや〜、終わってしまいました。mewもヨー茄子の声が絶好調でしたが、盛る子も大絶好調な歌声を披露してくれましたね。素晴らしかったです。なにもコメントが無いです。ただひたすら良かったですわ。満足。何か書こうとしても言うべき言葉が見当たりません。

さてしかし、5月以降なんかあったっけ? なんだかがっかりな状況になりそうです。
[PR]
by overrising | 2010-03-08 16:58 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
ぐほっ。いろいろ途中のままですが。。。
さてPlaceboの来日公演直前です。
予習に、一応最新アルバムであるBattle for the Sunは勿論ですが、以前書いた様に彼らは日本では考えられない位海外では大人気なのですよ。そのため海賊盤もものすごく大量にあります。
私は少ししか持ってませんけど、直前予習にとてもお勧めなライブがこれ。
去年Battle for the Sun発売直前くらい(多分)にベルギーのCirque Royal(ぶりゅっせる)で行われたライブ。Battle for the Sunの曲もほぼ演奏してます。音はまぁまぁ(ライン撮りと思われ、そのわりにはあんまり良くないけど無論オーディエンス録音よりは良いです)。Cirque Royalというとその昔、私の好きなバレェ団が・・・(以下延々と思い出話しになるので割愛)、行った事は無いけれどあんなところでこういうライブが行われている事にちょっと感慨深いです。だいたいこの劇場は当時オランダに支配されていたベルギーが独立運動になるきっかけが・・・(以下また延々と誰かに語りたい思いを押し込めて)。
ちらっと検索かけたら例によってyouつべにいっぱいあがっているようです。

ちゃんと見てないけど大丈夫かな? 家に帰ったら見てみます。まぁ音の方は直前予習にどんぴしゃだと思います。大推薦なり〜。
[PR]
by overrising | 2010-03-04 12:06 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
b0036733_14533525.jpg 淡々として長いイメージフィルムという感じだった。
去年から休日ともなると、三鷹あたりには太宰ゆかりの地ツアーの皆さんがどっと押し寄せて来ていたのだけど、太宰フィーバーは今の時代の閉塞感とも相まってまだまだ続きそうです。

主人公は恐ろしくモテモテ。会ったとたんに全ての女が彼に恋をする。そして男もすぐに女を受け入れる。ん〜と、確かにトーマはハンサムでかっこよくて私も大好きではあるけどさ、それにしてもなんだか???でしかないんだなぁ。そのへんの説得力がまるでないというか。

ついでにMTVのようなイメージ部分、トンネルの中で上から線香花火が降って来るとか、列車の中で死んだ人別れた人が次々現れるとか、そういうのいらないと思う。そこから類推せよ、と言うんだろうけど、私は何も感じなかった。感受性ゼロと言われればそれまでだけど、あんな陳腐な表現で何を感じろと??

ま、それよりも中原中也の出番が少な過ぎるだろ、と。

正直「だから邦画は貧乏臭くていやなんだ」と、子供の頃ゴールデンタイムのTVはアメリカドラマで占められてた時代の生き残りは不満に思う。自分に近い分、どうしてもみみっちく感じられてしまう。登場人物が、自分と似ても似つかない青い目の金髪とかならもっと「そうかもしれない」と思えたのかもしれないけど。な〜んかありそうでないだろう、という部分で不満が残っちゃうのだ、ドメスティックな映画やドラマって。まぁ個人の主観なんだろうけどさ。

<追加>写真は前売り券を買うとついてくる一筆箋。おまけはゲットしたいものだ!

映画の後、さんざん飲み食いしてお腹いっぱいなのにうっかり<?>10年ぶりくらいに頼んでしまったプリンアラモードがこんな凄まじい物量で、結局半分しか食べられなかったのが一番の思い出かも。。。。
b0036733_1552726.jpg

[PR]
by overrising | 2010-03-02 16:00 | 映画 | Trackback | Comments(2)

Owl City / Ocean Eyes

b0036733_1174614.jpgさてぴーたーさんとうってかわってとってもポップなこのアルバム。これまたとてもお気に入りでよく聞いてます。
どんな感じかというと、う〜ん、Linus Of Hollywood + たひち80 みたいな〜。
イギリスだとデルフィックになり、アメリカだとこうなる、とも言えますかな。
とにかくメロディラインが秀逸、聞き易いことこの上ない。胸キュンなボーカルも愛らしく、一緒に歌いたくなる様な感じですね。
マイスペで人気に火がついた、という話しだけど、みんなそんなにマイスペやってるのかなぁ。私はほったらかしだわ。。。確かにこういう新しい素敵な新人君もそういうところなら頭角を出し易いのだろうけど、あまりにいろいろありすぎておばさんにはわけわかめなんだわ。。。
ってことで「話題になりまくってから」ゆっくり聞かせてもらっている現状で満足かな。これから春に向かってウキウキ気分にぴったりな一枚なのです。
[PR]
by overrising | 2010-03-02 11:16 | music : UK/US | Trackback | Comments(4)