音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

こ〜んの新譜がやっと出るそうだけど、その日本盤の販促グッズがあぶらとり紙なんだって(ココ参照)。

HMVにもアマゾンにもあぶらとり紙の事は書いてないみたいなので、もしかするとたわーだけかもしれませんね。え、別に欲しいわけじゃないけどさ(と言いながら実は欲しかったりする。でもあぶらとり紙って持ってるけど全然使わないなぁ)。
[PR]
by overrising | 2010-04-30 16:43 | music : UK/US | Trackback | Comments(2)

試合じゃなくてイベント

某6のコンサートの前に、またまたぷろレス関連のトークイベントがありました。
いや〜、笑ったわ。下手な漫才よりよっぽど面白いのが恐ろしい。
しかし場所であったロフトプラスワン、会社帰りにハラペコで行くのにとにかく何を食べてもうまくない。無論持ち込み禁止。なんか考えて欲しいわ、出前とれるとかさぁ。あとやたら遅いのもどうにかならんのか。調理しないでパッと出せて美味しいもの、何か考えてくれ!!
[PR]
by overrising | 2010-04-30 10:39 | プロレス | Trackback | Comments(0)

今週は某6のライブだよ

4/28から5/3まで代々木で某6のコンサートです。
私は2回行くのですが、どちらも最悪な席です。
最初と最後に3Dの映像が出るんだけど、2階のもっのすごい上から見ても全然3Dになんて見えません(ノД`)・゚
本人たちがいくら2階花道までやってきても、全然近くありません(ノД`)・゚(ノД`)・゚
アリーナと言わなくても、せめてどっちか一日だけでも1階くらい、あるいは2階でももうちょっと前で見たかったなぁ(ノД`)・゚(ノД`)・゚(ノД`)・゚

モニターや照明は凝っていたけど、ちょっと前のように「舞台セットに1億円!」みたいな豪華絢爛な装置はまるでなく、でもその分脇目見ずに本人たちの歌や踊りを堪能できたような気もする(前向きに考えよう!) ただ一番最後の曲では昔見た周囲に水がさ〜っとカーテン状に出て来てその上をレーザー光線が彩るあの劇的な演出のイメージが強かった曲が、とっても地味に終わって、なんだかこんな浮世離れしたアイドルのライブにすら昨今の不況を色濃く感じる悲しい結末ではあったわ。まぁフルコーラス演奏されたので(前回は2番抜きだったよね)そこはとてもよかったけど。あ〜、本当にこの曲は「世界の名曲20選!」くらいには入れたい名曲ですなぁ、滅多やんないからその分たまに聞くと感動するわ。

さて、最近あんまりTVにも出ないし(グループとしては、個々では活躍してるメンバーも居るけど)、多分世間的には「あの人たち、まだやってるの?」とすら思われてるのかもしれないけどご安心。原宿駅前には「チケット譲って下さい」のカードを掲げた女性たちがいつも以上にいっぱいいてちょっと自分もびっくり。いつも最後の日はこういう人達が凄くいるけど、昨日なんて中日だったのに。意外と激戦だった??

さて、私はあと東京楽に入ります。あ、昨日はまっ すーが来てました。やっぱり可愛いなぁ〜。彼はほのぼのしちゃいますね。ってことで席以外は満足して帰りました。
帰りに食べた(夜なのに)アフタヌーンティー・セット。下はマンゴーカレー、上はマンゴプリン(フルーツしか映ってないけど)、それとお茶のセットで1890円でした@千疋屋。千疋屋とかタカノとかのオーナーになって毎日食べれたら幸せだろうなぁ〜(いやいや、ますます太ってしまうがな)。
b0036733_10345774.jpg

[PR]
by overrising | 2010-04-30 10:25 | music : 日本 | Trackback | Comments(0)

またまた趣味の話ですが

またフェルト話。
とにかく前にも書いたけど、「とりあえずいろいろゲットしたい!」物欲満載なわたくしは、羊毛もいろんな種類を持ちたがる。
まぁ羊さんの種類(メリノとかコリデールとか)もあるけど、やっぱり物をつくるのに一番感心があるのは色ですよ。自分で染める人もいるけどそれは大変。てっとりばやく買って来る。まぁ簡単にこんなのがあります。
b0036733_15525035.jpg

専門店の量り売りもいろんなお店があって、とりあえず近所にもあってそこでだいたい買ってます。見本に出したのはつい最近通信販売で買ったもの。安くて良かったです。ハマナカやクローバー、それにユザワヤで輸入してるやつとか、凄く奇麗なんだけどあまりにも高くてコストパフォーマンスが悪過ぎる。ここぞ!という時はいいけど、私なんて初心者なので、失敗して惜しくないものって考えると、専門店での購入がいいです(まぁ専門店というのはやっぱり数少ないので、どうしても通販になり、そうすると思った色と違ったとかありますがねぇ)。
そうそう、先日新宿のABCクラフトというお店に行きました。フェルト関連は品数激少!で残念だったけど、ここって布地が凄い!! スッゴイ凝ったのがいっぱいあった。まぁ私はパッチワークとかつくらないし、普通の裁縫はとても苦手なので何も作れないけど、見ていたらどうしても欲しくなってしまった。
b0036733_15575727.jpg

どうすんねんこの布。。。 ってか結構ゴスロリな模様の布がいっぱいあって楽しい。ユザワヤでは見かけないものばかり。世の中凄いなぁ!!
ってことで最近気に入って作ってるのがバネで開閉するポーチ。このバネが結構安く買えるので、失敗してもキニシナ〜イ程度の金額でできるのがうれしい。楽しくてちょっと時間があるとどんどん作っちゃうので、そのうちまた友達に強引に渡す日が来るかもしれませんが、「イラネ」と思った時でも、「素敵ね」と言って微笑んでから後ろでこっそり捨てて下さいませ(まぁ本当に値段的には安物ですから遠慮はいりません)。
[PR]
by overrising | 2010-04-30 10:20 | 羊毛+アクセサリー | Trackback | Comments(2)

すっかりまたまたまた

更新が遅くなりました。
ってことで<?>某所から東京タワーを超えたばかりの「お空の木」がよく見えたので写真とってみました。
新しい東京のシンボルとなるのでしょうか。なんかこれ見てたらパリに行きたくなった(たんに海外に行きたいだけですが)。
b0036733_1016822.jpg

b0036733_10161681.jpg

[PR]
by overrising | 2010-04-30 10:16 | 戯言 | Trackback | Comments(0)

CDを買お~

買っても全部聞いてないけど。。。 でもこのままだと「豪華○枚組特典いっぱい秘蔵もの!」みたいなもの以外はダウンロードオンリーになっちゃいそうです。

ってことでこれから私が購入予定なのは
来月いよいよ(やっとだよ)出ますよ~、なMondo Cane / Mike Patton これは楽しみ。
Keane の Night Trainも面白そうなのです。
そしてここからが問題なんですが、
**Charlatans の Some Friendly (Expanded Edition)
**Cure の Disintegration: 20th Anniversary Edition
どっちも私は楽しみにしてるけど、要は焼き直し、熱心なファンのコレクターズアイテムでしかありません。
あともう発売されてるけど DovesのBest盤、これもまぁベスト盤だしねぇ。
ロバートの参加してるアリスのサントラ、これはサントラだしねぇ(これとDovesはどっちも実は買ってはいるんだけどまだ手元にないのだ)。
ってことでなかなか通常のバンドのCDって出ないですネェ。。。

ってことで本文と全然関係ないけどいつもイタリアンPOPSの紹介をしてくれる某所で見たPVが忘れられないので貼っておこう。今年は女性ボーカルがきてるみたい。有名な「You can't hurry love」をイタリア語でやってます。ココをクリック。力強い歌声とノスタルジックな雰囲気が凄くよいですわ。
[PR]
by overrising | 2010-04-25 22:30 | music : UK/US | Trackback | Comments(0)
え~っと、もう3日前になるけど、久々に平日新木場開催のDD Tでした。
う~ん、なんだっけぇ。その場ではげらげら笑ってたんだけど(しかしプロレス見に行ってげらげら笑うって・・・)、まぁ今私にとってプロレスはその場で楽しむものだから、忘れちゃってもまぁいいか。
その日どんな試合だったかは忘れちゃうんだけど、次回大会でやるあの試合が見たいとか、そういう次への期待は忘れないんだよなぁ。

あ、思い出した。イタリア軍のラストマッチだったんだ! すっごい大事な試合だったのに、あっと言う間に忘れたのはササガバの親戚の参戦が決まって安心したせいでもある。これからは敵同士になることもあるかもしれないけど、東郷さん引退までにまた一度くらい3人でタッグ組んで欲しいなぁ。ふにゃふにゃ。
[PR]
by overrising | 2010-04-24 23:55 | プロレス | Trackback | Comments(0)
b0036733_2314185.jpg

忘れないうちに、と書いたけど当分忘れそうにない。こっそり公開されたとき見に行きたかったんだけど行けなかったこの映画、やっとDVD借りて、朝お出かけ前に見るという、なんという無謀な私。
とにかく気分の悪くなるような残酷でどろどろした映画は結構見慣れてるはずなのに、これは凄い。よくこんなこと考えたものだわ。まさに鬼畜です。作者も鬼畜なら出演者も相当なもの、もしも私が役者だったとして、オファーが来て、この台本読んだら絶対辞退するもん。どうして平気でこんな映画に出られるの?って思う。

まぁ異様に残酷なのはともかく(残酷なだけならもっと酷いのもあるが)、展開は面白い。こんな展開するのかぁ、ってそこはちょっと感動。マーターズって意味わかんなかったけど、殉教者だそうです。なんでこんなタイトルか、というのは最後まで見るとわかりますが。

SAWシリーズ、キューブシリーズ、ハイテンション、屋敷女、そういう類に分類されるのだろうけど、それらとはまた一味違います。残酷でいや~~な感じしかしないけど、ある意味ゴスです。でもそれは映像美ってわけでもなく、内容的な意味です。お勧めできる人はとても限られるなぁ、何か見て、それによって気分がすごく左右されちゃう人にはあんまりお勧めしないです。でも「ちょっとくらい残酷でも平気」だったら是非見てください。いいか悪いかは別にして、凄いと思うであろうことは請合います。
[PR]
by overrising | 2010-04-24 23:27 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(0)

Fjieri / Endless

b0036733_153807.jpg昨日のPorcupine Tree に続いてその関連で、Porcupine Tree のメンバーで元Japanのリチャード・バルビエリを始めとしたその辺人脈の参加したイタリアのユニット、Fjieriのアルバム。
ある意味当然のことながらPorcupine Treeに似てる。もうちょっとフリーな感じもするかな。最初と最後は歌なし曲で、ちょっとアンビエントというか「ずっとこんなんだったら通勤途中に眠くなっちゃうな」と思っていると、歌つきのやつは結構POP(まぁ普通に言うPOPSではないものの)だったりして、割ととっつき易い。歌っている3人は全部ゲスト。イタリア語で歌われるAd Occhi Chiusiという曲はなんかとてもJAPAN風。ANDREA CHIMENTIというイタリア人歌手が歌ってるんだけど、彼の声がデビシルに似てるからなのかも。これを聞くとなんだかとっても「JAPANって早く出過ぎちゃったんだろうな」という気がして来る。知らない人には是非聞いて欲しい。
そのあと、No-ManというバンドのボーカルTim Bowness(イギリス人)が歌ってる曲が2曲入る。これもなかなか良いのだ。
そして3人目のボーカルがAfter Dinnerという日本のバンドのボーカル、hacoさん。なんか聞いた事ある声だとよ〜く考えたら小野洋子に似てる声なのだった〜。日本語と英語の歌詞で(ほぼ同じことを日本語と英語で歌ってる)、陽が出てる時は隠れて夕闇が訪れるとみんなで踊るよ〜みたいな内容。なんだ狼男の話か。。。 正直こういうのって歌詞の内容わかんない方がかえって良いかも、そう考えるとイタリア人の勝利!?
これまた貼れないので下のものを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=gdxGoj9_VGc&feature=related
個人的にはこの曲(イギリス人が歌ってる)よりイタリア語と日本語の方が好きだけど。
[PR]
by overrising | 2010-04-22 18:10 | music : UK/US以外の国 | Trackback | Comments(5)
夕べはAXN主催のフラッシュフォワード&Lostプレミア上映会に行ってきました。まぁ試写会です。
フラッシュフォワードは期待のSF大作ドラマですっごい興味があったので当ってラッキーでした。しかも行ってみてわかったけど普通の試写会より全然豪華っ!!
まぁ試写会と言ってもいろいろあるんだろうけど、私が行っていたのはたいてい延々並んで待って〜、みたいな感じだったけど、昨日はなんとかホールとかじゃなくて普通に映画館(ヒルズ内のあそこ)だったので、行くとそのまま受付で招待状を座席指定券に交換。つまりそこから先は開演時間まで全く自由。全然並ばないの。もうこれだけで私は「超ラッキー!」と喜んだわ〜。
b0036733_10191064.jpg

お腹がすいていたのでそのまま食べ物とか売ってるコーナーに行くと、アリスのおまけつきカップで飲み物が買えるので、800円でチェシャ猫 マスコットのついたカップでコーラを購入。無論ホットドッグとポップコーンも忘れない。映画館でコーラとポップコーンを買わないと法律に違反してる様な気がしてしょうがない。
でもって会場に入ると座席に袋があって、いまどき驚く程豪華なちらしやパンフレット、アンケート、それに懐中電灯付きボールペンが入っていた。このボールペン、すごくいいんだけどボールペンの芯の部分が少なそうで「替えられるかなぁ」と調べたけどどうも替芯を入れられそうにないのがとても残念。使い捨てなら懐中電灯がもったいなさ過ぎる〜。あと最後だけどアンケートを戻すと小さなマグネットクリップをくれました。それと一番豪華なお土産が、スポンサーからベイリーズを一瓶!! 「どうせミニチュアボトルでしょ?」と思ってたんだけど、ちゃんと普通に(大きい瓶ではないけど)売ってるようなサイズでした。「ロックでお飲み下さい」とアナウンスされてたけど私はミルク割りで飲むぞ〜。
ってことで今時にしてはちょっとバブリーとも思える豪華さ。客席にはお父さんが犬で妹が上戸彩なあのお兄さんがいました。Lostファンかなぁ。 司会はクリス・ペプラー(何故か噛みまくっていたけど)。で、ゲストにフラッシュフォワードに出演した竹内結子と知らないアメリカ人俳優(まぁドラマの出演者なんだけど)。結子さん、随分前に見た時は可愛い感じだったけど、昨夜は可哀想な位細くて、まぁ大人っぽく奇麗になったという感じなんだろうなぁ、いや、あんなに細いと隣にいたら思わず「荷物持ってあげようか」と言いたくなりそうでした。ってか「私の肉、少しあげましょうか」かな。まぁもらってくれるわけないが。

で、肝心のドラマだけど、FFは期待通り楽しそうで、本放送楽しみ。でも、やっぱりいくら家のTVが昔に比べて相当大きくなったとはいえ映画館のスクリーン&音にはかないませんもんねぇ。こういうSFはこういう大迫力で、邪魔の入らないところで見るのが一番ですなぁ。まぁ楽しい思いをさせていただきましたよ、ありがとう>AXN

さて今日は多分世界で一番可愛いあの人のお誕生日です。はっぴーばーすでーろばーと。一緒にベイリーズを飲みたいなぁ。
[PR]
by overrising | 2010-04-21 12:10 | TV | Trackback | Comments(0)