音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いろいろあるけど・・・

今週は更新できないかも。。。

付録関連は相変わらず買いまくってます。そろそろやめないと家中ふろくで溢れ返りそう・・・
土曜日は久々にフェルト講習に行きました。いつもと違う先生。これもそのうち書きたいんだけど。
その前の日はプロレ ス関連のイベント、これも面白かったので報告したいのだけど。
あと今日から運動しますっ!!
えっとえっと、そのほかいろいろあるけど今週いっぱいまでは仕事がつまってるのだ。
スージーのDVDはまだ探せてないけど、延々CDを聞いているなぁ。。。 バンシーズ、久しぶりに聞くと本当にかっこいいっす。無論ギターが誰かさんのころね。。。

ではまたそのうち。
[PR]
by overrising | 2011-05-31 17:38 | 戯言 | Trackback | Comments(2)

超〜久々に本の話

一時期カテゴリーに「本」をつくったはずなんだけど、あまりに書かないので消したらしい。だから今回は「戯言」カテに入ってる。しかし「戯言」ばっかりになっちゃうのだよなぁ〜〜。

最近読んで面白かった本がコレ。
めんそーれ!観光プ ロレ ス、はじめました。―新し く生み出す経 営力b0036733_1350294.jpgすっかり沖縄プ ロレ スに毒されてますなぁ。。。
作者はあのスペ ル・デル フィン。本人が「お金かかるからゴーストラーターは雇わず自分で書いてます」と言うだけあって、確かにこれが本職の物書きの文章だったらどんだけ〜って感じで、でもお金とって他人に読んでもらうんだからもうちょっと推敲しようよ、とも思ったりする。多々「?」な文体ではあるものの、平易な文章で読み易い。自伝的な要素を含みながら、プ ロレ スの経営について、団体を率いて人間関係、金銭問題に格闘しながら沖縄県の観光の一つとしてのプ ロレ スを定着させようと努力している姿はなかなか感動的。
とりあえず現地でハ ブ男やシ ーサー王の闘いを見て来た者として、これはなんとか本当にビジネスとして定着できるといいなぁ、と思う。正直、行く前に読んでおくべきだったなぁ、現地の情報紙とか全然見なかったから、惜しいことをした。新しい世代もきちんと育っているようだし、たまに他県にも出張して名前を売りつつ、沖縄旅行の目的の一つになるよう祈ってます。
[PR]
by overrising | 2011-05-25 14:00 | 戯言 | Trackback | Comments(2)

ガンツ last

映画館でGANTZ PERFECT ANSWERを見て来ました。
前のエスターのところで書いた様に、この手の映画であんまり厳しく「辻褄があってるかどうか」考えてはいけないのだ。ぼけ〜っと楽しむ、そこが肝心ですよ。で、楽しかった、私はね。
DVDで見たエスターや30ディズナイトよりもっともっと血飛沫舞い散るしね。

ただね、ただ最後がね〜。途中でなんとなく「あぁ、最後こうなるな」と思ったんだけど、実際そうなっちゃったら、じゃこのままずっと彼は・・・。

それって現代のお釈迦様なのかしらね。

でもって結局GANTZは何?

でもって地球にはいっぱい星人達がうじゃうじゃしてる、ってことなの?

ちっともわかんないから是非3を製作してくだちい。
[PR]
by overrising | 2011-05-23 15:00 | 映画 | Trackback | Comments(2)

久々に映画の話

いや、CDラックに入りきれないここ数年のものをそのへんにためておいたら、もう一体CDやDVDがどこにあるのか探せない状態。そのうえ3月の地震でCDラックもぐちゃぐちゃになり、全くなにがなんだか。あぁ、きちんと整理しなおしたい。。。

ってことで家にまだ見てないDVDが大量にあるはずなのに、何故かレンタルして見てしまった2本。

話題のホラー「エスター
とにかく「これは怖い!」と言う人がたくさんいたので、まぁ騙されたと思って見てみました。
えーとね、ただのホラーというよりちょっとサイコっていうか、スリラーっていうか、確かに面白いです。だいたいホラーやSFって辻褄があわないことが多く、そんなこまけー事ごたごたぬかしてると楽しくないぞ!みたいな感じで多少の理不尽な展開はこっちも諦めてたりするんですが、このテのものにしてはかなり丁寧に「理由」を作り込んでいるのが素晴らしいです。

3人目の子供が死産で悲しみにくれる家族が養子をもらうことに。孤児院で偶然素晴らしい絵を描く少女を見つけ、彼女を連れて帰る。しかしその女の子は・・・・

ラスト近く、この子の素性が明らかにされてからも手に汗握る展開なのだけど、ネタバレは若干遅かった方が楽しめた気がする。その直前くらいに多少「もしや」とわかる展開なんだけど、でもかなりの良作品です。97点つけるぞ。

そういえば私の知ってる女がもう50過ぎてるのに、下手すると中学生位に見えちゃうんだけど・・・。


もう一本「30デイズ・ナイト

冬になると雪で閉ざされちゃう最北の町。30夜はその間陽が出ない期間。

ある意味オーソドックスで普通なんだけど、意外と楽しく最後まで見れました。まず映像が綺麗、登場人物も美形が揃ってて目に優しい<?>。 これでもう少しグロかったり、スプラッタだったりしたらもっと良かったんだけど、綺麗にまとめすぎたきらいが。 でも楽しめました、70点位かな。
[PR]
by overrising | 2011-05-23 14:55 | 映画<ホラー> | Trackback | Comments(2)

情けないことに・・・

そうだ、スジバン見返さなくちゃ、と思ってDVD探したら見つからない。
例によってあちこちばらばらにいろんな物がいろんなところにある私の部屋。。。
来週にでも大掃除しないとまたわからないよぉ~~。

ってことでもしかするとしばし更新できないかも。まぁ違うこと書くだろうけどね。。。
[PR]
by overrising | 2011-05-15 20:46 | 戯言 | Trackback | Comments(0)

いろいろと

ロバートの特集は次回からスジバン特集へなります。ギタリストとしてのロバートについて、まぁもう一度振り返ってみるのもね。でもcdとかDVDとか探さないと見つからない。。。

えー、いろいろ今考えるところがあります。実は2月に入院した友達が先日亡くなりました。

亡くなったという連絡をくれたのは彼女の内縁の夫で、病院から(お見舞いに来た人のリストからだと思うけど)「亡くなったらこの人にも連絡を」といわれたのだそう。

その内縁の夫というのは去年の9月、突然姿を消していた。それで彼女はしばらく不調になって食事バランスも悪くなっていた。そんなときに病気になったので、病気と免疫低下が重なって普通以上に状態が悪くなったのじゃないか、と私は思ってる。

私が最後にお見舞いに行った時もまだその彼氏は戻っていなかった。そのときもずっと具合が悪そうだったので、あんまり頻繁に連絡しちゃ悪いかと思ってしばらく黙っていたら・・・。 多分相当重態になって相手の家族に連絡してそれで戻ってきたのじゃないかな。なんかそれで「内縁の夫です」と名乗られたので、なんだかなぁ、なんかもやもやする。

あと病院。

正直入院するときてっきり手術するのかと思ったらなんだかんだで手術しないという。彼女はかなり楽観的な人間だったので、「いろんな治療があるから、2ヶ月くらいで退院して通院治療、夏には仕事に復帰できるよう会社にも約束してもらえたし」と、その時点で自分が治らないとは思ってない様子だった。

入院したばかりの時もやたら元気で、暇だ暇だ連発してたし。でもそれが抗癌剤投与から一変して具合悪くて何もする気のおこらない状態になった。2ヶ月以上その状態だったと思う。そして亡くなった。

あれだけ楽観的でも、具合悪い状態が1ヶ月も続いたら、流石に気がついたんだろうな、と思う。なんかさ、延命ってなんだろうと思うよ。たとえ残り寿命が2ヶ月から1ヶ月に減ったとしても、ぎりぎりまで抗がん剤なんて投与しないで、もうちょっと好きなことできたらよかったのに。

治ったらまた行きたいと言ってた喫茶店とかさ、そんな遠いところじゃなくて本当に近所なんだよね。そんなちょっとしたことくらい、もうちょっとできたのに。ちょっとばっかり長く生かせるなんてなんか意味あるわけ?

自分も最後のお見舞いのとき、あれ言えばよかったとか、あれ言わなければよかったとか、今更だし、彼女は気にもしてないだろうけど。

いろいろ欠点のあった人だけど、最後まで彼氏の悪口は言わなかったな。 まぁよく考えたら彼女の長所は人の悪口をほとんど言わないことだったような気がする。

ずっと前、もう一人亡くなった友達がいる。考えてみたら、彼女も他人の悪口を絶対言わない人だった。あ~、私って、悪口ばっかり言ってるな。。。。
[PR]
by overrising | 2011-05-15 09:25 | 戯言 | Trackback | Comments(4)
b0036733_17263015.jpg
ということで最新作はこちら。Japanese Popstars の Controlling Your Alleglance。アイルランド出身のライブ・エレクトロニック・トリオ。なんと日本先行発売で、本国では6月にならないと発売されない上にボートラ付きです。これもPVはなさそうなので、音の方はマイスペでチェックしちゃってください。
ロバートは5曲目のTake Foreverという曲で歌ってます。シングルカットされた8曲目のDestroyにはジョン・スペンサーが参加。ダンス・ミュージックとしてはほどよくキャッチーでほどよくダークでカッコいい。それにしてもロバート、クラブ系に入り込み過ぎてる気もする。まぁこれをそのままCUREに持ち込むとは思えないけど。

肝心のCUREは今年の夏は活発に活動するみたいでライブもちゃくちゃくと決まってます。あ〜〜、私の行けそうな場所に、行けそうな時期に、なるべく早く情報流してくれたら頑張るんだけどなぁ。いまんとことても行けそうにない情報ばかりです。いじめっこか。

あと、6月にJohn Martyn(2009年1月に60歳で亡くなったイギリスのシンガーソングライター)のトリビュート・アルバムが出るけどそれに参加してます、CUREじゃなくてまたrobert個人名義だけど。このアルバム、BECKやフィル・コリンズ(隠居したんとちゃうの!?)も参加決定してて要チェケですね。
[PR]
by overrising | 2011-05-11 17:38 | music : the cure | Trackback | Comments(0)
b0036733_10221779.jpg
と、書いたものの、このアルバムに実は入ってないのだよねぇ。Crystal Castlesはカナダの二人組、最初のアルバムがCrystal Castles、で2010年に出した2枚目のアルバムタイトルもCrystal Castles。ややこしいったらありゃしない。
で、彼らのnot in love という曲(10ccではない)にロバートが参加してるというのでこれを買ったら、これには入ってなくて、ituneで買えるシングルがCrystal Castles featuring Robert Smithなのでしたよ。だからCDみたいな物としての媒体では売ってない、と思います。いやどっかの国で出してるかもしれないのでなんとも言えないけどね。
エレクトロ・パンク・デュオ、なんだそうだけど、クラブ系とは言えかなりロック・テイストがあってアグレッシブで意地悪系なところはプライマルやPRODIGYとかに近い気もする。
どっちにしてもロバート特集なので、一応写真はこのアルバムを載せますが、あくまでituneで売ってるシングルの方ですので、お間違いない様。探すとyoutubeにいっぱいあがってるんだけど、ちゃんとしたプロモビデオは多分ないので、どれも適当な写真や動画に歌をくっつけてるだけになってます。
[PR]
by overrising | 2011-05-10 10:37 | music : the cure | Trackback | Comments(0)
その〜、まぁたった3日ですけど、沖 縄に行ってました。
2泊3日で4回ぷ ロ レス見てたんだからなんですよ、もうゴウ ヤどこ?  米 軍いるの? 海あるの?
な感じ。
でも沖 縄ならではかな〜と思ったのが古酒カレー。めちゃ旨でした。見てよ、これ。 沖 縄に行かれる方は是非トライして下さいね。2回食べて来ましたけど、そのうち我慢できなくなったら通販しちゃうかも。ぶくぶく珈琲というのは那覇のあちこちで見かけまして、これもあんまり珈琲好きじゃない私でも割といけました。カプチーノみたいなクリームじゃないのよ。
b0036733_16555784.jpgプ ロ れすは例によってD D T目当てだったけど、現地の沖 縄プ ロレ すも見ました。で、お土産がこれ。
バッグと代表的な選手のお守り!! 強力に守ってもらえるのでしょうか? なんか可愛いっす。
沖 縄プ ロレ す、マジ面白いですよ。沖 縄行ったらカレーとプ ロレ すですよ〜。
[PR]
by overrising | 2011-05-09 16:58 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
b0036733_11136100.jpg
もう1年前のものになる。 65 Days Of Static の We Were Exploding Anyway。 これ、凄く良いアルバムで、初めて聞いてもかっこいいし、何度聞いてもやっぱりかっこいいの。去年の来日のあとに出たんだけど、来日前(あるいは中)だったらもっと盛り上がった筈なのに、なんかちょっと残念だった。
以前の作品に比べて曲の展開が落ち着いた分、聞き易くなってる。 クラブでかかったら盛り上がること請け合い。
で、この中の'Come To Me'という曲のボーカルにロバートが入ってます。一緒にツアーで回っていた時録音したのかな。 ボーカルレスの中、ぽつんと彼の声が響く曲が良いアクセントになっていてグッときます。 是非聞いてみて欲しいな。マイスペで視聴できると思います
[PR]
by overrising | 2011-05-09 12:01 | music : the cure | Trackback | Comments(2)