音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロンドンでバスツアーに参加しました。
そういえばNYでもワイナリーを回るツアーに参加したなぁ。
勿論日本でも行った事あります。

なんとなく海外に於いて日本人のイメージって「観光地でカメラ持って写真だけ撮ってせかせかはい次、って感じ」って言われてましたよね。まぁちょっと被害妄想入ってるかな、今時はもうちょっとゆったりしてる事を理解されてるんじゃないか、とも期待してますが。

しかしイギリスのバスツアーのせかせか具合はそんなもんじゃないです。
日本のバスツアーも時々「もうちょっとここでゆっくりできたらなぁ」と思う事がまるでないとは言いませんが、だいたいはそこそこの時間をとってくれてますよね。

でもでもでもでも今回は本当にびっくりしました。というのもそこそこ遠いところなのに、4カ所回るんですよ、一日で。ちょっとこれはキツイんじゃないの?と私自身も若干思ってたんですよね〜。

しかし本当にすさまじい忙しさでした。観光地なので並ぶ時間とかもあるのに大きなお城で1時間(バスに戻る時間等を考えると正味30分あるかないか)、全然土地勘のないところで自由行動(日本だと簡単な地図をくれたりするけどそれもナシ)、バスに戻る事を考えるとあんまりわけわかんない所に行けない(行ける時間もなかったけど)などなど、せっかくだからそこで何か食べたいのに食事はバスの中で不味いハンバーガー。

これ、3カ所にしてせめてお土産買う時間くらいとってくれてもいいのになぁ。。。

次回英国に行ったらまたちょっと遠出したところがあってそこもバスツアーいっぱい出てるけど考えてしまうわ。。。でも自力で行くの面倒だしなぁ。

でもツアーコンダクターのお兄さんが凄い責任感強いっていうか、いい人だったわ。ちょっとコックニー入ってて何言ってるかわかんなかったけど。
b0036733_14093481.jpg
でもね。バスの中からぼけ〜っとイギリスの田園風景を見る、っていうのも楽しみにしていたのね。ところが……

私の後ろに座っていたインド人一家(若夫婦+2歳前後の娘)が┐('д')┌
昼まではとても大人しい良い子だった女の子、夕方くらいからぐずりはじめた。
そりゃそうだよ、子どもが見て楽しい所じゃなかったもん。
その子が延々超音波金属音できーきー言いながら私の席をぼこぼこ蹴飛ばす。
母親(多分英語ができない、やりとりは全て父親がやってた)はそれをなだめる為にインドの子守唄<??>をず〜っと歌ってるのです。
せっかくこの風景なのになんだかなぁ〜。ちなみに私の前にはアメリカ人おっさん、横は某日本の近所の国の子連れ女性でこれまたけたたましく自己主張する人。

まぁ誰が近くに来るかなんてわかんない話だからしょうがないけどね。

NYはそんなせかせかしてなかったです。でもツアコンの差は激しいな。とにかく無事に全員を送り届けるため気を配るイギリス人と、あきらかに金、金、金、なNYの人(まぁNYってだいたい明らか過ぎるチップくれな態度)。やっぱりチップ制度って人をダメにする制度だと思うわ。最初からツアー代金に全て入れとけよ、って思います。西海岸だとそんな思わなかったし、東もNY以外は知らないのでもしかするとNYが特別なのかもしれないけど。

ということでやっぱり日本のバスツアーは最高でーす。夏休みははとバス乗ってみよーっと!

[PR]
by overrising | 2017-07-07 14:34 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
あくまで番外編〜

今回始めてアエロフロートを使いました。
で、で、当然モスクワ経由。
モスクワの空港に関してはいろいろ書きたい事もいっぱいあるのだけど、とりあえず今回はモスクワ空港の売店でも付録付女性誌を買ってみた!しかも2冊!(まるで読めないのに)
表紙の文字もわからないので付録もわからない(ひとつは表紙に小さなオリーブオイルの瓶がついてたのでそれはわかったけど、本誌にもなにか厚手の付録がついてるっぽい、それが何かわからない)。もう一冊(ロシア版Elle)に至っては若干のふくらみから「なにかある!」まではわかるもののそれが何かまるでわからない。

結果;一冊はオリーブオイル(1〜2回分?)と生理用品! なるほど確かに女性誌だからついてもおかしくない付録だけど日本だとないねぇ。
そしてElleの方はなんとシャネルのマスカラでした(もちろん小さいよ)。
b0036733_12372157.jpg
ちなみに旅行に行ったのはロンドンで、ここも期待して付録付雑誌を見ましたが収穫無し。サングラスとサンダルの付録が目につきましたが、サングラスは「あまりに安いサングラスはかえって目を悪くする」と目医者に言われていたのでとても買う気がおきず。サンダルも、まぁ付録ですし、絶対いらな〜い、というものでした。まだ日本でこれほど雑誌付録がついてない頃は、英国のファッション雑誌についてるバッグ類がとても新鮮でよく買ってました。当時は都内のCDショップとかで輸入雑誌が安く買えたこともあったんだよね〜。

こうなってくるとアラブとかそっちの方の付録雑誌も見てみたいものですね。

[PR]
by overrising | 2017-07-03 12:52 | 付録 | Trackback | Comments(0)