音古痴新 overrising.exblog.jp

音楽中心に


by overrising
プロフィールを見る
画像一覧

終活 〜何故私は転職を繰り返してしまったのか〜

ババァなもんでそろそろ備えるべく活動を開始しないとならないような季節。

まぁ本格的に物棄てたりするのは膨大な時間がかかりそうで、定年退職してからかなぁ、とも思うけど。

使いそうになくて、そこそこブランドだったりするものは売ってしまおうとは思ってます(あとは棄てるしかないのかな)。


私が大学を卒業したころは、まだなんとなく社会全体が「大丈夫、大丈夫、あっせんなよw」という感じでして、なかなか就職できなくても全然焦んなかったというか、まぁそのうちなんとかなる、のほほ~~ん、みたいな状態でした。

あとこれまたなんとなくそのうち結婚するとか思っていたのかも。

きちんと就職活動して就職しなかったせいもあったのか、結局転職人生を繰り返してしまったんですけど、忘れたくても忘れられない、あっと言う間に辞めた会社(実際は2ヶ月くらいいたけど)の話を書こうと思います。


1


とある会社に面接に行った。大きな会社で、「是非働いて下さいね」みたいな感じになって「え、こんな大きな会社で働けるの久々ラッキー!」と喜んで、指定された就業日に出社。

仕事は営業所でしてもらいます、と別な場所に移動。これから辞める女性から引き継ぎを受ける。

彼女は営業所の皆んなととても仲良しで仕事も楽しそう。あれ? なんで辞めちゃうの? 聞いてみると……

営業所は発送業務で彼女以外全員男性。トイレがないそう……。どうするの?? 昼休みと帰りに近くの商業施設に行ってするの。だから膀胱炎になっちゃってやめるの。

ぎえ~~~~。

それ、遅かれ早かれ私だってなりますよ。その時は確か暖かい時だったのでトイレもそれほど行かないで済んだけど、冬になったらそれじゃ済まないじゃん!

今になって考えるとその時本社に言えば良かった。でも彼女も辞める本当の理由は言わなかったみたい。あれでは女性はすぐ辞めるよね。私も本当の理由は言わずに適当に辞めてしまった…。良い会社だったし、みんなも良い人だったけど、「トイレ」の話は若い女の子はし辛いのだった(気付いて!という気持ちが通じなかったね)。


2


小さな会社。和気藹々でみんな仲良し。仕事はなかなか覚えられなかったけど人間関係良好で楽しかった。

ある日、出社するとみんながざわざわ。

え、どうしたの?

社長が夜逃げしたー!!!


その日のうちに会社はなくなってました。まぁ給料はもらえたけど(会社の残務整理で社員の給料は一番に補償されるのです)。


3


なかなか仕事が決まらなかった。焦ってなんだかよくわからない会社に就職。

営業事務なんだけど一体なんの会社かよくわからない。

それでも「この会社ならデニムで出社しても平気そう」、私はOL風スーツ着なくちゃみたいな会社はいやだったので、基本普段着でたらたら出社出来る会社で探してたんです。


入って数日、やっとわかったのはその会社、フィ◎ピンパブの経営w

営業事務はフィ◎ピン人ダンサーの入国や期間延長申請等、入管やら大使館やらで手続きする事。

大使館とは言え窓口でのやりとりだけなので周囲見てもわざわざおしゃれして来る人なんて皆無。それなのに「うちの会社がだらしなく見えるからちゃんとした格好で来い」と言われ、靴が革のパンプスじゃないだの、何故かめちゃくちゃ服装に厳しくてこれまたすぐ辞めました。

ってか大使館ったって窓口でやりとりするだけだから来る人もみんないい加減な服装だし、こんな所でピシっとスーツ着てるあんた(上司)が逆に危ない人にしか見えないよ(もしかしたら本当に危ない人だったのかも)というね。

ここも2ヶ月で辞めたなぁ。


他にも突然会社たたまれたり(そして全く同じ業務をする会社を再度つくって、以前より安い給料で社員を再雇用しようとしていた)、別の会社にのっとられたり、まぁいろいろありました。要するにろくな会社にいなかったという事なんですが。


最後にやっと今の会社、本当にようやくここに辿り着いたって感じです。神様ありがとうです、本当に。勿論定年までいますよ、しがみついても。


生まれ変わったら今度は就職活動はちゃんとやらないとな~って思います。生まれ変わらないかな~~~。


[PR]
トラックバックURL : https://overrising.exblog.jp/tb/28331104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by suiker at 2018-05-26 11:18 x
日本だと新卒で就職してそこに定年までいるのが基本路線だから、そこから外れちゃうとキツいですよね。
私も生まれ変わって、もっと仕事の出来る人間になりたいです…。
Commented by のんちゃん at 2018-05-28 16:41 x
私は進むべき道を10代にして誤ってしまい、後に大変な後悔と苦労をする羽目になりました。
道を選択するときに、こんなに運命を左右するなど予想だにせず。
Commented by overrising at 2018-05-29 08:56
> suikerさん
私は逆にもっと楽しみたかったかな。多分他人は「十分楽しんでるでしょ」って言うだろうけど、実は凄く心配性であれこれ考え過ぎていた。過去に戻ったら「大丈夫、思った通りにやって多少外れても結果大差ないよ、それならやっちゃいなよ」って言いたいです。
Commented by overrising at 2018-05-29 09:01
> のんちゃんさん
逆に心配ばかりして思い切った事ができなかった私は半分羨ましいです。なにがあったかわからないけど、その行動がこれから糧となって良い方向に向かいます様。まだ若いので今頑張ればきっとまた良い方向に向かって行ける、是非そう信じて下さい。辛くなったら近くの動物園がお勧めです(あ、それは自分かなw)。
by overrising | 2018-05-25 12:18 | 戯言 | Trackback | Comments(4)